a.s.pのメンバー登録最終日

20070131152622
本日、a.s.pのメンバーシップ更新の最終日であるため、鵠沼のa.s.pジャパンのオフィスでメンバーシップの更新をしてきました。
ちなみにjpsaのメンバーシップの更新期限が2月末日なので皆さんお忘れ無く。

今日は朝からスタンドアップサーフィンでトレーニング。
チャボのノーズライダーに乗らせてもらったり、晃とボードを取り替えたり、深い話も交えながらセッションしてきました。

現在スタンドアップでのノーパドルテイクオフの練習中。普通のサーフィンの刺し乗り?みたいな感じでテイクオフできないか可能性を探っております。

波は腿ぐらいで途中から南東に回りましたが十分に楽しくサーフィンできました。
5ミリ3ミリのウエットスーツでノーブーツでも暑いぐらいの気温。
サーフィン途中に休憩を入れて水分補給が必要なほど暑かったのには驚きです。
明日から2月というのにどうなっているのでしょうか???

いきなり今年のサーフボードのトレンド予想をしてみます。
スタンドアップ流行の兆し。ボード、パドルともに在庫すれば間違い無く売れます。
そしてクラシックボードの復活。特にスピードが出る日本向けのノーズライダーの需要が上がりそう。サイドフィン付きやスラスターのロングボードの売れ行きはダウン傾向の予感。

フィッシュもまだまだブームは続行。ドライブの効くタイプの4フィンやもっとスピードが出て、なおかつ曲がりやすいタイプが人気。
ショートボードは市場全体の熟成とともに中年向けのボードデザインが進化。少しワイドで厚めで早いボードに注目。

材質も色々な物が出現。
アビソ、サーフテック、その他のモールド、esp、中空、レールだけ密度が違うフォームなど新素材ボードにも、市場は抵抗感が無くなってきている模様。
チョイスはユーザーに委ねられているといった印象か?

販売経路も時代とともに変化。
海外ブランドに資本参加して、アメリカ国内、アメリカ国内やハワイのショップ経営、インターネット直販、輸入卸、国内直販とすべてのマーケットを押さえるのか21世紀のサーフボードビジネスのスタイルのよう。
そうすれば並行輸入やグレーマーケットも排除できるので、ナショナルブランドのディストリビューションをするにはこれ以外に方法はないもよう。

この市場で生き残る為には、大がかりに行くか、もしくはカスタムメイドの少数生産のどちらかの方法しかなさそう。




さて2007年どのようになるのか楽しみです。

ちなみにこれは、あくまでも個人的な見解なので会議等で引用しないように願います。

この予想を見て、本気でコンサルタントとして興味がある方は管理者までメールでお願いします。

以上


スポンサーサイト

スタンドアップボードの補足説明

前の記事、スタンドアップボードの補足説明

クリス・クリステンソンがチャリティーオークションに出したスタンドアップで沖まで行ってアンカーで固定してフィシュサーフボードでサーフすると言うコンセプトボードです。

岬の先端などのシークレットポイントまでパドルしてサーフするのには結構使えるかもしれませんね。

展示会で発見?変なスタンドアップサーフボード



カリフォルニアのサンディエゴで行われた展示会で展示されていたスタンドアップ用のサーフボードらしいのですが、詳細は不明。

多分、ビーチからエントリーできないサーフスポットへ行くためのスタンドアップボードにアンカー、そしてそこでフィッシュに乗り換えるコンセプトのよう。
今回の展示会ではスタンドアップボード多数展示されていたもよう。
今年の夏は日本でも結構流行の兆しあり。
みんな今から練習しましょう。

p.s.みんな甘く見ているでしょうが、スタンドアップサーフィン、結構、奥が深いです。
ちゃんと好きな波に自由に乗れるようになるまでに最低1シーズンはかかるでしょう。
ただし、体重の軽い子供や女性は比較的簡単にできるようになります。
頭も体も硬い中年には結構難儀な乗り物です。

ノーズライディング至上主義




まだまだコアなロングボーダーの間ではカリフォルニアデザインのノーズライダーは人気があるようですね。
最近、ちょっとひらめいた事なんだけれども、ノーズライダーのサーフボードばかり取り扱う専門店を始めたらどうかな???と思っています。
やっぱりノーズライディングするには一番良いボードが必要だと思う人が多いみたいだし、c.j.モデル、タイラーのノーズライダー、ケビンのヌーサ2、ジョエル・デビット・ヌヒア、タカヤマノーズライダーからインザピンクまでそろっていれば、買う立場から考えるとバリエーションも豊富で選びやすいのではないでしょうか?売り場展開としても面白そうなので誰か是非やってください。
ノーズライディングのブームを作るのなら、誰かノーズライディングコンテストをオーガナイズしたり、日本のノーズライダーとかもライフスタイル入れて、ばんばんフューチャーしていくと上手くいきそうです。

anyway


数ヶ月前に最近注目のロングボーダーのc.j・ネルソンはやばいよと友達に言ったら、全く興味をしめしてもらえませんでした。
しかし、雑誌とシグネチャーdvdに登場したとたんに、C.Jも日本で一躍人気サーファーになったようです。
結構昔から何度も日本にも来日していた苦労人サーファーが、ここ数ヶ月の間に、急激にフューチャーされて人気が出る現象、なんだかとても不思議です。
やっぱりdvdの力は大きい事を実感している今日このごろです。

写真は先週のカリフォルニアの映像から、昔からの友達タイラーとc.j.です。

噂の鵠沼13フィートバートランプ



本日2日目のバートランプ体験。
次はリップでグラインダーしたいと思います。
まだリップのちょっと下まで行くと腰が引けます。
今日はニーパッドを使った、ニースライドを20年ぶりに練習。
少しずつ練習していきたいと思います。
ローマは一日にして成らず。練習あるのみ。

ちなみにこの運動、下半身強化に最適です。

今日のビーチの様子2



今日はセットでハラぐらいの波も入ってくる、最近では珍しい良いコンディションでした。
写真はビーチカルチャーのアサカ君。さすがに上手いです。
ちょっと足が伸び気味のトム・カレンといった感じ。

自分もロケットフィッシュでサーフし、結構楽しめました。
その後はいつものルーティーンでスケートボードパークに行ってきました。

今日のビーチの様子1



吉田ユタカプロ発見。日曜日のビーチでノーズライドして横に走っている人は、あまりいないのでプロサーファーが入っているとすぐにラインで判ります。

サーフィン版雨後のたけのこ



昨日、一昨日と軽く吹いた南よりの風の影響で今日の湘南某所は少し波が残りました。
来週から2月だというのに驚くべき人出のビーチの様子です。

暖冬の影響なのか、それともブームなのか?

それでもすごい人ですね。


昨日は最後まで忙しい一日

昨日は朝から湘南へ。オンショアになる前に鵠沼で沖津プロとショートセッション。
サーフ後はビーチカルチャーにて今後の展開をミーティング。
その後、マリン企画にて、次号オンザボードの付録用dvdの打ち合わせ。
その後、神田のミー・石井氏の事務所でパッケージの最終デザインをピックアップしてから会食。その後、昨夜は遅くまでミーティングして帰宅。

下の写真はパッケージの最終、プリントアウトと石井氏とDJツヨシ氏。
なんと石井氏とツヨシ氏はスケートボードをやってた高校生の頃からの知り合いとのこと。
世間は狭いですね。

石井事務所

20070126192432
詳しくは後ほどアップします。

スムースンカジュアル新作の映像はほぼ完成



スムースンカジュアルの新作の映像はほぼ完成。
これから、音楽、字幕等をいれて、もしかするとナレーションが入るかも。
あとは、タイトル周りとエンドロールを作れば完成です。
その後、パッケージデザインを経て、オーサリング、メニュー製作、データ書き出し、スタンパー製作、コピー、パッケージングで商品完成となります。
そのあとも、まだまだマーケティング、宣伝、販売と作業はつづくで、ここから発売日までは予定を立てて作業進めて、行かないと発売までたどり着くことはできません。



ここまで作業は進んでいるのですが今日は予想外の大事件発生。
本日プレビューが急遽中止に。予定通り物事が行かずに一歩後退の感。
まで正式な決定は下されていませんが、版元が今回のプロジェクトから撤退の危機です。
新作の3月末発売に現在、黄色信号点滅中です。さてどうなる仮題「スムースンカジュアル・ロングボードアンソロジー」とスムースンカジュアル・ロングボードファインカット」
来週に入ったら正式な発売日、発売元等決定すると思います。
決定次第ブログ上で発表します。

実は今回の作品、大手メジャーレーベルからの発売予定でした。
もしも、運悪く製作中止の決定が出たら、自社エイティワンプロダクションからリリースするとなる予定です。
そうなると最後の音楽入れ以降の製作費用が必要となります。
れは試練なのか?それともチャンスなのか?
はたしてどうなるか???







天才スイッチフッター



無事一行はサンタクルーズに到着した模様。
崖を降りようとしているc.jと彼のシグネチャーモデル。

ここはc.j.・ネスソンのホームスポットのプレジャーポイント。
このライトハンダーのポイントブレイクでc.jの驚くべくスイッチノーズライドは完成されました。

ちなみにボードのノーズは約19、センター約は24弱,テールも約16インチとワイズがあるのが彼のボードの特徴です。わかるかな?????

team hubs works




ゴールデンゲイトブリッジの橋の下に有名なフォートポイントと呼ばれるサーフスポットがあります。極冷水とシャーキーなのがちょっと問題ですが波は良いです。

ハブスワークスのデザインも手がけるマルチタレントなサーファーのミッチ・アブシャー。

写真提供 ハブス・カリフォルニア

この日は波に恵まれず、サンタクルーズに南下をするそうです。
このあとの展開は、さてどうなるのか???

明日の朝はいよいよ、新作の映像チェック

去年から数ヶ月間にわたり、作業を続けている新作dvdもいよいよ、作業は大詰め。
明日は午前中より映像の最終チェック。
あとは細かい修正とテロップ入れ等の作業を残すのみ。
過去10年間の映像の総集編で1本約80分。
オープニングとボーナス等除いてもたっぷり1時間作品を2作、合計120分の映像を綺麗に面白くつなぐのには、相当な時間がかかります。

そんな訳であと数日間はこのまま作業続行。

普段ならカリフォルニアだの、ハワイだの、ニューカレドニアだの、インドネシアだの、メキシコだの撮影に行っている時期ですがこの冬は、今まで以上に映像の編集に集中しています。

3月まではこのペースでどんどん編集作業進めて行く予定です。
たまにはこんな事で作業しないと、映像は眠っていってしまうのです。

今作っている作品は3月末の発売予定です。
内容は今までのベストと自負しております。
お楽しみに。

p.s.最近ブログネタがいまいち乏しいですが、コラム等もどんどんあげて行くのでお楽しみ。
もうすぐカリフォルニアからトレードショーの情報も届く予定です。

春が来たらロードトリップ物のムービー撮りたいなどと思いつつ編集作業している今日この頃です。
キャンピングカーで全国まわりながら各地の友達や波、スケートパークなどの映像撮ったら面白いと思いませんか?良いライダー連れて、いろんな種類の板もって、カメラとビデオ回すだけですが・・・。

どこかのit社長か石油王が、ポケットマネーでお金出してくれればすぐにでも準備に取り掛かりたいと思います。よろしくお願いします。

新しくリンクに鵠沼のサーフィン情報のhttp://www.kugenuma.net/を加えました。
よろしくお願いします。

サーフ8

20070123182354

こちらの商品は駐車場や砂浜などで着替えをするときに使うネオプレーン製のマットです。
汚れたら水洗いも可能。着替える時に足先が冷たい冬に最適なアイディア商品。
ところで誰か関係者の方、サーフ8のホームページのアドレス教えてください。
わかり次第リンクにアップしますよ。
よろしく。

訂正
リンク先わかりました。
http://www.surf8.jp/チェックしてみてください。
ジョンさん情報提供どうもありがとうございました。

サーフ8

20070123181901

ブーツやインナーやウエットバックなどのアクセサリーのスポンサーでいつもお世話になっているサーフ8の人気商品をご紹介します。

これは意外な人気商品。女性に大人気のサーフィン用のグローブ。
ちなみに防寒用では無く日焼け防止が主な使い道。

この商品、ちょっとスタンドアップサーフィンで使えそうなので試してみます。

この商品、晴れた日に仕事をサボってのサーフィンするサラリーマンの必需品でしょう。

ミッチ・アブシャーのシグネチャーモデル



ミッチが新しいミッチ・アブシャーシグネチャーフィンをセットアップ中。
それを見ているのは、ノア・シマブクロ。

ミッチのボードにハブスのロゴとともにgfhのロゴが見えます。
ちなみに
ミッチはハブス・ワークスのデザインもしています。

そして新しくスケートカンパニーのgfhからもミッチモデルのスケートボードがリリースされるそうです。


エルニーニョの異常気象により何十年かぶりにサザンカリフォルニアにも積雪があったこの冬。サンフランシスコの海水温は多分日本の東北、北海道並のはず。
さてどんな波に出会うことができるのか??? 楽しみです。
今回は地元出身のc.jがいるのでシークレットばっちり撮影してくれるはず。


写真提供 ハブス・カリフォルニア


サンフランシスコに集結中のロングボーダー???



現在、サンフランシスコ周辺で撮影中の3人の個性派サーファー。
c.j・ネルソン、ミッチ・アブシャー、タイラー・ハジーキャンの3人。
c.jは昨年のノーズライディングの世界チャンプ。ミッチとc.jは子供の頃のパスコゥッツサーフキャンプからのバディ。最近またつるみだしたよう。
タイラーはいわずとしれたサウスベイが誇る、マスターサーファーシェーパー。
この3人プラス、ノア・シマブクロでセントラルカリフォルニアからノーザンカリフォルニアの冷たい水の中撮影開始とのこと。
撮影はトッド・サンダースが担当。この模様は次号オンザボードに掲載予定。

写真提供はハブス・カリフォルニア

サンフランシスコからのニュース



現在、サンフランシスコで撮影を行っている、ハブスのチームメイトのミッチ・アブシャーから写真がとどきました。

ゴールデンゲートブリッジをバックにミッチとタイラーが手にしているのはミー・石井氏のカレーパンダのカレンダーではないですか。凄い。

撮影協力 ハブス・カリフォルニア

クリックすると写真拡大します。

スムースンカジュアルコラム1





自由

ビーチでのライフスタイルの良い点は基本的に自由なことろである。

自由な空間において、人々は普段の生活から解き放たれ精神的にリフレッシュされ、新しいインスピレーションを生み出すことができるようになる。

それが多くの人々をビーチに引きつける魅力の一つである。

そしてビーチに来た人々の感性豊かな人がサーフィンを始め、波を滑り、立ち上がる。

そしてサーファーの一員となるのである。

ロングボード進化型



ロングボードの進化型

ロングボードは1960年代の中盤に黄金期をむかえ67年を境にしてショートボードレボリューションが始まる。その後80年代にロングボードがリバイバルして復活をするまでロングボードの進化は止まってしまった。しかし80年代に入り本格的にロングボードがリバイバルすると軽いブランクスや様々なロッカーのブランクスなども製作されるようになりロングボードサーフィンは様々な方向に進化を遂げた。ある者は波の上を飛び、ある者は波の上で回り、ある者はショートボードのマニューバーとノーズライディングを融合させた。これらのムーブメントによりロングボードより一般的なスポーツとして認知され世界中で楽しまれるようになった。

世界中のロングボーダーの中には、メインストリームとはちょっと趣が違う、非常に個性的なグループが存在する。彼はクラシックスタイルを愛し、シングルフィンの重いサーフボードに乗り、自分達だけが描くことができるラインを、波というキャンバスにトレースするのである。それはただの懐古趣味では無く全く新しいスタイルと呼ぶにふさわしいもので、クラシックなロングボードのアートフォームである。例えばノーズライディング中に波の上でアップアンドダウンするマニューバーやスイッチでのハングテン、60年代では考えられないほど長時間カールに長くとどまるハングテンなどは新しいロングボードのマニューバーである。
ロングボードのクラシックなスタイルは現在でも日々進化しているのである。そしてこれからもクラシックスタイルのロングボードの進化は止まらないはずである。

Do you know what I mean?????

現在発売中のスムースンカジュアルタイトル

スムースンカジュアルのカバーのご紹介。













現在発売中のスムースンカジュアルのdvdタイトルです。
スムースンカジュアルシリーズは全タイトル11作品あります。

初期の作品は残念ながらdvd化されておりません。
その他dvd欠品中の作品もあります。

現在、すべての作品の映像を使い、総集編を制作中です。
過去10年間のロングボードシーンが沢山詰まった濃い映像です。

発売は3月末を予定しております。
お楽しみに。

ビーチボーイスタイルサーフィン




原稿書きの途中ですが、軽くスタンドアップサーフィンの歴史背景を少々紹介します。




スタンドアップサーフィン、パドルサーフィン、ビーチボーイスタイル、hoe hee nalu,
そして日本ではパドボと呼ばれる、サーフィンスタイルとは???

オーバーサイズのロングボードにパラレルスタイルで立ち、アウトリガーカヌー用のシングルブレイドのカヌーパドルを使いパドルして波をつかむサーフィン。
スタンドアップサーフィンは元々はワイキキで観光客むけにサーフィンレッスンやカヌーライドなどのサービスを提供してくれるビーチボーイ達が、レッスンの模様を写真に撮る時や沖のチャンネルからレッスンの指示をするときなどにワイキキのレンタル用の12フィートのボードにカヌーで使う長めのパドルを使って沖にでていたのがオリジナルである。
新しいサーフィンのカテゴリーだと思っている人も多いのだが実は30年以上に渡り、ハワイでは親しまれれているサーフィンのスタイルなのです。

これは新しいけれども、クラシックなサーフィンスタイルなのです。

最近はスタイロフォームにエポキシラミネートの巨大ボードにカーボンファイバーのパドルを使って、巨大な波の下でパドルを利用してレイバックスナップを決めたりするところを見るとスタンドアップサーフィンがここ数年の間にどれだけ早い速度で進化を遂げているのかがわかります。

スタンドアップサーフィンにはいくつかの素晴らしい点があります。
まずカヌーパドラー、サーファー、ウィンドサーファーなどが、競技の枠を超えて一緒にセッションできる点。そして最も重要な点はこのサーフィンがすべてのスポーツのトレーニングに最適なトレーニングとなる可能性を秘めている事です。
インナーマッスルの強化、バランス感覚の向上、持久力の向上などが期待できます。
一度やってみればこの意味はわかるはずです。

ビックウェーバーのレアード・ハミルトンが飽きもせず10年以上このスポーツにチャレンジし続けていることがこのサーフィンの奥の深さを裏付けているといっても良いでしょう。

波が無いことや混雑した海にうんざりしている人に特にお勧めします。

簡単ではありますがこれがスタンドアップサーフィンです。

やばいぞ最近のミー・石井

http://sweetee.sakura.ne.jp/mieishii/blog/

やばいぞ、最近スーパー仕事モード全開のミー石井画伯。
毎日、笑いがとまりません。

よく見るとキャラクターが誰かに似ています。さて誰でしょう???

原稿書き、サーフ、原稿書きの日々

20070118180531

今朝の朝は昨夜の雨が少しのこり、曇っていたので朝から原稿書き。

昼休みにサーフィンを1ラウンド。
波は鵠沼で膝ぐらい。

帰宅後原稿書き再開。

仕事があることに感謝しつつ仕事しています。

でも波がいまいちだと、サーフィンしてもあんまりリフレッシュされないので元気がでません。

添付写真も元気ない感じですね。

原稿、編集、移動な日々



本日も引き続きビデオ仕事メインで活動。
ビデオ仕事の合間に軽く原稿も書きつつ、ビデオスタジオ、dvd会社などへも行ってミーティングもこなした今日一日。

明日は波はどうでしょうか???

波でたら午前中はサーフィンしようと思います。
さてどうなるか。

作業は続く

20070116180241
現在スタジオにて編集作業中

川口スケートパーク

20070116175818
スケートパークにて小波シリーズのビデオプロデューサーの梅村君と偶然の再会。サーフィンを始めたころからの古い友人です。今日はBOWLのライン取りを教えてもらいました。梅村君どうもありがとうございました。

川口スケートPARK

20070116172439
川口のビデオスタジオに行く前に、軽くスケートパークで運動。初めてのコンクリートBOWLはライン取りが難しすぎて思うように滑ることができませんでした。残念。また来ます。

この冬は東京にスタック



例年ならa.s.r.の展示会に行き、その後はマカハ詣で過ごす冬のシーズンですが今年はどこにも行かずにビデオの編集作業に追われております。

スムースンカジュアルの総集編を2本、田原プロ、オンザボードdvd、そしてスムースンカジュアルの新作と4本の作品を4月までに仕上げる予定です。



映像は昨年のバッファローミートのタンデムです。
何年かぶりに今年は不参加です。
マカハに行く皆さん楽しんできてください。

そんな訳でありまして本日はビデオスタジオへ行ってきます。