秋葉原

20060228162711
テープや備品を揃えるために秋葉原に来ました。
スポンサーサイト

石井画伯のデイリーコミック

フラッシュゲットでやっと見られるようになりました。
最高にやばい絵日記発見。
http://www.mieishii.com/index_top.html
マックを使っている人はフラッシュの最新版をダウンロードしないと見ることができない場合があります。フラッシュもページの下のところからダウンロードできます。
過去のページ全部見たいなー。

バッファローミート


いろいろと考えた結果、やはりマカハに行くことをになりました。今回はバッファローミートも30回目の記念大会であり、リアルハワイアンサーフカルチャー、世界で一番歴史のあるロングボードコンテストの一つであることなども考慮して全てのコンテストとウエストサイドライフをドキュメンタリーしてきたいと思います。お楽しみに。
あまり知られてはいませんがウエストサイドは世界で一番進んだサーフカルチャーを持った場所なのです。そんな訳で今日はチケットの手配等してきます。

石井画伯とサーフ

20060227135706
楽しくセッション終了。風は北東、強めです。
ミーイシイ氏の日記もチェックしてみてください。
リンクはってあります。

北東の風、誰もいません

20060227104208
今からサーフしてきます

久々にテレビをちら見でブロガーライフ



今日の東京は冷たい雨。
家のカウチに寝っ転がってテレビを見たり、ネットサーフィンしながらまったりと過ごしています。
明日は久々にサーフする予定。まだ乗っていないサーフボードもあるので波があることを期待しつつ、今日は引き続きまったりすごします。

写真はサイボーグの会議中の模様????。
後ろ姿が編集長西岡氏、池田、そしてクリスチャン。酒瓶とビールが机の上に見えるのは気のせいです。

スムースンカジュアルブログのリンク更新しました

新しいリンク追加しました。
プロサーファーでありグラフィックデザイナーの天野杉プロのブログです。http://www.punkysurfgig.com/sugibbs.html
元ショートボードサーキットでもトップ16選手として活躍、その後ロングボードサーキットではなんと93年から去年までトップ16に入り続けた超リスペクトできる本物のサーファーです。
現在のプロロングボードサーキットのメンバーのなかでナンバーワンのフィッシュ乗りということはあまり知られていません。
そのうちチャンスを作ってビデオを撮ってサーフィンの模様を発表するのでお楽しみに。

ホームページのアドレスはhttp://www.punkysurfgig.com/

空飛ぶ歯科医


みなとまち歯科の中川先生久々のブログ登場。小さなギャップでオールドスクールなエアを見せてくれました。飛べる40歳格好いい。

フリースキーヤー


フリースキーヤーの池田レイさん。いまのところオリジナルスタイルを貫いています。良く見ると軽く飛んでいます。

晴天の土曜日は山へ


金曜日にブースの撤収をして帰宅後爆睡。トレードショーで3日間喋りっぱなしはかなり疲れます。皆様お疲れさま。
土曜日は近場に子供と友達ファミリーと一緒にスノーボードに行きました。晴天の気持ちいい土曜日でした。そしてスキー場を早めに切り上げ、イチゴ狩り、ガラス工房でのトンボ玉作りなど子供達と遊んですごしました。

タカヤマ先生のセミナー


インタースタイルの開場ではいろいろなセミナーなども行われました。写真はドナルド・タカヤマ教授によるサーフボードのデザイン講習会。生徒の尾頭プロ、お話の内容はいかがでしょうか???

新ブランド


西井プロが手がけるニューブランドのプラセボ。モールドボードです。
ちなみに池田潤と西井プロも同学年です。
西井プロはロストのフォーム、score、カーボン中空、そしてプラセボのモールドと全てのテクノロジーのボードの販売を手がける、サーフボードに関して柔軟な考え方を持ったサーファーです。
サーフボードは素材は波にあわせて変えたりするのが良いようです。

何時の時代もサーフボードにおいて一番重要なのはデザインであることを実感する今日この頃です。

みんなでスケートボード


本来スケートボードは子供の遊びですが、開場まえの朝の時間帯は業界関係者の大人の朝のエクササイズセッションが繰り広げられていました。自分も楽しく滑らせていただきました。

もちろん昼間の時間帯は多くのスケーターが訪れて一日中、セッションが繰り広げられていました。スケートボードは子供の遊びなので、学校をさぼっていた子供達も多くいたのが最近の面白い傾向です。将来のショーン・ホワイトがここから生まれることを期待しつつも、子供達の将来をちょっと心配に思う事もあります。stay in school.子供のうちは学校に行くことも大切です。
スケーターの保護者の皆さんは子供達が様々な職業を自由に選択できるように、いろいろな事を学ばせてあげる事も大切です。文武両道と同じで文スケ両道で行きましょう。

サーフスケーターズ


毎夏の人気イベント「サーフスケーターズ」のブースも初登場。インセインの個性的なサーフボードが展示されていました。
インセインは日本が誇るサーフスケーターでありオリジナルエアリアルサーフスケーターのカツマタプロがシェーパーもつとめるブランドです。
すべてがオリジナルなのが格好いいです。



インタースタイルの続編



今回のインタースタイルではサーフメディアのブログ部???としての取材もしました。
池田潤お奨めのブースを紹介。

サングラスカンパニーのfabのブースでファンサービス中のクリスチャン・フレッチャー。初代エアーショーグランドチャンプでエアリアルサーフィンのゴッドファーザー。
今でもバリバリやばいサーフィンを見せてくれます。
スケートランプでサーフィンスタイルをサーフィンでスケートボードスタイルをがクリスチャンの最近のコンセプトらしいです。さすが新ムーブのイノベーター。凡人には全く理解不明のコメントが素敵です。

スノーボードサタデー

20060225154504
インタースタイルの疲れをひきずりつつ、晴天の山に来ています。

クリスチャン・フレッチャー

20060224192411

ハードコアなイメージのクリスチャンにしては穏やかな表情の写真です。
会場ではオールドスクールのスケートボードでオリジナルスケートムーブを披露してくれました。
サーフィン界ののほとんどのエアムーブはクリスチャンが完成させた元祖エアリアルボーイです。

セレブも来場

20060224180916

会場には超セレブリティーも姿を見せました。
ちなみに今回の写真掲載了はエージェントに承済みです。
コメントは
「哲、元気?」とのこと。

予想では夕日を見ながらジャクジーでビールの時間かな????

冗談はさておきたぶん哲君はマウイで密練中かな。

詳しい哲君の今はブログをチェックしてみてください。
リンク張ってあります。

ブロガーサーファー

20060224132106
トゥインでジョーズのビックウエーブに乗るリアルサーファーの中里ヒサオプロとドノバンの写真等で世界的に有名な写真家のNAKI氏。多分三人は同じ年。

今日がインタースタイル最終日

さて本日がインタースタイル最終日。
今回のショーは来場者も多く非常によい雰囲気のショーであることを実感しています。
さて今日でインタースタイルも終了です。
業界関係者の皆さん頑張っていきましょう。
まだ会場に来ていない皆さんパシフィコに急げ。
会場にはクリスチャン・フレッチャーを筆頭に有名プロサーファーがプロモーションで来場しています。
今日は昼ぐらいからブースにいますのでお立ち寄りください。
ブース名はサーフメディアです。
それでは

今日もインタースタイル

20060223174902
今日もインタースタイル開催中。今日のゲストブロは太東の河野プロ。

昨日よりインタースタイル

昨日より横浜パシフィコに於きましてアクションスポーツの展示会インタースタイルが開催中です。会場には多くの業界関係者で盛り上がっています。
今回はクリスチャン・フレッチャーも来日中。会場に行けば会えます。
金曜日は一般の人も入場可能なので興味のある方は是非会場に行ってみると最新のサーフィン関連の商品を手にとって見ることもできます。
デジカメでいっぱい写真撮ったのですがカメラをブースに置いてきてしまったので写真は後ほどアップします。それではこれから会場に行ってきます。

インタースタイル

20060222152106
インタースタイル開催中。スリータイム世界チャンプのコリン・マックフィリップス登場。

石井画伯のチョーク画

20060221201217

夕方石井画伯のところに立ち寄り、展示会でブースに飾る絵をピックアップ。
ブレイクタイムに石井君の新しいスケートボードを組みました。
組み上がったスケートボードの感想を道路に書いてくれました。

これからパシフィコへ

明日からの展示会に向けてこれから横浜に行ってきます。
昨日は埼玉県蕨のビデオスタジオ経由横浜、その後恵比寿でミーティングとものすごい移動距離の一日でした。
これから原宿、神田経由で横浜です。今日から展示会期間も忙しい日々が続きそう。

サーフィン業界の皆様、dvd撮影、制作、スムースンカジュアルシリーズのスポンサー等、よろしくご検討ください。インタースタイルではサーフメディアのブースに居ます。

新しく友達のタイロンのページにリンク貼りました。
かなり面白いブログです。特にフィシュ好きの人は要チェック。
http://tyron.blog53.fc2.com/page-3.html

ビデオ完成


写真は土曜日にお世話になった戸田プロと池田レイ。
多分また来週末も山に行く予定です。お友達の皆さん、一緒に行きましょう。連絡ください。

さて昨日と今日で、やっとオンザボード3月号付録のニューカレドニアのdvdやっと完成しました。今まで、ずっとモニターを見ていたので、ちょっと目が痛いです。これからビデオスタジオに行って映像のチェックとオーサリングなどをやってきます。
夜は横浜で送別会に出席予定。
明日はインタースタイルの搬入。
明後日からはインタースタイルです。
ちなみに池田潤はサーフメディアのブースにいます。
このブログの宣伝とスムースンカジュアルdvdのスポンサー募集をする予定です。
皆さんよろしくお願いいたします。
それでは皆さん横浜で。

スノーボードとスキー

昨日は久々にスノーボードとスキーをしたので身体が軽く筋肉痛。
年に数回しか行く機会は無いが山の楽しさを再認識。

昨日はスノーボードの道具の進化に感動したり、最新カービングスキーのカービング性能に驚かされました。

スノーボードを初めてやったのは湾岸戦争の年のアメリカ。当時居候させてもらっていた、サンディエゴ在住のハワイアンサーファー達に、ビックベアーマウンテンに連れて行ってもらったのがスノーボード最初でした。
実はその数年前に日本でも流行だしていたのですが、当時スケートボードで腕を骨折してしまい復帰まで2年ぐらいかかったのでその間はスキーをちょっとやる程度で、スノーボードの最初のブームには、ちょっと乗り遅れていたのでした。その後骨折も直りサーフィンにも復帰。初めてアメリカ本土にサーフィンの見聞を広めに行ったときに出会った遊びが当時流行しはじめていたスノーボードでした。当時はソレルの雪靴とダクトテープなどを使い、なるべく踵が浮かないように工夫をしたものでした。初日、2日目まではとにかく苦労したのを覚えています。でも2日目の途中から普通には滑れるようにはなりましたが、現在に至るまでほとんど上達はしていません。最近は小さなゲレンデばかりで滑っているのでスピードを出すと身体よりも目の方が全く付いて行きません。スピードを出すに従って視界が狭くなることを実感しております。ちょっと練習と慣れが必要な感じです。
そのうち、機会を作って大きな山でじっくりとスノーボードやスキーで自由自在に滑れるようになるまでカービングターンの練習をしていきたいと思います。
ロングボードでノーズライディングするのも楽しいですが、たまにはもっとスピードの出る遊びをするともトレーニングにつながることは間違いないようです。
来週も時間を作って山に行こうと思います。

スノーボードと富士川のプライド戸田先輩

20060218181809
さて本日は河口湖の近くのフジテスノーリゾートhttp://www.fujiten.net/pc/に行って来ました。
フジテンは都心からわずか90分でいける、もっともコスモポリタンなスキーリゾートです。子供向けのゲレンデが充実しているため、小さな子供のいるファミリーが気軽に行ける人気のスキー場です。今日は小学生以下リフト無料のファミリーディの為、家族連れを中心にバブル期のスキー場並の盛り上がりをみせていました。

写真はjpsaのショートボードサーキット、初期のロングボードサーキットでも活躍されたプロサーファーで富士川のプライドの戸田プロです。滑っているのはうちの息子のレイです。ちなみに全景のコースは戸田プロ設計施工によるチューブで滑り降りるバンクスラロームコースです。なんと戸田プロは冬はスノーパークビルダーとしてもマルチに活躍しているのです。

今日はお仕事中の忙しい中、休憩中にカービングターンの極意をちょっとだけご伝授していただきました.戸田先輩本当にどうもありがとうございました.

そんな訳で今日は息子とともにスノーボード、スキーの楽しい週末を過ごしてきました。

皆さんも、チャンスが作って是非、フジテンリゾートに行ってみてはいかがでしょうか。
東京からなら千葉にサーフィンに行くよりも気軽に行ける事を実感しました。
波の無い今週末お勧めのアクティビティです。

予定どおりスキー

20060218125413
気分はオリンピックゲーム。

素晴らしい写真



伊良湖一番様より素晴らしい写真のお届けものをいただきました。
昨年の伊良湖ロングボードクラシックのエキジビションの模様です。
オフィシャルカメラマンの北村さんが撮ってくれました。
どうもありがとうございます。
北村さんの写真は伊良湖一番さんのページからリンクが貼ってありますのでチェックしてみてください。

写真はスタンドアップサーフィン。
立ったままパドルアウトして、パドルで波をつかみテイクオフします。
その後は12フィートのボードをいかにコントロールするかが一番難しいところです。
全身のトレーニングに最適なのでビックウエーブライダー達の定番トレーニングです。
是非お試しあれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。