スタンドアップパドルサーフィンのインストラクションビデオバイC4・その2

C4ビデオ パート2
これであなたも免許皆伝
スポンサーサイト

スタンドアップパドルサーフィンのインストラクションビデオバイC4

C4 ビデオ パート1

ショートレンジでのカットバックやスラッシュバック


ショートレンジのカットバックやスラッシュバックではパドルはこのような位置でドラッグさせて使います。漕ぎをいれてそのままパドルを水の中に残すイメージでショートレンジのターンをします。
本日のスタンドアップパドルのパドルの使いかた3種ご理解いただけましたか?

4月よりC4ブランドの営業で全国のいろいろな所におじゃますると思いますので、スクール等ご希望ありましたら、コメントより管理者向けにコメントでご連絡ください。

撮影協力 加藤忠夫氏

suplesson4.jpg

スタンドアップパドルサーフィンでのラウンドハウスカットバック

最近練習中のラウンドハウスカットバックでのパドルワークをご紹介。
パドルを戻る方向に持ち替えてフェイスに刺してターンのきっかけをつかみます。
まで現在練習中の為、レールがイマイチ入っていませんが、頑張って練習してみます。
ライディング中は曲がる方向にパドルを入れ体を開くことが、非常に重要なことのようです。

撮影協力 加藤忠夫氏
suplesson2.jpg

今日も引き続き波の残った晴天の湘南海岸

本日も昨日のうねりが残りサーフ可能な湘南です。
今日はスタンドアップパドルでサーフ。
写真は本日朝の模様です。

スタンドアップパドルサーフィンではボトムターンをするときにパドルを使い、ターンのきっかけをつかむことで、より深いターンが可能になります。
常にパドルを使う事を意識するで大きなボードを操ることが可能になるのです。

撮影 加藤忠夫氏 加藤さん撮影協力ありがとうございます。

昨日、今年一番の爆弾低気圧通過

昨日の湘南、風が一日のうちでいろいろと変化しましたが、サイズはばっちり残り楽しくサーフできました。
強めの北西風の影響でちょっとハードコアな雰囲気でしたが、7’6のjjタンカーチェイサーを使い、セット波ねらいでサーフしてきました。

珍しく掘れた波が多かった昨日の模様。ライダーはローカルの荻野さん。
(名前正解かな?間違っていたら訂正しますのでご指摘ください)

その後ミーティングをこなして、もう一度スタンドアップパドルサーフィンでラインナップにもどりましたが、風もオンショアで波も下がりイマイチでした。残念。
ogi.jpg

パドルを使えば大きなボードも楽々ターン



最近、ターンするときにパドルを使う事を覚えました。

このときは全くパドルが使えていませんが、パドルを右に持ち替えてターンするとより深くボードのレールを入れられることが最近理解できるようになってきました。

詳しい動きはそのうち紹介しますね。
お楽しみに。

ライダーは池田潤

ステップレールデザインパート2




ボンガ・パーキンス先生の新しいスタンドアップパドルサーフィン用のプロダクションボードはなんとステップレール。レールが水に入れやすいのでターンがしやすそうな印象です。
でもボンガ先生の場合、何に乗ってもフルレールターンなのであまり参考にはなりません。
上手すぎです。

湘南の波、明日は良さそうな予感

davesup.jpg

強い南風が吹き荒れている関東地方、明日は北に変わる予報なので波が良くなりそうです。
午後一で湘南にてミーティングもブッキングしたので朝一はサーフィン予定です。
波が大きければフィッシュかハイブリッドでサーフしたいですね。
でも波が小さい場合はスタンドアップパドルサーフィンで楽しみたいと思います。

写真はデーブ・パーメンター先生のオフザトップ。
撮影はドクターT。

デザインフォーラム

タンデム世界チャンピオンのボビー・フリードマンと彼愛用のタンデムガン。ステップレールが印象的です。結構昔からこのレールが気になっておりますが、最近ではボンガもスタンドアップパドルサーフボードで採用。ボリュームたっぷりのボードに使えそうなデザインです。
もしかすると、パドル力の弱った人用のロングボードやファンボードへの転用も可能かも。


steprail.jpg



最後にタンデム世界チャンピオンのボビー・フリードマンと彼愛用のタンデムガン。ステップレールが印象的です。結構昔からこのレールが気になっておりますが、最近ではボンガもスタンドアップパドルサーフボードで採用。ボリュームたっぷりのボードに使えそうなデザインです。
もしかすると、パドル力の弱った人用のロングボードやファンボードへの転用も可能かも。


アビソ社製スタンドアップパドルサーフボード初試乗

avisokinimaka.jpg

ついにアビソのタイタ・キニマカモデルの初試乗してまいりました。
昨日の湘南、基本的には北西の強風でしたが、マイスポットでは午前9時ぐらいから11時ぐらいまであいだは、風も弱くサーフボードのテストに最適な腰胸ぐらいの波がロータイドのレフトのリーフに沿ってブレイクしておりました。

まず海に浮かべる前にびっくりすることは、その重量。今までのスタンドアップパドルサーフボードの半分ぐらいの重量しかありません。この軽さは持ち運びの際、ライディング中の動き等で大きなアドバンテージとなることは間違いありません。
とにかく持ち運びは楽です。

初めて漕ぎ出した時の印象は、ボード全体がしなやかにフレックスすることです。
サーフボードは面白いもので硬ければ速いというものではありません。
適度なしなりがターンやパドルに大きく影響します。このボードは今まで乗ったどのスタンドアップパドルサーフボードよりもしなやかにしなります。このしなりにより体にかかる負担は軽減され、楽に漕ぐことができる印象です。

ボードの形状は非常にオーソドックスなデザインとなっております。
ボリュームたっぷりのレールはスタンドアップで漕ぐときのバランスが取りやすく、テールに強く入れられたvは、広めのテールアウトライン、少し前目にセットアップされたフィンボックスとのバランスがよく非常にターンしやすい印象でした。
もちろんアビソの特性である抜群の振動吸収により、早いセクションでも余裕を持って加速することができます。

アビソのサーフボード全体に言えることですが、高級乗用車などでサスペンションの伸びと縮みと車全体の剛性のバランスが非常によい車を想像していただくと良いかもしれません。とにかく高次元でフレックスのバランスが保たれている印象をうけました。

クウイカイカ、マカハポイントチャレンジの続き写真

上から参加選手。
マカハボウルでのワイプアウト。
唯一の女性参加者、ティアレ・ローレンス。
凄い量のスープ





昨日はアビソ社とナキサーフ社と終日ミーティング



昨日はサポートしていただいている、アビソ社とナキサーフ社と終日ミーティング。
夕方、葉山のビーチにて世界最軽量と噂のスタンドアップパドルサーフボード、アビソ社製カーボンモノコック、タイタス・キニマカモデルをピックアップ。
今まで、7本のスタンドアップパドルサーフボードを乗り継いできておりますが、これは間違いなく最軽量。普通のボードの半分以下の重さしかありません。
詳しいレポートは近日公開。どうぞお楽しみに。

写真は葉山のナイスな夕日に照らされる、ビーチ代表の黒野さん。
ビーチ系、山系のアクティビティーなら葉山のビーチがお勧めです。
アビソ社製サーフボードのレンタルや試乗サービスを行っています。
リンクのナキサーフのホームページからチェックできます。
よろしく

今年の目玉はやっぱりスタンドアップパドルサーフィン

juncutbackbaff.jpg

撮影 高橋達也

今年のインタースタイルでの目玉商品はやはりスタンドアップパドルサーフィンだったようです。
今シーズンから、以前より愛用しているスタンドアップパドル用のパドル、アクセサリー等のc4のレップの仕事をすることが内定いたしました。
c4の取り扱い、ご質問等、コメントより管理者宛に連絡先メールしてください。
よろしくお願いいたします。

今日も引き続き横浜インタースタイル

interstylekekoa.jpg



今日も横浜のインタースタイルに行ってきました。
会場をクルージングしていたケコアに新作dvdを渡したり、いろいろな人と会ったりしているうちに、あっという間に一日が終了しました。
明日からは平常生活にもどります。

そしてインタースタイル会場に参上



成田空港より高速道路で一路横浜パシフィコへ。
すでにこの時点で燃えかす状態。
サーフガラージの山口さんと宮内謙至プロとともに記念撮影。

無事日本到着



機上からの茨城、波崎付近の今日の波。
(修正済み。ご指摘ありがとうございました)

バッファローミートのスタンドアップパドルサーフィンヒート

jun ikeda surfmeet2

一昨日はバッファローミートのスタンドアップパドルサーフィンヒートへ出場。
撮影 高橋達也

ホノルル国際空港より、ハワイ滞在、最後のブログアップ

現在ホノルル空港にてブログアップ中。
これより一路、成田に向けて出発します。
今回、お世話になった高橋接骨院、高橋院長のサーフィン写真です。
tatsu would go
ピン抜けでごめんなさい。
tatsu.jpg

バッファローミート三日目。

20080219084523
コンテスト三日目。今日はプレジデントディで休日です。朝一番でスタンドアップパドルサーフィンのヒートに出場しました。
明日の朝一番の飛行機で帰国します。成田より横浜のインタースタイルに直行する予定です。

本日よりバッファローミート

20080217113710
バッファローミートスタート

波はこのような感じ



これはまだまだ小さめな波。マカハポイントからマカハボウルの波は本当にすごいです。

今日は久々にスターバックスにてログイン中。今日もマカハは6フィートクラスの波が割れています。
明日からいよいよバッファローミートもスタートします。明日、明後日はコンテストに出場します。

これからメールをチェックして設営のお手伝い予定です。
それでは、次のレポートまで少々お待ちください。

ku ikaika 速報



優勝はアーロン・ナポレオン、2位ケオニ・ケアウラナ、3位イカイカ・カラマ、4位カム・アワイとなりました。
スタンドアップパドルサーフィンでマカハポイントの最大15フィートクラスの波を乗る姿は、日本とは隔世の感があります。すごいぞハワイ。

コンテストオン

20080215063352
本日、スタンドアップパドルサーフィンのビックウェーブイベント、クウイカイカがオン。ハワイアンスケールでテンフィートオーバーのマカハでハワイ中のウォーターマンが集結しています

今日も撮影快調

20080214063441
本日も引き続きウェストサイドマカハにてサーフと撮影。昨日に引き続きクラッシックサニーディマカハです。サイズはダブルオーバーヘッド。朝一いい波にスタンドアップパドルサーフィンで乗る事ができてストークです。

ウェストサイド・マカハ

20080213121401
マカハ到着。撮影快調。

無事ハワイ到着

20080213060851
無事にハワイ到着。
まずはサーフガラージでスタンドアップパドル用のサーフボードをピックアップ。

ただ今成田からログイン中

a movie free style final pop
これより20日まで、マカハへスタンドアップパドル修行に行ってまいります。

雨の東京混雑を予想して早めに出発したため、空港へも早めの到着となりました。
搭乗まで2時間ほどあるので、コンピューターの前に座りログイン中。
今回の目的はマカハで行われるクウイカイカとバッファローミート。
どれぐらい進化を遂げているのか、この目で確かめてまいります。

もちろんチャンスがあればコンテストにも参加してきますのでレポートお楽しみに。
マカハでの通信環境は不明ですが、携帯からは毎日アップしますのでお楽しみに。

画像は現在、好評発売中の「a movie free style」。
まだ、ごらんになって居ない方は、ぜひ全国プロショップの並んでおりますので、お買いもとめいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

クウイカイカ最新情報

レースはこんな様子

初島から多摩テック 320-448

コースの幅が狭くなり、ハイテクセンサーのリミッターが装備されたレース形式のアトラクション。場所は自分が子供のころと同じ場所にありました。感動。