無事帰国/ドアトゥドアで24時間の旅

先ほど無事帰国いたしました。

取り急ぎパリより東京までの速報です。

パリー東京間は初のエアバスA380に乗りました。

IMAG0624

最新型巨大ジェット機です。

ボーイング747?400より一回り大きい感じです。

IMAG0625

映画はデジタルで好きな時に、好きな映画を見る事ができます。

モニターもでかい。

最高。

映画2本、がっちり見ました。

IMAG0629

機上してしばらくすると夕食。

IMAG0631

そして、到着前に朝食です。

約2時間遅れで成田到着となりました。

IMAG0633

こちらが、最新鋭A380です。

成田は雨でした。

これから、グライド紙のプライスレスの対談に行ってきます。

そして週末のイベントのご紹介。

ミッチ・アブシャーの新作DVD作品のプレミア試写会です。

シングルフィンオールスターズでも上映みたいですね。

イベントインフォ ミッチ新作

私も、時間が許す限り会場に足を運ぶ予定です。

それでは、またあした。

帰国速報でした。
スポンサーサイト

フランス国内移動ダイジェスト

アロハ

フロム

パリス

現在、パリ、シャルルドゴール空港のゲートにて飛行機のボーディングを待っています。

なんと、機材が遅延中。

それでは、これから12時間の本格フライトですが、本日の朝からの移動の模様です。

IMAG0592

バスク地方の日の出は朝の7時半ぐらい。

朝焼けの奇麗な空と飛行機雲。

これが出発した時の空です。水曜日の朝7時半です。

日本到着が時差もありますが、木曜日の朝の8時10分到着予定です。

時差が7時間ありますが、17?18時間プラス成田から、家まで2時間は、

かかるとすれば、移動時間は約20時間越えです。

IMAG0593

ビアリッツ空港から国内線に乗り、パリ、オルリーエアポートまで移動です。

IMAG0599

バスクカントリーともしばしの別れです。

IMAG0613

約1時間半でパリに無事到着。

ここからエアフランスのバスでシャルルドゴール空港まで移動しました。

お値段は19ユーロ。

無事、シャルルドゴール空港に予定通り到着。

機械にてチェックイン、ボーディングパスをゲットしたら、

バッゲージチェックイン、税関を通過して、

新交通システムのトラムにのってゲートまで移動。

IMAG0618

これが、フランス国内の移動の方法です。

ご参考まで。

IMAG0620

そして、免税店でワインを買ってゲートに到着してみると、

なんと出発が少々の遅れがでています。

IMAG0622

まもなくボーディングがスタートするようなので、

フランスの地方都市から東京までの移動の仕方、クイックティップスでした。

それでは、また明日。

ビーチブレイク/スペイン・サンセバスチャンバール巡り

ボンジュール

今日でフランス生活も最終日です。

これより、国内線を乗り継ぎ、日本まで約20時間の長旅です。

それでは、フランスより最後のアップです。

スウェルのほうは、落ち着きをみせて、

ここ数日は、オーバーヘッドサイズの日が続いています。

タイドに合わせて、ビーチブレイク、ポイントブレイクといろいろな波が、

楽しめるのもフランスの特徴です。

昨日は、今回の旅で初めてのビーチブレイク体験してきました。

P1040740

波は頭くらいの良い波。風もほぼ無風。

P1040744

河口の隣のポイントなので、ボトムは細かい玉石。

P1040742

昨日のサーフバディーは、

フランスのレジェンド/チャンピオンサーファーのフィックス氏。

92年の世界選手権からの、古い知り合いです。

96年以来、久々の再会。

P1040746

フィックス氏はフランスロングボードシーンを牽引したグッドサーファーであり、

歯科医師、カヌーステアーズマンもこなす、オールラウンダーです。

ビーチブレイクを堪能したあとは、

スペイン、サンセバスチャンに移動して、今回の旅、最後の晩餐。

IMAG0558

古いスペインの町並み。

その中に、バール、タベルナ、レストラン等の様々な飲食店が沢山あります。

ミシュランの星付き評価レストランが、土地の広さに対して、

世界で一番多い街です。

クオリティーの高い高級グルメから、お気軽に楽しめるバールまで、ご予算に合わせて、

沢山のチョイスのなかから選ぶことができます。

IMAG0566

歴史を感じさせる古い建造物も沢山あり、クルージングしているだけでも楽しめます。

IMAG0561

そして、お目当てのバールを数件バールホッピング。

素晴らしいつまみとサングリア、ワインをいただき、超ストーク。

これにて今回のバスクの旅は終了。

これより、ビアリッツ、パリ経由東京で帰国の途につきます。

今週末は、静波のシングルフィンオールスターズに参加予定です。

それでは静波でお会いしましょう。

それではまた明日。

チャオ。

A tales of Amami」 episode13/シリーズ最終回エピローグ編

ナキサーフクルーが、奄美大島を訪れるサーフィン旅物語エピソード13。
A tales of Amami」 episode13/シリーズ最終回エピローグ編
copyright by nakisurf.com

フランス/day4

アロハ

フロム

バスク

ディ4。

今日は火曜日ですね。

恒例の動画アップも後ほど、フランスよりする予定です。

今回の映像でシーズン1エピソード1のテールズオブ奄美は最終回です。

次のシリーズは、1週間ブレイクをいただき、

来週よりアップ予定です。どうぞお楽しみに。

それではフランス生活、4日目のダイジェストです。

波のほうは、平常のサイズにダウンしました。

昨日は、軽くビーチブレイクでゲットウェットしてから、クイックシルバーのコンテスト視察。

wctは波乱のラウンド2を途中まで消化。

その後は、クイックシルバーのキングオブグロムも行われ、

日本から唯一参加している、鵠沼の石田ぎんじ選手も、無事ラウンドアップしました。

今日も引き続きコンテスト、ウェッブサイトで生中継されますので、

ぜひ、a.s.pイベント、wctクイックシルバープロフランスの、

ホームページよりチェックしてみてください。

しかし、昨日はサーフィン中に、水中コンパクトデジカメが水没のハプニング発生。

残念ながら、コンテストサイトの写真はアップできません。あしからず。

ここからは、先週末から昨日までの様子です。

DSC04937

丘の上に立つふるい教会から望むラインナップ。

P1040714

ラインナップから見た、岸の風景。

ラインナップは岸より、約800メートルぐらい。

96年の世界選手権の時に、日本チームが、泊まったアパートメントが遠くに見えます。

参加した選手の皆さんにとっては、思いでの風景であるはず。

P1040731

BMWイセッタ。

近所を走るには最高にクールなサーフビークルですね。

ドアはフロント部分が冷蔵庫のドアのように、大きく開きます。

DSC04889

そしてヨーロッパのビール達。

ビールもヨーロッパの文化の一部ですね。

右のビールが生酵母の味がするお気に入りです。

DSC04903

赤ワインとの相性最高なプロシュート。

ムラサキタマネギ、唐辛子のピクルスが盛り合わせになっていて最高な一皿でした。

DSC04955

そして、ビックサンディのセット波。

手前のスープに飛び込んでいるひとのボードが9?10フィートのガンシェイプ。

セットの前に、サーファーがちらっと見えます。

この波に巻かれると、口を閉じていても、水圧で鼻から水が入って、海水をタップリと、

飲むはめになります。

こちらも、サーファー人生初経験でビックリしました。

このようなコンディションでは、

波に巻かれないようにサバイブするのが一番良い方法のようです。

P1040711

今回のミッションで借用使用したエレファントガンと不肖池田潤。

最高に充実したウィークエンドでした。

こんな感じでフランス満喫中です。

それではまた明日。

マルシェ&大西洋バスク地方のリーフ波

アロハ

フロム

バスク

ディ3

市場とサーフィン編です。

皆様、シルバーウィークの心地よい波乗り疲れとバックトゥーワークの月曜日、

いかがおすごしでしょうか?

こちらも、嵐は過ぎ去り、素晴らしい波を残し、

wctのコンテストもスタートしました。

ライブからも観戦できるようなのでチェックしてみてくださいね。

それでは、私のフランス生活3日目のダイジェストです。

DSC04820

バスクスタイルの家と青空。

晴天が戻りました。

気温は日本の11月ぐらいの東京の気候と同じくらいで、過ごしやすいですが、

ちょっと寒いくらいです。

DSC04825

ビーチブレイクの海岸線はどこでもサーフィン可能。

波は豊富です。

DSC04840

マルシェをクルーズ

DSC04833

海鮮は東京の築地クオリティー。

アンコウ、ホウボウ、いか、エビ、マグロ、たい、かに、鰯、サバ、たら、鮭等々、

なんでもあります。

フランスの食文化すごいです。

DSC04827

うなぎ薫製。

DSC04838

ウサギ

DSC04847

マグロのはらみ。

刺身でいけます。

DSC04848

マグロの赤身。

刺身、ポキにばっちり。

最高です。

DSC04842

フランスらしい可愛いお寿司も売ってました。

以上フランスの食材事情でした。

市場をあとにして、本格的にサーフィン開始です。

波は、ソリッド8フィートオーバーのライトハンダーポイントブレイクです。

DSC05020

ハワイのサンセットビーチかマカハボウルのような波です。

DSC04960

レフトのアバランチ。

手前に浮いているのが人間です。

サイズは10フィートぐらいか?

P1040712

そして、お借りしているクィバーはこちらのガンズです。

海が大きく動くために、パドリングするにも、波に入るにも、

ビックウェーブ用の専用のサーフボードが必要です。

こちらでは、日常的に大きな波がたつので絶対に必要なクイバー達です。

もちろん、不肖池田潤はこのようなサーフボードは、

持っていないので、現地でお借りしました。

日本でほとんど見かけることのない、ライノチェイサーサーフボードです。

今回のミッションで使用したボードは、

長さ9’7のストレッチクワッドとタイフーンの9’7タイフーンです。

現在、男らしいサーフボードで、男らしいバスクの波と向き合っています。

じっくりと一番沖にポジショニングして、

素晴らしい大波にドロップせていただいております。

体は連日のロングパドルとワイメアスタンスサーフィンで、

いままでに体験したことのないサーフィンが原因の、全身筋肉痛も体験中。

そんな、すべてが、初体験な、最高な日々を送っております。

今日も事故の無いように楽しんできます。

それでは、皆様も良い1日をお過ごしください。

チャオ。

テイクアレッスン/おフランス料理/バスク地方

アロハ

フロム

バスク

ディ2。

バスク地方は力持ちの大男の多い地方としてしられていますが、波の方も、

本当に男らしいです。特に秋から冬にかけての大波には世界的にも有名です。

実際にこの季節の波は、ハワイにも決してひけを取らないほどです。

いよいよ、今回の旅の目的の一つである、

ネクストレベルの、ビックウェーブサーフィンの体験開始です。

DSC04794

朝のビーチブレイクをチェック。

オレンジ色の屋根と白壁のトラディショナルな建物がバスク地方の特徴です。

DSC04814

この道を北に上れば、ビアリッツやハセゴーのビーチブレイク。

南に下がれば、スペイン国境です。

今の季節のこの地方は、波の宝庫です。

DSC04885

今回のミッションで使用するのは、9’6クラスのガンシェイプのみ。

リーシュは今までに見た事の無いほどの極太ワイメアリーシュ。

すべてが、未経験のサーフィンです。

本日軽くウォームアップセッションしてきましたが、

すでに、我がサーファー人生最大サイズのトリプルオーバーヘッドの、

男波を経験することとなりました。

そして、クローズアウトセットも、まともに食らってきました。

この経験でなにかが、変わりそうです。

ひきつづきレポートしていきますので、どうぞお楽しみに。

そしてサーフィン以外にも、お楽しみが沢山あるのがフランスの素晴らしい所です。

その一つがフランスグルメです。

波もスコアしましたが、料理も目から鱗が落ちるほどの衝撃的美味しさです。

P1040680

まずは、前菜。

焼いた鰯と野菜のマリネのブリスケッタ香草のソースかな??。

P1040684

生ガキ。

P1040689

素晴らしいオーガニック赤ワイン。

そしてこちらのワインに合わせるメインは鴨。

P1040697

池田潤調べ、世界最高レベルの鴨料理です。

鴨のローストの下には、リゾットが隠れています。

鴨とソースのバランスが絶品でした。不肖池田潤昇天。

P1040692

それでは、つぎの接続スポットを発見できたら、またアップします。

どうぞお楽しみに。

24時間移動/機内食3回/パンオショコラ/到着

アロハ

フロム

バスク。

皆様、シルバーウィークエンドいかがお過ごしでしょうか。

私は予定通り、日本時間木曜日より、バスク地方に向けて、移動を開始。

最初の朝は飛行機の中でむかえました。

それでは移動の模様をダイジェスト版でお伝えします。

バスクまでの、ご旅行のご参考になればと思います。

まずは、飛行機に乗り込み最初のディナーミール。

パンや前菜がすでにおフランス風になっております。

P1040653

このあとは、2本映画を見て、時差調整。

そして就寝。

P1040654

起床。

朝ご飯。

まだ飛行機で移動中です。

P1040656

嵐のシャルルドゴール空港へ無事到着。

P1040657

電動のゲートを抜けて、税関を通過してラゲッジをピックアップ。

この時点で、時差の関係で早朝5時です。

ここからタクシーまたは、バスに乗り、国内線のオルリー空港へ移動。

昨日は嵐で、大雨の為、タクシーを利用。

約70ユーロ也。

距離は少し短いですが、成田に到着して羽田に移動するような感じです。

P1040660

オルリー空港へ無事到着。

P1040666

オルリー空港にて、無事に荷物をチェックイン完了したら、

パンの名店ポールにて本日2回目の朝食。

メニューはパンオショコラとカフェ。

ここからさらに、国内線にて移動開始。

P1040673

小さな飛行機だったので、コンコースでは無く、徒歩で階段を上がって搭乗。

そして再び機上の人となりました。

P1040668

そして搭乗機は無事飛行をつづけ、機内食で3度目のクロワッサンを食べると、

目的地に到着。

P1040676

大西洋の荒波です。

明日からはコンディションも落ち着き、

こちら時間の週末には、aspワールドツアーもスタートする予定です。

次のブログアップ予定は、接続場所しだいですが、

接続可能になり次第アップしていきたいと思います。

どうぞお楽しみに。

それでは皆様良い週末をお過ごしください。

台風の波、事故の無いようにお楽しみください。

以上

機上の人/キャンバスとクリスチャン情報/大勝軒

本日は移動日で機上の人です。

この秋は何年かぶりに、旅がつづいております。

8月後半の福島北泉のコンテストmcから始まり、

インタースタイルを経て、

新島コンテスト、

ハワイサーフキャンプ、

伊良湖ロングボードクラッシック。

そして今回の旅のディスティネーションは大西洋沿岸バスク地方です。

バスクから帰国後は、

静波のシングルフィンオールスターズに移動。

その後は九州某所に撮影で向かう予定です。

オンザロードはまだまだつづきます。

できる限りブログアップしていきますのでどうぞお楽しみに。

DSC04590

AVISOサーフボードPearson Arrow  CJ NELSON Nose Riderを使った、

バックサイドハングファイブ。

ちょっとポジションがディープすぎますが、ワイドテールの安定感とフレックスの良さで、

ちゃんとメイクすることできました。

DSC04676

バックサイドのノーズライディングの難しさに頭を悩めているのか???

楽しいサーフィン中になぜか、渋い顔です。

サーフィンはいつでも笑顔が肝心です。

下記は

素晴らしい笑顔のクリスチャン・ワック氏のブログから転載です。

キャンバスサーフボードのニューモデルテストの模様です。

IMG_1676

詳しくは、下記をクリック。

http://christianwach.blogspot.com/

調子よさそうですね。

本日のおまけ。

経堂大勝軒の中華そばです。

東池袋大勝軒の、のれん分けのお店です。

つけ麺が有名ですが、私は中華そばが好きです。

太めのひらうち麺と魚介エキスいっぱいのスープのうまみタップリのチャーシューで、

ボリューム満点です。こちらで麺2玉の並、700円也。大盛りだと麺4玉で、

800円の若者に大人気な、お財布にも優しいお店です。

P1040634

それでは皆様、良い週末をお過ごしください。

それではまた明日。

キャンバス情報/バックライト/秋のお彼岸/移動開始

アロハ

フロム

世田谷。

雨の強く降りつける、午前中なのに薄暗い東京です。

皆様、シルバーウィーク後半いかがお過ごしでしょうか。

不肖池田潤は、今夜から再び飛行機で移動開始です。

行き先は、大西洋某所に撮影に行ってまいります。

今日は、これから忙しくパッキング作業です。

ナキサーフのスタッフブログでクリスチャン・ワックの最新情報を、

発見しました。

100921-CANVAS-FACTORY-2

詳しくはこちらから。

http://www.nakisurf.com/blog/staff/

クリックして、チェックしてみてください。

ワンオフのファブリック入りサーフボードの完成、楽しみですね。

一昨日のサーフセッションより、AVISOサーフボードの、

Pearson Arrow  CJ NELSON Nose Riderのライディング写真です。

朝日のバックライトに照らされたポーズオンザボード。

DSC04596

昭和的には、ちょっとおフランスのエスプリ香るムーブです。

赤塚流ですと、シェーといった感じでしょうか???

DSC04662

ベイビーステップのクロスステップウォーキング

DSC04679

ビーチブレイクのビューティーブレイク。

AVISOサーフボードPearson Arrow  CJ NELSON Nose Rider、

サーフセッションの模様でした。

今日のおまけ

暑さ寒さも彼岸までという訳で、秋のお彼岸なので、バイクにまたがり、

お墓参りの為に、お寺に行ってきました。

P1040638

近所の移動に最適な、お気軽に乗れるクリエイトバイクのフィックスギアバイク。

P1040642

お寺の屋根には、気になる紋章が沢山あります。

クールなデザインです。

それでは、これよりパッキング作業にはいりたいと思います。

それではまた明日。

旅行先でのブログアップどうぞお楽しみに。

でも明日は、まだ機上の人かもしれません。

あしからず。

先週アップした「A tales of Amami」 episode11/Naki and friendsファンサーフ編 のVIMEO版公開中

暑い東京/バックサイドノーズライドシークエンス/浜松餃子

昨日より、夏のような暑さが復活した東京です。

扇風機を回して作業しております。

コンピューターのハードディスク等には堪える暑さです。

しかし秋のお彼岸をすぎれば、徐々に涼しくなってくるでしょう。

もう少しで秋が訪れるはずです。

今日は、水分補給をまめに行い、熱中症等に十分に注意して行動してください。

P1040507

今日の暑さなら、まだまだしばらくはトランクスでサーフィンできる日々が、

つづきそうです。

それは、それで嬉しいのですが、もうすぐ10月にしては、

ちょっと暑すぎるので心配です。

DSC04734

今日は久しぶりに、ロングボードのノーズライディングのシークエンスの、

解説をしてみたいとおもいます。

それでは、久しぶりのノーズライディングティップスの始まり始まり。

使用ボードは、AVISOサーフボードPearson Arrow  CJ NELSON Nose Riderです。

[caption id="attachment_1715" align="alignleft" width="500" caption="20100919160737.jpg"]DSC04164

サーフボード全体にワックスをしっかりと塗ります。
特にノーズとテール部分には、しっかりと塗るようにしましょう。
ターンやノーズライディングの時に、非常に重要な部分となります。

DSC04214

早めにブレイクする波なので、斜めにテイクオフ。
膝のまげで、ためを作ってターンに備えます。

DSC04215
曲げた膝を伸ばしてボトムターン。膝を伸ばすことで、
レールの反発を使いターンします。

DSC04216

サーフボードの中央部分のトリムスポットにポジションして、
波のブレイクに合わせてボードをトリミング。



DSC04217波のトップからボトムにいく、ダウンザラインで加速を得ます。

DSC04218膝を曲げてためを作って、小さなトリミングターンの準備にはいります。

DSC04220膝を軽く伸ばし、ターンしてラインを上げていきます。

DSC04221ラインを上げながらクロスステップでウォーキング

DSC04222
波の一番力のあるセクションでノーズライディング。
ちょっと波が掘れていて早いのでノーズに足が掛かっていない、残念賞。




DSC04223

踵でレールをコントロール。
上体の動きを使いボードをコントロールすることを意識するとよいでしょう。



DSC04224
波がクローズアウトする前に、クロスステップでステップバック。




DSC04226

このままで進むとワイプあうとしてしまうので、つま先側にレールを入れ替える準備にはいります。




DSC04230

ソウルアーチすることでつま先に強く加重することができます。
ノーズを岸にしっかりと向けてワイプアウトを防ぎます。




DSC04237

クラッシックボードでのバックサイドは難しいですが、
その難しさが、クラシックロングボーディングの楽しさでもあるのです。                    
バックサイドでロングボードを自由自在にコントロールできるようになれば、
ロングボードサーフィンの免許皆伝です。
上体を上手くコントロールすることを意識してみましょう。
以上バックサイドノーズライディングティップスでした。






[/caption]

DSC04781

今日のおまけは、浜松で食べた餃子。

もやしがつく浜松餃子とはちょっとちがう、普通の餃子でしたが、

餃子王国浜松で食べたので良しとしましょう。

本日のブログはこれで終了。

良いシルバーウィークをお過ごしください。

私は明日より約1週間の日程で、海外出張です。

ブログアップの環境がちょっと心配ですが、どうにかしてアップしますので、

どうぞお楽しみに。

それでは、また明日。

「A tales of Amami」 episode12/Naki and Wach new trick編



ナキサーフクルーが、奄美大島を訪れるサーフィン旅物語エピソード12。
A tales of Amami」 episode12/Naki and Wachのニュートリック編
copyright by nakisurf.com

週末の思い出/ローファー/ステッカー/ハング5/大松屋

昨日までのキャンプ生活の疲れが、ちょっと出ている火曜日です。

それでは、週末の出来事の続きをお送りします。

P1040580

土曜日の夕方から日曜日の午前中にかけて少しだけ、カミングアップした、

某所のポイントブレイク。

ポイントブレイクとは、岬で崩れるブレイクの事。

日本中のポイントブレイクがコンクリートに埋め尽くされていますが、

奇跡的に残っているレフトハンダーです。

ローカルの皆様、波をシェアしていただき、ありがとうございました。

こちらのブレイクでは、CANVASサーフボードのミニノーズライダーで、

楽しくセッションさせていただきました。

P1040515

伊良湖ロングボードクラッシックの会場には、

サンクレメンテから、ブライアン・ローファー・アンダーソンが来場。

しばらく日本滞在予定です。

ブライアン・アンダーソンモデルは、AVISOサーフボード、

ロバートオーガストレーベルより絶賛発売中です。

クラッシックスタイルなナイスなノーズライダーです。

P1040545

サーフスポットで見かけた、ベストステッカーチューンサーフボード。

チャイナメイドのビラボンのボードに、

ネスタ、ハーリー、パンクマウスパンツ、ロイヤル、ビラボン、リーフの、

クロージングカンパニーのステッカーが使われて、ステッカーチューンされていました。

プラス、ディスティネーションとゼロの合計8社のロゴ付きです。

オーナーとも会話しましたが、本人はいたって普通のご様子でした。

人生いろいろ、サーフィン文化もいろいろです。

DSC04687

昨日の午前中は、ライトハンダーのサンドバーがゴーイングオフ。

私も、スタンドアップサーフィン、ロングボード、ボディーサーフィンと、

様々な道具を持参、また借用して楽しんできました。

それでは久々にロングボードのシークエンスショットです。

DSC04519

朝一は、AVISOサーフボードPearson Arrow  CJ NELSON Nose Riderで、グライド。

サーフィンシャツはもちろんハブスです。

波は、ロコの一番右側のジェティーの内側で割れる、ピールする超小波の、

ファンウェーブです。

DSC04532

小振りなレフトハンダーのピールする波を選んでサーフ

ロングボードが一本あるだけで、小波にも対応できてサーフィンは益々、

楽しくなると思います。

DSC04536

細かいクロスステップでウォーキング。

ロングボードのグレースフルに、そして優雅に楽しむのが良いでしょう。

DSC04537

軽くノーズでハングファイブ。

DSC04538

ハングファイブしながらセクション通過中。

DSC04541

ステップバックして次のセクションへ続きます。

ショルダーが長く続く、ピーリングした、

小波でのロングボーディング、最高です。

Pearson Arrow  CJ NELSON Nose Riderのような、

50/50レールのシングルフィンのノーズライダーにばっちり合う、

コンディションでした。

サーフボードも適材適所が肝心です。

今日のおまけは、伊良湖の有名スポットの大松屋食堂の手羽先の唐揚げです。

ちょっと濃いめの甘辛だれが、特徴のサーファーに大人気な看板メニューです。

P1040494

5本入り、525円のお値打ち価格です。

そして本日のおまけ、その2はペプシの冷蔵庫。

P1040598

自動販売機ではありません。

昔はボーリング場や、駄菓子屋にはこのような形の自動販売機が置いてありましたが、

これは、ボトル専用の冷蔵庫とお見受けしました。

いまでも現役で動いているところが、すごいです。

カラーリングがナイスです。

以上、週末の思いででした。

今日は、これから動画もアップ予定です。

どうぞお楽しみに。

それではまた。

ドーンパトロール/あかつきサーフ一番乗り/ビーチキャンプ/夏の名残

先ほど、シルバーウィーク渋滞をどうにか乗り越えて、無事帰還いたしました。

昨日までは、接続が見つからず、簡単なブログアップしかできませんでしたが、

今日からは通常通り復活です。

キャンプ生活には、モバイル系の通信機器の準備をしっかりとしないといけません。

次回からは、しっかりと準備して備えて行動します。

それでは、ここ数日のミッション報告です。

P1040615

朝は朝日とともに起床。

運良く台風からの小振りなウネリも届き、最高なサーフ日和でした。

薄暗い中、波をチェックしていると、徐々に明るくなってきて、

サンライズタイムとなります。

テキーラサンライズカラーの波。

当然ラインナップは無人です。

P1040626

今回の旅の宿。

誰もいないビーチでキャンプしました。

砂の上で寝る幸せ満喫です。

トランクス生活で、起床からサーフィンの準備は万端です。

小学生の頃に、プールへ行く前に、家から水着を着用していくような、

準備周到な行動と同じですね。

いつになっても、夏はとにかく楽しいです。

今回の旅では、今年最後の夏の名残を満喫してきました。

DSC04159

今朝は、一番乗りで海へ。

水温のほうは、まだまだトランクスで全然平気でした。

DSC04154

使用ボードはAVISOサーフボードPearson Arrow  CJ NELSON Nose Rider。

こちらも最高な乗り味。

DSC04504

朝日を浴びながら、ライトハンダーのビーチブレイクをクルーズ。

誰もいないブレイクを満喫。

6時半にはラウンドワン終了。

起きてすぐに海に入れるのが、サーフキャンプ最大のメリットですね。

DSC04515

フィンはキャプテンフィンの池田潤モデルをセットアップ。

伊良湖の皆様、お世話になりました。

ありがとうございました。

今日のおまけ

伊良湖岬名物の大アサリ。

P1040589

食べる前までは、観光客向けの食べ物かと思っていましたが、

今回の旅で食した物のなかで、ナンバーワンのお味でした。

P1040588

大アサリ屋さんで食べた、昭和を感じる、醤油ラーメン。

シンプルな、潔さを感じるお味でした。

都心では、すでに食べることができないこだわりとは、

対極にあるシンプルの極み味でした。

ごちそうさま。

以上

それではまた明日。

おやすみなさい。

ハッピーキャンパー生活

ここ数日間はハッピーキャンパー生活でした。
私のビーチハウスはこんな感じでした。
先ほど無事帰還。
これからブログアップします。
よろしくお願いいたします。
P1040627

ビール二杯で接続確保/台風スウェルを某所にてキャッチ

やっとのビール二杯と交換で、マックと回線を借りることができました。

それでは、渥美半島某所の日曜日の様子です。

P1040569

伊良湖岬灯台。

クラッシックで美しいフォルムです。

昨日の夕方から、台風のスウェルが入ってきました。

P1040554

日本では希なレフトハンダーのポイントブレイクを満喫。

P1040577

キャンバスでサーフして、沢山の皆様とトークセッション。

最高なサーフセッションでした。ありがとうございます。

P1040518

赤羽根ビーチから望む、美しい夕焼け。こちらは土曜日の画像。

P1040503

そしてランチはお約束の大松屋。

大盛り天丼です。

取り急ぎ短いですが、ご報告まで。

それではまた明日。

日本

携帯電話よりお知らせ


昨日より、伊良湖で、コンテスト観戦中。
接続ポイントがないため、本日のブログアップできません。
現在、ブログアップ方法を模索中。
田原まで行かないと、ネット環境はないそうです。
もしかすると、本日はブログアップ不可能かもしれません。
取り急ぎご連絡まで。
よろしくお願いいたします。

再び移動日/ハワイアン通常食/ナキサーフショールーム

再び移動日です。

今日は伊良湖ロングボードクラッシック観戦に行ってきます。

詳しい内容は、明日アップしますので、どうぞお楽しみに。

それではハワイの最終日から東京までの思い出です。

ハワイでの最後のミールは、空港そばのバイロンズ。

空港そばの、工業地帯のワーカー達にも大人気の、

朝食、昼食、夕食スポットです。

P1040444

ロケーションは、高速の下の道から、空港に曲がる角にあります。

到着後の朝飯、出発前の朝飯にぴったりのドライブインです。

P1040449

メニューは豊富で、このような感じでオーダー。

P1040451

日本の食堂とほとんど同じ味の、ビーフカレープレート。(ミニサイズ)

P1040458

ロコモコ(ミニサイズ)

御飯、パテ、目玉焼き、ちょっと白いグレービーソースとマカロニサラダの、

基本を守ったハワイアントラディションです。

P1040460

無事定刻に、空港に到着。

チェックインをすませて、空港をクルーズ。

定刻に機上の人となりました。

P1040470

機内食は、カルアピッグカレー。またしてもカレーをピックアップ。

味は流石のJALクオリティー。美味しゅうございました。

P1040475

無事到着。

新島からハワイまで、ほぼ2週間、旅を共にした吉川佑二プロ。

お疲れさまでした。

P1040478

帰りがけに、ナキサーフショールームに行き、みんなと久々の再会。

P1040480

サーフボードもチェック。

CANVASサーフボードも今なら、レンタル可能ですよ。

P1040482

今日も、ナキサーフショールームは通常営業しております。

東京原宿にお越しの際には、ぜひお立ちよりください。

それでは良い週末を。

フィンボックス用フィン/ビンテージコレクション/ハワイの思い出

昨夜無事に帰国しました。

本日はビデオの取り込み作業、その他雑用に追われています。

今日は、久々にハードグッズの情報、フィンボックス用のフィンについてです。

サーフボードを買うと、基本的はフィンが付属します。

その付属するフィンが、基本となるフィンです。

まずは、フィンをフィンボックスの前側にセットアップしてみましょう。

フィンを前側にセットアップすると、回転性が良くなります。

次に、フィンをフィンボックスの後ろにセットアップしてみましょう。

フィンを後ろにセットアップすると、直進性が増し、ドライブの効いたターンが、

可能になります。

フィンのサイズの基本的な概念としては、

フィンを小さくすると、ルースになります。(回転性が良くなる)

フィンを大きくすると、スティッフになります。(直進性が良くなる)

これらの基本を踏まえて、フィンのセットアップを、

いろいろと、試してみると良いでしょう。

それでは、比較的簡単に手に入る、リプレスメント用のフィンのご紹介です。

ボードはCANVASサーフボードのミニノーズライダーです。

P1040485

基本的な、センターボックス用のグラスファイバーフィン。

サイズは5、5インチの小さいタイプです。

このようなフィンをボックスの後ろにセットアップして、

大きめのサイドフィンをつけると、トライフィンと同じような乗り味になります。

P1040488

fcsから発売中のフィンアダプター。

ちょっとこれも便利な商品です。

P1040490

そしてナキ氏絶賛中のプロテックのジェリーフィン。

柔らかくて、安全なフィンです。

このフィンはディノ・ミランダが好んで使っているフィンで、ウィップを利用して、

テールスリーシックスティーターンをやるのにも適しています。

私はキャッチサーフで主に使用しています。

フィンを変えるだけで、サーフボードの特性は大きく変わるので、

自分なりの、セットアップで、自由に楽しんでいただければ幸いです。

明日からは連休でいろいろなイベントあると思います。

皆さん、事故の無いようにお楽しみください。

今日のおまけはハワイの思い出です。

P1040416

60年代製、サーフボードハワイのレーシングパドルボード。

今のボードと比べてもそれほど遜色ない完成度です。

素晴らしいです。

P1040417

左がバルサのガンと右はシモンズでしょうか?

これらのボードはアラモアナセンターの、

レインスプーナーにさりげなく展示されています。

P1040410

ランチはカネオヘズボストンスタイルピザ。

P1040415

これで一人前を半分ずつシェアした量です。

ハワイの食べ物は、基本的になんでも、巨大です。

P1040421

ミドルサイズのサウススウェルの入ったワイキキクヒオビーチ。

P1040428

夕方のサーフセッション後は、ビールを持ってホテルのジャクジーで、

クールダウン。

さて、秋の連休スタートです。

皆様、事故の無いよう思いっきり秋の行楽をお楽しみください。

それでは、良い週末を。

Mr.Handgun/Fly back home/機上の人

アロハ

フロム

機上

今日は移動日です。

移動中ですが、昨日予告したハンドガンのレポートです。

P1040388

ハンドガンは、手につける小さなサーフボードのような物です。

必ず、スイムフィンをつけて使用します。

私の使用しているハンドガンはレイウォーターマンフォーム製です。

フィンはゼベックを愛用しています。

DSC03756

用意して頂くのはいたってシンプルな道具だけです。

ハブスのサーフシャツ。

ハブスのトランクス。

ハンドガンとスイムフィン。

DSC03921

ワイキキ・ウォールズ全景です。

パイポボードやボディーサーフィンのクラッシックスポットです。

DSC03766

海の中ではこのような感じになります。

DSC03771

パドルアウトはこんな感じ。

DSC03877

波は、堤防の真ん前。

ごりごりに浅いリーフブレイクです。

DSC03841

テイクオフはこんな感じ。

DSC03849

ポケットに入ったら、左手でラインをコントロール。

奇麗なボトムラインとチャンネルボトムのおかげで、素晴らしい揚力を、

得ることができます。

DSC03913

良い波に数本乗って大満足。

DSC03907

クラッシックなプライウッド製パイポボード発見。

ハワイアントラディショナルです。

以上ハンドガンレポートでした。

それではまた明日。

良い1日を御過ごしください。

A tales of Amami」 episode11/Naki and friendsファンサーフ編


ナキサーフクルーが、奄美大島を訪れるサーフィン旅物語エピソード11。
A tales of Amami」 episode11/Naki and friendsファンサーフ編
copyright by nakisurf.com

day off/free surf session/今日のカイ様/ハンドガン予告編

アロハ

フロム

ハワイ

4日間のサーフキャンプも無事に終了して、本日は自由行動日でした。

忙しい日が続いていましたが、今日は初のフリーサーフセッション。

現在、通常では火曜日アップの動画アップ作業していますが、

ちょっと回線がおそいようで、上手くアップデイトできません。

少々お待ちください。

P1040375

今回のサーフキャンプのヘッドクォーターはパシフィックビーチホテル。

10フィートのボードまでエレベーターに入るのでサーファーにお薦めのホテルです。

ワイキキ・クヒオビーチまで歩いて1分。最高なロケーションです。

祐二プロも初の休日を、リラックスムードでサウスショアの波をエンジョイ。

P1040377

サーフバディーはマイク・シモオカ氏。

ジョン・シモオカ氏のお父上です。

P1040380

そして、ファーマーワールドチャンプのディノ・ミランダ氏と、

ワイメアライダーのルイ・フェレラ氏。

ハイタイドのベイビークイーンズで楽しいセッションをしてきました。

DSC03926

休日のおやつは、スタインラガーとスパムムスビ。

ジャンクですが、ハワイで食べると、格別に美味しいです。

DSC04028

今日のカイ様。

ストレートアップオフザトップ。

流石、世界ランキング2位です。

ひと味違います。

DSC04143

サンセットタイムまで、フォトセッション。

P1040400

ワイキキ、クヒオビーチの有名なサンセット。

今日のおまけ。

レイウォーターマンフォーム社製のハンドガンを用いて、

ワイキキ・ウォールズでサーフしてきました。

詳しくは、明日のブログでアップ予定です。

DSC03753

どうぞお楽しみに。

それではまた明日。

明日は移動日となりますので、ブログのアップが送れるかもしれません。

あしからず。

よろしくお願いいたします。

それでは

Have a nice day!!

ウォークオンウォーター・ノーズライドコンテスト/B.B.Q.

サーフガラージサーフキャンプ最終日。

P1040286

キャンプ参加者全員で、

ウォークオンウォーター・ノーズライドコンテストに出場してきました。

P1040273

サーフガラージAティーム。

カイ・サラス、マイク・シモオカ、ジョイ・モナハン、とおるさん、アーサーの面々。

予選をトップ通過して決勝進出。決勝は惜しくも準優勝。

P1040282

タカヤマさんとも再会。

P1040265

ボンガ率いるチームはコスチューム入り。

P1040277

ティーム戦優勝のドリフトサーフティームの喜納元輝。

P1040315

日本でもおなじみの、ラムラッド・カシワムラが激戦を制して、個人優勝。

足骨折しています。すごいです。

P1040300

ランチはビーチスタンドのチキンカツ。ソースが日本風味です。

お味は美味しかったですが、8ドルはちょっと高いかな。

昔とは物価が、ちょっと違いますね。日本よりもお弁当類はちょっとお高いですね。

P1040196

キャンプ参加者のOさん着用のサーフガラージ×ハブスのビンテージコラボシャツ。

クール。

P1040335

そして、夕方からはカピオラニパークにてB.B.Q。

P1040324

キャンプ参加者の皆様に各種表彰とプレゼント贈呈式。

サーフガラージオハナの最高なホスピタリティーでした。

P1040332

楽しい時間はあっというまに過ぎていきました。

P1040371

暗くなる頃にはこんな感じになりました。

ハワイの皆様、キャンプに参加していただいた皆様、ありがとうございます。

いままで、関わったサーフキャンプの中で、ダントツのクオリティーを誇る、

超最高な、サーフキャンプでした。

映像は不肖私、池田潤が撮影。スチールはポール・テルヤが担当しました。

その他、沢山のTシャツ、サーフィングッズなどのお土産だけでも十二分に価値の、

価値あるイベントとなりました。次回は来年の開催を予定しているようなので、

サーフガラージのホームページでチェックしてみてください。

よろしくお願いいたします。

そして今日のおまけです。

グリーンルームギャラリーではタウンのエキジビション開催中。

P1040306

もちろん原画も販売中。

P1040302

そして、ナキ氏のオリジナルプリントも、小さいものから、大きいものまで、

各種取り揃っております。

ハワイにお寄りの際は、ぜひお土産にどうぞ。

それでは、明日がハワイ最終日となります。

それではまた明日。

サーフキャンプディ3/サウススウェル/オノリシャス

サーフキャンプ3日目。

サウススウェルがカミングアップ。

P1040234

クイーンズの美しいラインナップ。

土曜日よりノーズライディングコンテストがスタート。

P1040220

今日も、トロピカルハワイアンディ。

P1040208

大会会場ではドナルド御大とグレゴリー・ボンガ・パーキンス氏と再会。

P1040207

サンタクロースサーファーでおなじみのサム・ロドリゲスさんと、

ランス・ホッカノ隊長とも久々の再会。

P1040209

吉川祐二氏、未確認浮遊物体を発見。

P1040218

私は、一日中ビデオ撮影仕事でした。

P1040225

午前中の仕事場所はこちらのジェティーの上。

P1040227

恒例のランチは醤油チキン、マカロニサラダ付きのハワイアンテイスト和食弁当。

P1040146

サイドストリートカフェのフライドライス。

サイドストリートカフェのカパフル店にウェルカムディナーにご招待いただきました。

P1040145

肉料理に定評のある同店ですが、ハワイの基本的アペタイザー、ポキも美味しいです。

P1040136

ビールグラスがレストランのオーナーがモチーフになっていて、なかなかいい味を、

出してます。私のチョイスしたビールはサミエルアダムスのタップ。

素晴らしいお味です。

とおるさんごちそうさまでした。

P1040254

サーフキャンプに参加者のS氏の背中にはバブスの静波限定の、

レアものプリントTシャツ。

本日のおまけ

先ほどグリーンルームギャラリーにいってきて、チェックしたところ、

キャンバスのパラシュート6’12まだ店頭にあります。

ハワイにいる人はお急ぎください。

Christian-the-butter-zone-700-2

こちらは、CANVASサーフボードテスト用のサンプルボードとクリスチャン・ワック氏。

楽しみですね。

ニューモデル。

本日のおまけはこれにて終了。

キャンプは4日間で、まもなく終了です。

それでは、今日もブログチェックありがとうございました。

それでは、良い1日を。

また明日。

サーフキャンプ2日目/BENTO

サーフキャンプ2日目。

2日目はダイアモンドヘッドのモーニングセッションからスタート

P1040163

DH

P1040164

ビーチまで降りていくトラック。

サーフガラージのダニエル氏とガールフレンド。

P1040168

今日のカイ様。

P1040171

イッツトロピカルハワイアンディ

P1040183

ロングボードのある風景。

P1040180

ビデオクリニック&ランチ

P1040185

ハブス×サーフガラージコラボレーションビンテージTシャツ

P1040175

アリゾナグリーンティーウィズジンセン&ハニー 680ml缶。

P1040179

ランチはベントーボックス。

フライドチキンが絶品。

今日も1日、ビデオの撮影です。

土曜日より、ノーズライディングイベントもワイキキでスタートしました。

詳しいレポートは明日アップ予定です。

おかずや/ダイアモンドヘッド/今日のカイ様/ハワイのキャンバス

昨日よりワイキキ滞在中です。

昨日より、サーフキャンプのスケジュールday1も、予定通りスタートしました。

それでは、軽く昨日の模様をアップ。

P1040121

ランチは、サーフガラージお隣のおかず屋さんからテイクアウト。

ハワイの日本食は基本甘めの味付けです。

P1040123

ワイキキのカヌーズの波は、ちょっと残念なフラットから膝。

P1040129

いつの時代もサーファーを快く迎えてくれる、ダイアモンドヘッド。

P1040132

サーフキャンプのチーフコーチは、世界ランキング第二位のカイ・サラス様。

某所にて、軽く顔合わせセッションしてから、ウェルカムディナーで、

昨日のミッションは終了。

ディナー終了後は軽く街をクルーズ。

グリーンルームギャラリー発見

P1040151

カラカウア沿い、モアナサーフライダー向かいなのですぐに発見できるはずです。

P1040153

こちらでも、ナキサーフの商品買う事ができます。

超レアなのCANVASサーフボード6’12のサイドバイト付きストックボード発見。

欲しい人なら、即買いの一本ですね。

ハワイにいる方は、お急ぎください。

One heart_2009_EDGED_V9348

Plumeria 2010 edged

もちろんナキ氏の美しい写真も購入可能。

P1040160

最後にアンクル・デュークと記念撮影してday1ミッション終了です。

本日のいでたちは、超レアもの、参加者限定のサーフガラージのキャンプ記念Tシャツです。

それでは、今日からサーフキャンプ本格始動です。

行ってきます。

皆様も良い1日を。

それではまた明日。

憧れのハワイ航路/サーフガラージ到着/83年ノースショア

憧れのハワイ航路。



成田からホノルルに移動開始。



空港にて吉川祐二、スタッフ、キャンプ参加メンバーと合流。



Eチケットで簡単チェックイン。



ボーディングまでの時間を、回転寿司に行ったり、免税店をクルージング。



軽くビールも飲んで、リラックス。



そして、JALウェイズ076は定刻通り、ホノルル国際航空に離陸むけて離陸。





IMAG0502

こちらが今回の旅のバディーの吉川祐二氏。

こちらは成田の免税店前。

IMAG0520

日本時間の早朝、ホノルルに到着。朝日で、バックライトになっています。

IMAG0538

早速、今回のミッションのミーティングの為、サウスキングストリートの、

サーフガラージに集合。

IMAG0537

良いものだけを世界から。

素晴らしいサーフボードのラインナップです。

IMAG0542

今回のイベントでお世話になる、サーフガラージ主宰の山口とおる氏。

今週のブログはハワイより、お届けします。

今日のおまけは、83年冬のチャンズでの不肖池田潤です。

ボードは6’5のベティーズ。

ウエットはピンク。トランクスは牛柄ですね。

80’sです。

P1040114

取り急ぎ、無事到着の連絡でした。

それではまた。

円高今が買い時間違い無し/スマイルサーフ/憧れのハワイ航路

アロハ

今日から出張です。

しかし、ものすごい円高水準におどろいています。

100ドル両替しても、8300円ですよ。

ナキサーフで、例えば、1000ドルで家まで届けてくれる、超一級品サーフボードを買うと、

なんと83000円です。

すごいですね。

海外でのお買い物、海外からのお買い物は今が大チャンスです。

私のおすすめはもちろんキャンバスのミニノーズライダー。

ロンガーには6’12、ショーターには5’12をおすすめしております。

CW-photo-8b

ナキサーフホームページからストックリストもチェックできます。

DSC08745

こちらは、5’12でのノーズライディングの様子。

昨日のブログはテイルサーフィンだったので、今日はノーズライディングです。

短いボードなら簡単にノーズに足が掛かるので、今までノーズに足がわずかに、

届かなかった人も簡単にチータファイブがメイクでできるはずです。

DSC08791

私の愛用ボードのグラフィックはこんな感じです。

CANVASサーフボード見て楽しい、乗って楽しいサーフボードです。

台風もつうかして、一気に秋がおとずれて、海も夏の喧噪が終わり、静かな普段の、

姿をとりもどしていくはずです。

そろそろ、ウエットスーツの準備、ブーツ、グローブ、キャップ、インナー等の、

アクセサリー類も、早めに準備すると、ご希望のサイズや色を選ぶことができます。

アクセサリーはサーフ8がおすすめです。

最高品質でまもなくナキサーフでも商品でそろってくるはずです。

暑さ寒さも彼岸までとは、いいますがもうすぐ本格的な秋の訪れです。

Library - 2958

Photo by Bill Parr @ fiji

人が少なくなり、波に沢山乗れるシーズンの到来です。

サーフィンは楽しむ事が一番です。

そして頑張りすぎないでいきましょう。

簡単に波に入れるサーフボードを選びましょう。

自然と笑顔がこぼれるのが最高です。

これからのシーズンは人のいない場所をサーチするのがおすすめです。

寒い時には北に進路を取れば、人が少なくなります。

人の居ないポイントをサーチするのには、これからがベストなシーズンです。

まだまだ水温は下がりません。

11月末ぐらいまでが、静かなサーフポイントを探すのに絶好な季節です。

皆さんも、サーフバディーと良い波に乗ってくださいね。

P1040113

photo by ポール・ゴルディーニョ・コーヘン

こちらは、83年の冬の波。

19歳、青春まっただ中です。

この時代は、1ドル=220円ぐらいでした。そんな時代にハワイに行かせてくれた、

関係者、両親、スポンサーに感謝です。

場所はサンセットビーチ。ボードはブリュワー/チャップマンの7’2ぐらい。

ライダー不肖池田潤。ピンクのウエットスーツに牛柄のトランクスです。

ゴミはゴミ箱に、サーファーはハワイへですね。

今日から、運良くハワイ出張です。

それでは、ハワイからもブログアップしますので、お楽しみに。

それではまた明日。

all right.

キャンバスサーフボードストック/週末の思い出/バンカーポイント

アロハ

久々に雨の東京です。

最高気温も久々に、30°を下回る模様です。

台風が恵みの雨をもたらしてくれました。

恵みの雨と恵みのスウェルだけを送ってくれることを願います。

もちろん、調子の良いバックスウェルももたらしてくれれば最高ですね。

Canvas Header Colorful

ニューモデルの登場で話題のキャンバスサーフボードですが、

まだまだ一番人気はCANVASサーフボードのMini Noserider (Parachute)です。

DSC01551

こちらの写真が5’12。

DSC02834

こちらは6’12。

現在、ナキサーフではストックボードをオーダー中!

ご注文はナキサーフオンラインショップからぜひ。

さらにお問い合わせはショップメールまでお気軽にどうぞ。

最高のユーティリティーサーフボードですよ。

お試しプログラムも引き続きやっております。

詳しくは下記をクリック。

http://www.nakisurf.com/campaign/campaign26.html

img01a

よろしくお願いいたします。

ここからは、週末の思い出最終編。

DSC02044

ハブスのティーシャツにエトニーズの靴を履いて軽くスケートボード。

DSC02061

一人の寂しいセッション。

サーフィン、音楽、スケートボードは2人以上でのセッションが基本です。

なにごともセッションにならないと、盛り上がりませんね。

この写真で気がついたのですが、まさに、

ナチュラルな山伏カットa.k.a.ヘリパッドですね。

残念賞。

次回は帽子かぶりますね。

金も要らなきゃ、女も要らねー、私しゃもすこし、毛が欲しい。

お粗末。

DSC02300

新島の海は、まだまだ夏でした。

やっぱり新島は最高です。

DSC02081

サーフ、スケート、ダイビングセッションのあとは、イタリアンの微発泡赤ワインを、

冷やしていただきました。師匠、先生、ごちそうさまでした。

DSC03624

大会で勝者に渡された特別製のトロフィー。

すばらしいです。

これなら、トム先生やロブ先生もお庭にトロフィーを、

放置する事無く飾ってくれるはずです。

P1030979

急なお知らせですが、明日から約一週間ハワイ、オアフ島で行われる、

サーフガラージのサーフキャンプのお手伝いに行ってきます。

ルームメイトはまたしても、吉川祐二氏です。

久々のサウスショアなので楽しみです。

ハワイからも、ブログアップしますのでどうぞお楽しみに。

P1040059

今日最後に写真は、一昨日昼頃のバンカーポイントa.k.a.キンチャンズの

空からのウネリが入った珍しい画像です。

こちらも、岬にそって崩れる数少ない、ポイントウェーブのサーフスポットです。

今日もブログをチェックしていただき、ありがとうございます。

それでは良い1日を。

また明日。