今日も引き続きオシュマンズ

20080629134629
本日、昨日に引き続き、オシュマンズ原宿にてハブス主催のケンザフラットトップ画伯の公開、ピンストライプイベント開催中。
ミー石井画伯も、サーフボードをもって登場。
まだまだ、ペイント受付中です。
スポンサーサイト

ポーザー

20080628122632
とりあえず、ビラ配りのポーズ。

原宿オシュマンズに集まれ

20080628122422
ケンザフラットトップ画伯のピンストライプ実演開催中。

明日はオシュマンズ原宿でイベントです。

oshmans_flyer[1]

明日、明後日はオシュマンズ原宿店でハブスのイベントがあります。
イベント内容ですが、ケンザフラットトップ氏による、ピンストライプ実演です。
私、池田潤も会場にいますのでお気軽にお声かけてください。
それでは、明日会場でお会いしましょう。

現在ミー石井画伯の手によりカバージャケット製作中

20080627223229

現在ミー石井画伯が新作dvdの製作をしてくれています。
ディスプレイを見ながらデザインをチェック中の模様。

右側に写っているのは、カズミイダ画伯です。
デザイン一緒にチェックしていただいております。
来週の月曜日にカバージャケット公開予定です。
どうぞお楽しみに。

不思議な光景、それともあたりまえ?

20080627223046


今日は、茅ヶ崎で新作dvdのミーティング。ミーティングを終えてから、サンセットタイムに久々にスタンドアップパドルサーフィン。
センターフィンにミッチ・アブシャーのドット柄のキャプテンフィンをセットして軽く湘南某所でお散歩。

写真のピークにはわずかサーファーは一人だけ。
こんな事もあるんです。

インドネシアの思い出写真

fullmoon.jpg

六月のフルムーン

sunsettt.jpg

グラジカンサンセット

watershotfish.jpg

魚目線で見た2本のサーフボード

ikeda surfboards test pilot

surf with smile.
alex/photo jun ikeda

サーフィンするときに笑っているひと好きです。
ストークしている気持ちが伝わってきますね。
keep on smiling!!!

test pilot

test2.jpg

test pilot3

ジャングルライフとカスタムカルチャー

ジャワ島のジャングルに住みながら、自分でサーフボードを作って、グラジガンの波に乗る通称キキ。

サーフボードのディングリペアを生業としながら、バルサやエポキシ・スタイロフォームなど手に入る材料で製作したサーフボードで波に乗る生活。非対称アウトラインに独特な蛇のようなフィン。

住まいは海沿いの、虎も住むジャングルの中。
食事は一日一匹の自分で突いた魚とご飯。

リーフブーツなしで、ドライリーフの上を闊歩できる野生児。

ジャングル生まれのリアルカスタムカルチャーです。

最後に乗ることのできる、サーフボードアートピース好きです。
それは乗ることでアートとしての、全てのコンセプトが完結するのです。
どうですかね?キキ先生?




kiki3.jpg
kiki2.jpg
kiki1.jpg


HUBS WORKS × KEN THE FLATTOP コラボイベント

HUBS WORKS × KEN THE FLATTOP コラボイベント

1c48c658-s.jpg



今季夏物ハブスワークスのグラフィックを手掛けたアーティストKEN THE FLATTOP氏が下記日程でオッシュマンズ原宿店に登場

ピンストライパーのKEN THE FLATTOP氏は、様々なアートワークを手がけており、このコラボイベント期間中に、なんと!来場者持参ギアにその場でピンストライプ、レタリング(文字)、イラストを施してくれるそうです。
サーフボード持参で行っちゃってください!

HUBS WORKS × KEN THE FLATTOP
ピンストライプデモ「PAINT'em ALL」

日時:6月28,29日(土,日)の2日間。
場所:オッシュマンズ原宿店

〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-14-29
Tel. 03-3478-4888 時間:11:00?18:00

夢のジャングル生活から現実世界に生還

jungle.jpg


ジャングルのトンネルを抜けて、現実世界に戻ってきました。

ホームメイドの木製トラックの荷台はすでに懐かしい思い出です。

今から、次作dvdのカバージャケットの構成作業のため、自転車と電車を乗り継ぎ、神田に行ってきます。

ここ数日間で乗った乗り物。
バイク、ジャングル木製トラック、クラッシックジープ型トラック、移動用ミニバン、フェリー、サーフボード、サーフポイントまでの小舟、ボーイング747?400、空港のシャトル、そして空港から自分の車。

いろいろな乗り物に乗った旅となりました。

残念ながら証拠写真は無し

sakuretsu.jpg

今回のトリップでは、カメラでのドキュメンタリーを担当。
もちろん、撮影の合間には、この爆弾ブレイクを満喫。

運悪く現地のキャンプ専属カメラマンは不在で、私の休憩中のライディング写真は無し。

イケダサーフボードにて、セットの6フィートクラスの、良い波を3本ゲットして、初めてのグラジガンの旅は終了。1本チューブもメイクしてストークです。

イケダサーフボードの乗り味もばっちりで良い旅となりました。

ロングボーダーブル??????

imai.jpg


波のサイズはこんな感じ。
少数派のロングボーダー特攻隊長、湯島の今井さん。
リアルチャージャーです。

ランチングパッド

anwouldgo.jpg

surfer/ mitsuhide an
photo/jun ikeda

スナップ用カメラをくわえながらのカットバック

atwork.jpg

目の前に手頃な波がブレイクしそうになると、つい乗ってしまうのはサーファーの性。

カメラを口にくわえたままの職場放棄カットバック。

初期治療の定番

擦り傷の治療です。
お食事中、気の弱い方はとばしてください。









limelime.jpg

南方の珊瑚礁で怪我をした場合の治療法もご紹介。
まずは、綺麗な真水で傷の回りの珊瑚礁の破片や砂、海水を除去。
その後、写真のようにライムで消毒。
これは、珊瑚礁や海水のバクテリアを殺す民間治療法です。
よくサーファーがリーフにヒットする、タヒチやハワイの定番です。

この後は、消毒液で消毒。
抗生物質軟膏を塗って、傷をバンドエイドでカバーします。
傷が深い場合、飲み薬も併用すれば、感染症を防ぐことができます。

お土産

tigertrack.jpg


軽くフリーサーフ。
ボードの調子は予想通りの良い感じでした。

このときは、大潮の引きの時間帯でしたが、波が小さかったこともあり、ノーブーツでサーフ。
このセッションで軽く背中をスクラッチ。足もリーフにヒット。

足に入っていたウニのとげは、帰国後の昨日、やっと完全摘出。

今回のトリップでは6フィートオーバーのメインブレイクは無事に無傷に乗り切りましたが、小波では結構リーフにヒットした旅でした。

ロングフィッシュテスト中

medewi2222.jpg

ロングフィッシュテスト中。

最終日に軽く頭をリーフにヒットしましたが、このボサボサに伸びた髪の毛のおかげで、軽傷で済みました。髪の毛の大切さを実感。
それでも、頭には500円玉ぐらいの円形脱毛が残りました。
もし髪の毛が無かった事を想像するとぞっとします。

お約束のボトムターン

20201.jpg

池田潤シェープの7’6レトロスタイルガンで、お約束のボトムターン

転ばぬ先の杖と置き薬

firstaidkit.jpg


インドネシアのジャングルクルーズには、医療品を持参します。

今回はみなとまち歯科の中川先生より提供して頂いた、抗生物質軟膏、抗生物質の飲み薬が大活躍しました。中川先生どうもありがとうございました。
(写真の薬箱はイメージ写真。中身はシャローリーフ用スペシャルブレンド)

薬は、自分たちの治療、キャンプで出会った怪我人に治療に活用させていただきました。
帰国前に、普段御世話になっている、豪腕ガイドのアレックス氏に寄贈。
インドネシアの子供達、サーファーの怪我の治療に有効活用してもらいます。

バリより昨日、無事帰国

medewifishi.jpg


昨日、インドネシアより、無事帰国。
滞在中はほぼ無傷で無事過ごしておりますが、終盤の2日で2度リーフにヒット。
軽い切り傷数カ所の軽傷で済みましたが、大潮の引きの時間帯は油断できません。

写真はバリにいるときの、撮影中の休憩時間の模様。
ロングフィッシュでクルージング。
腰に付けたバックにカメラが入っています。

開拓者達にリスペクトを込めて記念撮影

gland4.jpg

メッシュキャップにレイバン。
ボードのカラーは迷彩色でばっちり決めてみました。
Gランドキャンプは一番歴史あるキャンプです。

初めてのGランド最高でした。
またいつか、戻ってこれる事を願いつつ、これから帰国の途につきます。

小波で休憩中

gland3.jpg

グラジガンにはメインのブレイク以外にも、いくつかの、楽しめるスポットもあります。
撮影の合間のブレイクタイムに休憩中の模様です。

自分でシェープしたボードでチューブに入る至福の瞬間です。
ガイドさんに撮ってもらった写真なのですが、なかなか楽しい波でした。

六月のフルムーンがベストシーズン

gland1.jpg

波は予想通りソリッドでハワイアン6フィートオーバーが轟音を轟かせて炸裂しておりました。
メインは撮影係ですが、撮影途中に結構楽しませていただきました。

旅の途中

gland2.jpg


バリよりジャワ島に渡ってしばらくすると、電波が不通となり、ブログのアップができなくなりました。
楽しみにしていた、皆様御免なさい。

今回はクラッシックな行き方でグラジガンに行ってきました。
ジャングルのレンジャーの関所から先は、クラッシックなロシア製のsuvでの移動となりました。

旅の途中

20080617100411
バリ島からジャワ島に向けて悪名高いフェリーボードで移動中。
ジャワ島に着いてからは、約4時間のドライブで目的地に到着予定です。

ただいまから移動開始

20080617072422
パーフェクトレフト

ハイシーズン到来

20080616111015
ビューティフルディ

インドネシア

20080615190248
無事到着

ブログアップテスト

20080615101618
テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。