ポーズorファンクショナル

アロハ

今日は、冬らしく素晴らしい富士山を鑑賞しながらの、

サーフセッションとなりました。



昨日の西風の名残の波に乗ってきました。



CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)の、

素晴らしい造形美。

クラッシックノーズライダーは、ノーズライディングでの機能を、

最大限に実現する為に、このような複雑で美しいカーブ、

(ロッカーと、コンケーブ、50/50レール)の、

コンビネーションとなっております。

これは、サーフボードの機能美ですね。

そして、



マタドールスタイル(闘牛士)で、ボトムターン。

体を反らすことで、つま先に強く加重して、

9’11の長いボードでも、軽々ターンする事ができるのです。

これは、ターンのファンクション。



ドロップニーカットバックは、テールを急激に沈めるのに、

有効な動きです。

全ての事には意味がある(©デフテック)のです。

サーフボードのデザインしかり、

ロングボードの上での体の使い方、しかりです。

今日は機能美とファンクショナルについてのお話でした。



明日から2月ですね。

先週ぐらいから、日差しが強くなってきて、

人々も、活動的になり、海も多くのサーファーで、

賑わいをみせています。

もうすぐ春ですね。(©キャンディーズ)



今週、新しいウエットスーツも到着予定です。

新しいウエットスーツ完成したら、

どこかに撮影プチトリップに行く計画中です。

さてどこにいきましょうか?。

あれこれと、考える時間も楽しいのです。



それでは、暖かな日差しと、

すばらし波に思いを寄せつつ、

本日はこの辺で失礼いたします。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

冬型の西風からのプレゼント/意外に春が旬の食べ物

アロハ

フロム

西風の恵み波の上です。

今日は、冬型の西風がもたらしてくれた波のおかげで、

楽しいサーフセッションをして参りました。

今日は、マイクイバーから、

CANVASサーフボードThe Butter Zoneをチョイス。



新しいサーフ8のブーツにも、完全になれました。

ブーツのおかげで、身体を冷やす事なく、冬でも快適に、

サーフィンできております。

ワックスうす塗りでも、グリップが良いところも、

ブーツ着用の良いところですね。



ショートレンジのターン。



The Butter Zone5’4でチータファイブ。

ノーズもいけます。

こんな、感じで冬の海を満喫中です。



今日のおまけ

今日のおまけは、マグロのポキ。

ポキといえば、ハワイの料理です。

ハワイでは、マウイオニオンと呼ばれる、

マウイ産の新タマネギを使うと美味しくできるそうです。

日本でも、新タマネギの季節がやってきました。

新タマネギとマグロを合わせたポキです。

通常、海藻はうごを使用しますが、

春らしく、新ものの「めかぶ」を使用した一品。

素晴らしいお味でした。



ハワイアンソルト、チリペッパー、セサミオイルであえてあります。

そして2品めは、たこポキ。



こちらも、新タマネギの甘みとたこの相性最高でした。

ごちそうさまでした。



明日も、西風の波は続く見込み?

沖で西風、岸で北風を願いつつ、

今日はこの辺で失礼いたします。

それでは、また明日。

Off the bottom

アロハ フロム ボトムです。
CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12での、

ボトムターンです。


キャンバスサーフボードの最新情報は、

ナキサーフスタッフブログ下記をクリック。


キャンバスサーフボード主宰、クリスチャンワックの素晴らしい、

ライディングがご覧頂けます。


カリフォルニアのポイントブレイクでも、

ノースハワイの冬の波でも、

日本のビーチブレイクでも性能はお墨付きです。


もしも、旅等で、一本しかサーフボードを持って行くことが、

出来ない場合等にも最適なボードです。



CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)は、

オフショアでも、オンショアでも、

ビーチブレイクでも、ポイントブレイクでも、
素早いテイクオフから、

ターンも、ノーズライドも楽しめる、

ユーティリティーサーフボードなのです。


ユーティリティーとは、(Utility)は英単語で、

「役に立つもの」「有用性」『有効」などの意味。


CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)は、まさに、

ユーティリティーサーフボードと呼ぶにふさわしい一本です。


明日も、冬型天気図で波のほうも、多少ですが期待できそうな感じです。

免疫力を下げないように、身体を冷やさないようにお過ごしください。

それでは、良い週末をお過ごしください。

それでは、また明日。

Have a nice weekend!

アロハ

フロム

ロータイドの相模湾某所です。

今日も、引き潮狙いで、ファンサーフでゲットウエット。

画像は昨日のサンセットタイム。



夜の帳か?

ファイナルステージの緞帳か?



不思議な空でした。



今日は無風なナイスなサンセット。



今日も最高な、サンセットタイムを、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)で、

ティップタイムを満喫してきました。

それでは、良い週末をお過ごしください。

それでは、また明日。

ハッピーロングボードディ

アロハ

今日は、トイカメラ風なワイドアングルをデジカメに装着して、

フィッシュアイフォトをアップです。



今日は、早めにビデオ編集仕事を片付けて、

午後3時ごろより、湘南の某所でゲットウエット。

気持ちよくCANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)で、

サーフィンしてまいりました。



オモチャのカメラが生む偶然。

鳩君ナイスタイミングです。



今日はサーフ8のサンプルのヘッドキャップをテスト。

サーファーズイヤーの予防ににもなりますし、冬はできるだけキャップ愛用中。



クリスチャン・ワックによるアートワーク。

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)、

乗り味も最高です。



キャプテンフィン池田潤モデルフィンはミー石井画伯による書き下ろし。

新年の挨拶のご贈答品としてもお薦めです。



素晴らしいサンセットタイムをエンジョイしてきました。



今日はめずらしいバックハンドのシークエンスをポストしておきますね。

使用ボードは、CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12。

写真撮影/吉川竜二氏









ちょっとダンパー気味の速いブレイクでのローラーコースターでした。



最近は潮の満ち引きに、春を感じております。

昼間の時間に、潮が引くようになってきましたね。

リーフでは海藻も生い茂ってきました。

陸では梅の花も綻んできているようです。

もうすぐ春ですね。

水温はまだまだ低いですが、昼間の時間が伸びて、

昼間の日差しも、強くなってきている感じがするのは、

私だけでしょうか?

そんな訳で、なんだかウキウキする今日この頃です。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

それでは、また明日。

屈伸運動/加速はダウンザラインにより生まれる/OFF THE LIPとRIPの意味

アロハ

フロム

サーフボードの上で屈伸運動中です。



今日は、サーフボードの上での屈伸運動についてです考えてみましょう。



屈伸とは、曲げたり伸ばしたりする事。

屈んだり伸びたりする事。伸び縮み等の意味があります。

「膝を屈伸する」「屈伸運動」など良く耳にする言葉でもあります。

サーフィンでは、サーフボードを最適なポジションに導く為に、

この「屈伸運動」がとても重要な役割をします。

つまり膝関節を中心にして、足を曲げて伸ばすことで、

レールを水に出し入れして、その反発を利用して、

ダウンザラインするときに、加速を得る事ができるのです。

それでは、CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4での、

アップ&ダウンシークエンスで膝の屈伸を解説してみます。



波の中央より上にポジション。



膝を曲げて前足に加重開始。



つま先加重でダウンザライン。

この時に加速が生まれます。



曲げていた足を伸ばして、レールの反発を利用して、

ラインを、上げていきます。



シークエンス一枚目と同じ姿勢にもどりました。

ラインもハイラインに上がっています。

これが、小波でのアップ&ダウンの屈伸運動です。

屈伸運動でのボードコントロールからの、

ダウンザラインで加速を得る事ができるのです。

以上が、サーフボード上での屈伸運動のメカニクスでした。

膝を曲げるのは比較的簡単です。

反対に伸ばすことの方が、筋力も必要でコントロールも難しいです。

屈伸運動の伸びを意識すると、スムーズなアップ&ダウンが、

可能になると思います。

どうぞお試しください。



今日のおまけ。

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12での、

クローズアウトセクションフローターです。



写真撮影/吉川竜二氏

いい感じで「リップ」してますね。



サーフィン用語の和訳の不思議解明です。

今日のお題は、「リップ」です。



「彼はリップしていたよ」この場合、英語ではripを用います。

「彼はオフザリップしていたよ」この場合は、off the lipとなります。

日本語にすると、どちらも「リップ」なのですが、

英語に訳した時の、rip とlipの違いに、ご注意ください。



今日は、ちょっと硬い内容で失礼いたしました。

明日から、また冬型が強まりそうなので、

波のほうも上がってくるかもしれませんね。

それでは、波が上がることを期待しつつ、

また明日。

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5'12/フィンのお話

アロハ

フロム

サーフボードの

テール部分です。



本日お届けするのは、

フィンセットアップのお話です。

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5'12に、

サイドフィンと同等な高さのセンターフィンを装着しての、

テストの模様をお送りいたします。



センターボックス仕様の2プラス1のセットアップは、

一般的にスタビライザー(ステーブルライザー)と呼ばれています。

サイドのfcsボックスとセンターボックスのセットアップにより、

シングルフィン、ツインフィン、ツインスタビライザー、スラスター風、

シングルフィンスタビライザー、スリーフィンボンザー等の、

様々な仕様で楽しむことができます。



本日のチョイスはスラスター風セットアップ。

サイドフィンはインサイドフォイルのM5、

センターフィンは手書きアウトライン、自作フォイルのオリジナルです。

後ろまでフィンを下げてみましたが、スラスターと比べると、

サイドフィンとセンターフィンの間隔は少し狭めになっています。

この場合、ルースに感じるときは、センターフィンを少々大きい物に換えるか、

サイドフィンを片面フォイルのベーシックなタイプにすると、

直進性が増し、ドライブの効いたセットアップとなります。



フィンのセットアップで、サーフボードの特性は大きく変化します。

いろいろなフィンを用意して、自分に合ったセットアップを見つけてください。

自分の脚力やサーフィンスタイルに合った、

フィンセットアップを見つける事ができれば、

サーフィンは益々楽しくなるはずです。



それでは、本日のシークエンスはフロントサイドカットバックです。

写真撮影/吉川竜二氏



踵側レールに強く加重してカットバックに入ります。

このとき前足に加重を残すと、レール全体が入り、

スプレーが良く飛ぶ、トラックの深いターンが可能となります。



この場合は、ちょっとスラッシュバック気味に上体を、

あまり開かないでターンしています。



失速しないように、波の状態に合わせて、

ターン後半のレールワークを調整します。

以上、CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5'12を、

スラスター風にセットアップしてのフロントサイドカットバックターンでした。



癖の無いセットアップで、普段スラスターのサーフボードに乗っている人に、

特にお薦めしたいセットアップとなりました。

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5'12を愛用しているみさま、

ご購入をご検討中の皆様、2プラス1セットアップのボード愛用者のみなさま、

ご参考にしていただければ、幸いです。

それでは、また明日。

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)シークエンス/吉川竜二写真館

アロハ

フロム

またもや、ロングボードのノーズの上です。



本日は、ロングボードのノーズライディングのライン取りの解説です。

写真撮影は吉川竜二氏です。
いつも素晴らしい写真、ありがとうございます。



それでは、ノーズライドティップスの始まり始まり。

まずは、CANVASサーフボードClassic Noserider
(The Purchace Classic)を、用意して沖にラインナップ。

ノーズライドに適した波を選んでテイクオフ。



テイクオフしたら、波のポケットをキープしながら、トリミングターンして、

ノーズライディングするのに、一番適したポジションにポジショニングします。



クロスステップでノーズに移行。

ここでは、波の一番力のある部分から、ダウンザラインしていきます。



波のブレイクする、ホワイトウォーターとフェイスの際が、

波の一番力のある部分です。



左足のつま先でレールをしっかりとコントロール。

左手を使いスピードダウン。



できるだけ、波のポケットをキープするのが、

掘れた波でのノーズライドのポイントとなります。



ここから、ラインが少しずつですが上がっています。

つま先側のレールが入っていくのでノーズからもスプレーがとんでいます。



ノーズまで、レールが入っている様子がわかります。

つま先側のレールが入ると、ラインは上がっていきます。



波のトップ近くまで、ラインがあがりました。



腕のリードのよる上体の向きと、膝の屈伸でレールをコントロールします。



ノーズライドに移行したコマと比べると、ラインの違いは一目瞭然です。



進行方向の波の状態を良く見て、次のセクションに備えます。



少し上体を上げながら、ステップバックの準備段階にはいります。



インサイドの掘れた波に対応する為、素早くクロスステップでステップバック。



確実にテールまで、バックステップして、ノーズを岸に向けます。



無事、ノーズを岸に向けてクローズアウトセクションをメイクしました。



ビーチブレイクでのノーズライディングのライン取り一例でした。

ご参考にしていただければ幸いです。

波の一番掘れた部分でノーズライディングできるようになれば、

ノーズライディングの免許皆伝です。

以上、ノーズライディングティップスでした。

それでは、また明日。

リラックスウィークエンド/CANVAS The Butter Zoneカットバックシークエンス/スケートボード

アロハ

フロム

世田谷

です。

今日は、久々に海はお休みして、

溜まっていた雑用を片付けをすませてから、

近所を自転車で散策したり、リラックスした週末を過ごしております。



近所をクルーズする時に、愛用しているBMXがこちら。



USメイドのSE社製アルミのクアッドアングル。

フレームサイズが21インチ以上ある、XLサイズなので、

大人でもゆったりと乗れます。



そして、先週、新しいペダルをゲット。

シマノ社製の通称DXペダル。

基本的に自転車は、グリップとシートとペダルしか体と触れ合わないので、

ペダルは非常に重要な部品です。

こちらは、モデルチェンジをかせね、発売から30年ぐらい、

基本的な形が変わらない、ロングセラーのペダルです。

やっぱりグリップ最高で、安心感は絶大です。

新しいパーツをインストールして、気分はうきうきです。



本日は、先週のサーフセッションより、

CANVASサーフボード、The Butter Zoneカットバックシークエンスを、

お届けします。



長さ5’4のThe Butter Zone。

長さは短めですが、ストレートなアウトラインのおかげで直進性、加速性能も良好。

そしてサイズを生かし、小回りの効く所が特徴です。

バンプスカッシュテールでターンのきっかけがつかみやすく、

癖のない操作性も特筆すべき点です。

Vボトムにコンケーブが入っているので、レールの切り返しもスムーズ。



踵側のレールに加重してカットバック開始。

前足に加重を残して、ノーズ以外の、踵側レール全体を水にいれます。



波のブレイクにあわせて、ここでは強くテール足に加重して、

弧の小さなカットバックターン。

このときも、前足に十分加重を残して、後ろ足の膝を内側に入れることで、

テールにも強く加重しています。



つま先側にレールを入れ変えて、次のセクションへ進みます。



以上、

CANVASサーフボード、The Butter Zoneカットバックシークエンスでした。

約20年間に渡り、ロングボードサーフボードばかり乗っていた、

体重88キロ/45歳の不肖池田潤でも、

すいすいと乗れるのはデザインバランスが素晴らしいからです。

それだけは、間違いありません。



短いボードだと、なかなか波に入れない方、

ノーズの細いショートボードにストレスを感じている方、

癖の無いトランクボードをお探しの方は、

ぜひ一度、CANVASサーフボード、The Butter Zoneお試しください。

本当に最高なデザインのサーフボードなんですよ。



今日の夕方は、久々に駒沢公園ストリートスポーツ広場にて、

スケートボードセッション。

自転車のペダルも新調したので、自分の足下も新調しました。



エトニーズのテイラーモデル。

履き心地抜群で、グリップも良好です。



今日も、老若男女入り交じり楽しそうなセッションが、

繰り広げられておりました。



今日の〆の一枚は、レイバック。

サーフィンでやるほうが、簡単なのは私だけでしょうか???

体を開いたままで、ターンするのがこつのようですが、結構難しいです。

軽く滑って無事生還しました。



まだまだ、寒い日がつづきそうすが、体を冷やさないように心がけ、

免疫力アップにお務めください。

それでは、また明日。

CANVASサーフボード三兄弟/ノーズライドノーズライドノーズライド

アロハ

フロム

ノーズ

です。

皆さん、お元気ですか?

足の指をサーフボードのノーズにかけていますか???

今日はノーズライド特集です。



まずは、CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)9’11を、

もちいたハングファイブ。

クラッシックノーズライダーは、ノーズライドするために、

ストレートなアウトライン、広めのテールとノーズ、

エッジの無いレール、キックテール、大きめのフィン等のおかげで、

ノーズに乗っても、スピンアウトする事無く、

波の掘れるポケットをキープすることができるのです。



写真撮影/吉川竜二氏



そしてノーズライド2点めは、

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12を使用した、

チータファイブ。

後ろ足に体重を残して、波のスローなセクションでを乗り繋ぐとき等に、

有効なテクニックです。



写真撮影/加藤忠雄氏



そして3点めは、CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4で、

ブレイクする波の下の斜面のスープを抜けながら、チーターファイブ。

トランクボードでも、もちろんノーズライドは可能です。



以上、

キャンバスサーフボード3兄弟のノーズライドでした。



なぜノーズに足をかけるのか?

気持ちいいから?

格好いいから?

難しいから?



なんででしょうか?



たぶん、正解も不正解もありません。



深い事は考えないで、ノーズに足の指をかけてみてください。

ちなみに、私は楽しい気分になり、掘れ掘れセクションをメイクすると、

誇らしい気分にもなります。



今日は、ノーズライドの薦めでした。

T

ノーズライドするときは、安定するフィンセットアップがお薦めです。



そして、掘れたセクションではこんな事になることもあります。

スッテンコロリン。

名付けて、トリプルユーワイプアウトといった感じでしょうか。

ワイプアウトしないと、上達はありえません。

ノーペイン、ノーゲインです。

しかし水深の浅いサンドバーやリーフにはご注意くださいね。

安全第一でいきましょう。

それでは、良いノーズライド週末をおすごしください。

それでは、また明日。

アロハフライディ@房総半島

アロハ

フロム

千葉です。



アクアラインから千葉を望むと、北風が強めに吹いていました。



海ほたるの穴場、一階にある立ち食いそばや。

今日は、鴨南蛮をいただきました。

冬らしい一品です。



一路、御宿シューツに到着。

サーフ8がラインナップ。



そしてビーチでは、着替え途中に、ユージン氏と再会。

サーフ8のハイテクポンチョで着替え中。

スプリットソールのブーツは、ひっくり返して乾かせる機能が良いですよ。



時系列が前後しますが、海に行く前に、シューツ/吉川竜二プロに、サンダー、ベイビーサンダー、

ジグソー、サンドペーパー等々を借りて、フィンをリシェイプ。



今日は、トライフィンライクなセットアップで、

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)をテスト。



写真撮影は、シューツの吉川竜二氏。

http://surfshoots.blogspot.com/



掘れ掘れのビーチブレイクで新しいフィンをセットアップしてクルージング。



お昼からサンセットまで、最高な時間を過ごしてきました。

ローカルの皆様ありがとうございまました。



うがい、手洗いを励行して、インフルエンザと風邪の予防に努めましょう。

それではまた明日。

都電荒川線/ストーブリーグ/TRUE BLUE/サーフ8/Mini Noserider (Parachute)

アロハ

フロム

都電荒川線、

大塚周辺を、

散策中です。



都内に唯一残っている都電ですね。

なぜだか、最近乗り物ネタが多いですね。



今日は、長年ウエットスーツでお世話になっている、

サングロウ社でミーティングしてきました。

本日のミーティングにて、いろいろと新しい展開がスタートです。

私、不肖池田潤、ウエットスーツのスポンサー移籍が決定いたしました。



私が、今月から着るウエットスーツは、サングロウ社の

ニューブランド「TRUE BLUE」となります。

不肖池田潤ともども、よろしくお願いいたします。

発売時期、販売店等の詳しい情報はわかり次第アップ予定です。

少々お待ちください。

ボディーサーファー、ショートボード、ロングボード、

スタンドアップパドラーまで全てのサーフィンを快適に楽しめる、

オルタネーティブウェットスーツです。

サングロウ社の長年の経験をもとに、製造されるので、

着心地、温かさは間違いありません。



そして、ウエットスーツ小物、アクセサリーは引き続き「サーフ8」です。

発売当初より、快適なサーフィンをするための、ブーツやアンダー、ヘッドキャップ、

等々の開発のお手伝いもしております。

サーフ8のほうも、不肖池田潤共々、よろしくお願いいたします。

ちなみに、写真は先週末のサンセットサーフの模様。

気温5度ぐらい、ヘッドキャップ、ブーツ、アンダー、グローブ等の、

テスト中の模様です。



そして今日の秀作ランチ。



潔い逸品、ネギ蕎麦です。

具は鴨の脂で炒めたネギのみ。

シンプルながら、冬に最適な一杯でした。



そして、一昨日のセッションの別カット写真です。



写真撮影 酒井いちろう氏/http://starb.on.coocan.jp/



CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)、5’12です。

ノーズライディングはもちろんですが、テールでも楽しくターンできる、

最高なボードなのです。

酒井さん、いつもありがとうございます。



千葉には東ウネリが気になります。ハッピーフライディーサーフか???

それともビデオ編集仕事か???

どうする俺?

それでは、また明日。

カーウォッシュ/CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)/タイヤ交換

アロハ

フロム

洗車場です。

久々に、私のサーフビークル、

ミッション5速、四輪ディスクブレーキ、1300CC、

バケットシートの、ワンメイクレース仕様、A.K.A.サーフィン仕様、

マーチ号を洗車してきました。



すっきり爽やかコカコーラな気分です。



そして昨日のサーフセッションは、久々なウィーク波に対して、

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)出動です。

サーフィン写真提供/加藤忠雄氏

加藤さんありがとうございます。



Mini Noserider (Parachute)は、

最近乗っている、Hot TubやThe Butter Zoneと比べると、

全体的な浮力もあり、シングルコンケーブのおかげで、

テイクオフは楽々で、最高に楽しいサーフセッションとなりました。



もちろん、お得意のチーターファイブもメイク。



バックハンドもこの通り。



ショートレンジのスラッシュバックも絶好調でした。

Mini Noserider (Parachute)、小波では、ロングボードと引けを取らないぐらい、

最高なボードであることを再認識したセッションとなりました。

良いボードがあるとサーフィンは、よりいっそう楽しくなるようです。



本日は終日ビデオの編集仕事でした。

休憩時間には、ちょっとバイクの整備です。

噂によると、最近はオールドBMXが密かな大人の楽しみとなっているようですね。

私も、BMXいじり大好きです。



今日は、24インチのタイヤ交換。

TIOGAのタイアをインストール。

リムはブレーキの良く効くARAYAのメッキリム。

ハブはスズエのトラックハブ。

ちなみに工具は、シアーズで買える、

全くマニアックでは無い、クラフトマンを昭和の時代より愛用。



クランクは超マニアックな、プロファイルGT。

もちろん、フレーム、ハンドル、ステム、ヘッドセット、ステム、ペダルも、

GT社アメリカ製ビンテージです。

(失礼、ペダルとヘッドセットと、ステムは多分日本製ですね。)



ちょっとマニアックで失礼いたしました。

とりあえず、BMXのタイア交換報告でした。



以前は、今年の、流行等を予測しておりましたが、

今年の、流行キーワードは、オールドBMXでいかがでしょうか?????

靴はアメリカ製バンズ、ボトムはあかみみ501、

トップはポケットTシャツまたはベースボールシャツ、

ポケットにはグッディーのくし、べルクロ付きの財布、

もちろん時計はボーイズのセイコーダイバーズに、べルクロベルトでお願いします。

髪の毛はもちろん茶碗カットのサーファー仕様と髭できまりですね。

お出かけの際は、ファーラーのポップサックに、アディダスのタバコか、

トップサイダーかクラークスワラビーでお願いします。



話しがどんどんと、それてきたので、本日はこれにて終了。

それでは、また明日。

CANVASサーフボードThe Butter Zone/フロントサイドカットバックシークエンス

アロハ

フロム

今日も、

冬らしい、

晴天に、

恵まれた、

東京です。



本日は、PHOTO by TADAO KATO/http://yaplog.jp/tadaochan/氏の、

に撮っていただいた、フロントサイドカットバックの、

シークエンス写真です。

CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4の長さにも、

だんだんと慣れてまいりました。

先週とくらべると、少しはボードを傾けてターンできるようになってきました。

それでは、ご覧ください。





風が入ってちょっとダブルアップしている波。



ダブルアップしている、段の下からターン開始。

ここでしっかりと前足に加重を残すのがポイントです。



ちょっとフラットに返していますが、スプレーは上出来。



以上、

フロントサイドカットバックシークエンス

by TADAO KATO/http://yaplog.jp/tadaochan/氏でした。



加藤さん、いつも素晴らしい写真ありがとうございます。



CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4、絶好調です。

家族みんなで楽しめるミニボードです。

本当、最高ですよ。

それでは、また明日。

テールストール/クアッドフィンセットアップ完了/初泳ぎ/高橋接骨院

アロハ

フロム

房総半島ー湘南ー豪徳寺

です。

週末は、今年一番の寒波到来で沖で吹く西風の影響で、

波にも恵まれました。

私も久々にサーフィン三昧のウィークエンドを過ごしておりました。

CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4から、

9’11のClassic Noserider (The Purchace Classic)まで、

いろいろなサーフボードに乗って楽しんで参りました。

そして、波にも恵まれたので、クアッドフィンのテストも無事完了しました。

ルースで速い、なかなか良いセットアップをすることができました。



それでは、週末から今日までの行動を軽くアップデート。



房総半島では、久々にログにも乗ってきました。

キャンバスサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)での、

テールストール。

水から出ている部分だけでも、The Butter Zoneより面積大きいですね。



そして、Hot Tub用のクアッドフィンのセットアップテスト



こちらは、キールフィン+片面フォイルのバックフィン。

ちょっとスティッフ(硬い乗り心地)でした。



パベルのスピードダイヤラーは、両面フォイルのキールフィンに近い乗り心地。



そして、最終回答がこちらのセットアップ。

非常にオーソドックスな、ショートボードの大きめのサイドフィンに、

両面フォイルの大きめのバックフィンです。

これが、ルースで速くて、一番楽しめるセットアップとなりました。

クアッドはフィンのセットアップが非常に重要になります。

いろいろと試して、一番自分に合ったセットアップを見つけてください。



そして今年の初泳ぎです。



夕方の、夕凪狙いでゲットウェット。



日暮れ前に、男らしい西風波を5’4The Butter Zoneでクルーズ。



しかし、リーシュストリングがほどけて、今年初泳ぎを経験。

冬のサーフィンでは、エクイップメントの点検お忘れなく。



そして、冷たい水で痛んだ体もオーバーホール。

豪徳寺の高橋接骨院、高橋院長に鍼とお灸をすえていただきました。

これで、体温も上がり、免疫力も間違いなくアップしました。

高橋先生どうもありがとうございました。

先生のブログは下記をクリック。

http://ameblo.jp/tatsutrainer/page-1.html#main



長年に渡りお世話になっている、私のホームドクター(専門は柔整、鍼灸)です。



こんな感じで週末から本日まで、ひさびさにサーファーらしくすごしておりました。



それでは、また明日。

西風/冬将軍到来/The Butter Zone

アロハ

フロム

西風、

冬将軍到来の

日曜日です。

ブーツ、へッドキャップ装備で、ゲットウエットしてきました。



体温を下げないように、昼間でもブーツとヘッドキャップも装備。

免疫力命です。



素晴らしい天候にも恵まれ、気持ちよくクイックサーフ。



5’4CANVASサーフボードThe Butter Zoneでクルーズ。



いい感じのターンもできて、ストーク。

ストーク=マンライです。



明日も、冬型の天気図で波は期待できそうです。

皆様、防寒対策万全で楽しみましょう。

それではまた明日。

ヒストリカルプレイス/ヒストリカルスポーツ

アロハ

フロム

小湊鉄道

上総鶴舞駅

です。

こちらは、大正14年からある、超レトロトレインステーションです。

現在、一日の乗降者数15人らしいです。

ハワイノースショアのサトウキビ列車跡を思わせる、

とても情緒ある光景です。

千葉のカントリーシーン素敵です。



線路も、枕木も、現在使われていない線路も全てが、

素晴らしい状態で保存されています。



ちょっとぶらり旅です。



写真撮影 吉川竜二氏。

CANVASサーフボードlassic Noserider (The Purchace Classic)ハングファイブ。



そして、世界の歴史上一番古いスポーツともいわれているサーフィン。

もともとは、島から島に双胴カヌーに乗って渡っていったポリネシア人が、

始めたスポーツと言われていわれます。

もともとは、小さなカヌーから始まり、その後パイポボード、

スタンドアップサーフィンに進化したと考えられています。

立ち上がるサーフィンは、1960年台の始め世界中でも、4カ国程度の、

国や地域で行われていたといわれています。

それが現在では、海岸線を有するほとんどの国や地域で、

楽しまれています。

サーフィンは、歴史ある素晴らしいスポーツであり、

サーファーとは、素晴らしいライフスタイルなのです。

サーフィンって最高ですね。



しばらくは、寒い日がつづきますが、

波の方もつづきようなので、体を冷やさない程度に楽しんでいきましょう。

明日は、風次第ですが、湘南でも楽しめそうですよ。

冬は短時間集中で楽しみましょう。

それでは、また明日。

クリスタルクリアウォーター/小波/サニーディ/サーフバディーズ/プライスレス

アロハ

フロム

外房某所

です。

今日は予定通り、外房某所にてサーフセッション。

小波でしたが、水温もあたたかで、最高なサーフセッションとなりました。



サーフィン写真撮影/スペシャルサンクス/SHOOTS吉川ファミリー



久々に、CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)で、

クルージング。

今日は、シーズン初のブーティーを履いてのセッションとなりました。

なるべく体温を下げないことで免疫力を下げないようにしたいと、

思います。



サーフィン写真撮影/スペシャルサンクス/SHOOTS吉川ファミリー



もちろん、超小波でしたが、The Butter Zoneもテスト。



今日もいろいろなボードでサーフしてきました。



今日のサーフバディーズの皆様。

メンバーは、

左より、シューツ吉川夫妻。

不肖池田潤。

太東沖U.F.O基地説を唱える波楽氏、

A.K.A.ケニー泉氏。

そして、全日本アマチャンプのユウキ君。

最高なサーフバディーズです。

今日は、思い切りサーフしてきました。

皆様どうもありがとうございました。

それでは、また明日。

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)デザイン検証

アロハ

フロム

世田谷

です。

明日は南房総にてサーフィン予定です。

本日は、昨日に引き続き、

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12の、

デザイン検証をしてみます。



デッキはノーマルなラウンドデッキ。



ボトムはフルコンケーブ。



センターもフルコンケーブですが、レールにかけて、

若干ロールが入っています。

この辺りに、速さの秘密があるようです。

フルコンケーブを掘る前のボトム形状が、

素晴らしく、速くて、ルースなボトムの秘密なのでしょう。



素晴らしいターン性能。



ノーズは丸いですが、カーブのあるアウトラインで、

コントロール性も抜群です。



明日は久々にフリーサーフィンディです。

写真も撮ってきますのでどうぞお楽しみに。

それでは、また明日。

CANVASサーフボード The Butter Zone最新情報/目から鱗の新事実発覚

アロハ

フロム

東京です。

今日は、CANVASサーフボード The Butter Zoneに関して、

本日初めて知った、事実をご報告させていただきます。



私のボードはフラットデッキでした。

コンケーブデッキではありませんでした。

テストボード製作の、初期段階でコンケーブデッキのモデルを、

製作している連絡を受けていたので、早とちりしてしまいました。

今回の件で、人間の感覚の曖昧さを知りました。

特に、CANVASサーフボード The Butter Zoneをオーダーして頂いている皆様に、

ご迷惑をおかけしまして、誠に遺憾に感じております。

ここに、お詫びして訂正させていただきます。



以上、ブログのお詫びと訂正でした。



以下は、テールとボトム形状の解説です。

こちらは確認済みですので、

ご参考にしていただければ、幸いです。



テールの形状はこのような感じです。



広めのテールがテイクオフ速さの秘密です。



ボトムセンターはフラット。



テールよりはVコンケーブから、テールにかけてVボトムとなります。



最高に調子の良い相棒です。



本日は失礼いたしました。

それでは、また明日。

テイクオフティップス/シークエンスと動画で解説/by池田潤

アロハ

フロム

東京の

デスク

です。

今日はビデオの編集作業を、こなしつつ、過去の映像も整理中。

今日はサーフィンで一番難しいテイクオフティップスのサンプルビデオを、

発見したのでアップしておきます。



それでは動画の前に、シークエンスでも解説しておきます。

使用ボードは、CANVASサーフボードHot Tubです。

シークエンス写真は5’10のショートボードです。

ビデオのほうはロングボードでの解説となりますが、

ベーシックは同じなので、確実にできるように、

メカニクスを理解しましょう。

それでは、テイクオフティップスの始まり始まり。



まずは、テイクオフの速いボードをご用意ください。



進行方向を見て、波になるべく真っすぐに入ります。

ウネリを感じたら強くこぎましょう。



サーフボードが走り出したら、レールに左右の手をついて、

上体を持ち上げます。



この上体を上げる事が、立つ為に非常に重要な動きとなります。



視線を進行方向に向けて、

両手の間に、スタンス前足を滑り込ませて立ち上がります。

確実に立ち上がれるようになるまでは、

何度も陸上でもイメージトレーニングしてみてください。

脳からの指令で体は動きます。

正しい動きを陸上で理解しておきましょう。



頭を水平に保つ事で、バランスがとりやすくなります。



以上をふまえて、動画の方チェックしてみてください。

それでは池田潤製作による動画です。



いかがだったでしょうか?

テイクオフでは、偶然や運で立ち上がるのではなく、

百発百中、確実に立てるように練習してみましょう。

テイクオフの上手いサーファーは、

サーフィンの上手いサーファーで間違いありません。



それではまた明日。

CANVASサーフボードHot Tub/ウィークな波でのフローター

アロハ

フロム

オフィスのデスクです。

連休中ですが、私はビデオ編集仕事をしております。



そんな訳で、今日は先週のサーフセッションより、

CANVASサーフボードHot Tubを用いた、

ウィークな波でのフローターです。



ウィークな波とはこんな波です。

サーファーの間で良く使われる、英語の表現なので覚えておきましょう。

ウィークとは、英語表記でweakとなります。

意味は、

  1. 名詞


    1. 弱者

    2. 弱き者



  2. 形容詞

    1. 弱い

    2. 苦手

    3. 薄い

    4. 希薄

    5. 弱々しい

    6. 薄弱

    7. 力弱い

    8. 弱弱しい

    9. ひ弱い

    10. 微か

    11. 稀薄


    12. ぼんやり

    13. なよなよ

    14. こわれやすい

    15. 幽か




このようなニュアンスの波となります。

つまり、掘れなくて弱い波のことです。



それでは、Weakな波でのクローズアウトセクションフローターです。


波のトップからだらだらとブレイクする、緩い波にテイクオフ。



波の斜面の中腹でボトムーン。

スープの下の斜面を意識しましょう。



スピードが無いので、テールに加重して、サーフボードのボトムを、

スープに乗せるようにコントロール。



上手くボードのボトムがスープにのせて、

なるべく重心も波の上に乗せるようにします。



ノーズを岸に向けて、テール加重で真っすぐにリエントリー。

波にパワーが無いので、真っすぐ岸方向にノーズを向けるのがポイントです。



以上が、ウィークな波においての、クローズアウトセクションフローターでした。

それでは、また明日。

CANVASサーフボードThe Butter Zoneはバックサイドも絶好調

アロハ

フロム

東京、

です。

昨日お伝えした通り連休中は、

お休みを頂いてのんびりと過ごしております。



さて、一昨日から引き続きの、加藤忠男写真館です。

加藤さん、どうもありがとうございます。



CANVASサーフボードThe Butter Zone 5’4のバックサイドターンの模様です。

バックサイドもなかなか良い感じです。



今日は、超短編にて失礼いたします。

それでは、良い休日をお過ごしください。

アシタマニアーナ。

CANVASサーフボードHot Tub5'10×20.5/いろいろなフィンセットアップテスト中

アロハ

フロム

東京都

世田谷

です。

今日は、この冬一番の寒気のせいで、ちょっと体調不良。

予定していたナキサーフ千葉行きはキャンセル。

失礼いたしました。



そんな訳で本日は、のんびりとデスクワークや、

発送仕事等をこなしております。



それでは、木曜日のサーフィンの模様のつづきです。

使用ボードはCANVASサーフボードHot Tub5'10×20.5。

現在、クアッドフィンセットアップをいろいろと試しています。

来週は、キールツインフィンでもテストする予定です。

クアッドはフィンの組み合わせが、沢山あるので、

自分好みのベストのセットアップにたどり着くまでに、

少々時間がかかるようです。いろいろと思案中です。



サーフィン写真撮影

加藤忠男氏 http://yaplog.jp/tadaochan/



先週の金曜日はサイズもあり、なかなか良いテストができました。



よく見ると、ちょっとラインが外れていますね。

あまり力みすぎると、クワッドフィンは上手く機能してくれないようです。



フラットなセクションでは、すいすいとスケーティングすれば、

すいすいとインサイドまで乗りつなぐことができます。



お薦めのフィンセットアップ決定したら、

ブログにアップしていきますね。



それでは、水温も本格的に下がってきているようです。

防寒対策して、お体ご自愛して、冬のサーフィン楽しんでくださいね。

それでは、また明日。

CANVASサーフボードThe Butter Zone/5'4×20/SO GOOOOOOOD!!!!!

ALOHA

FROM

SHONAN.

一昨日のサーフィンです。

撮影は加藤忠男氏。加藤さんのブログ、http://yaplog.jp/tadaochan/より、

写真を借用しました。(もちろん許諾済み)。

加藤さん、どうもありがとうございました。



使用サーフボードは、CANVASサーフボードThe Butter Zone/5'4×20です。

サイズは体重88キロの私には、少々、小さめですが、パドルはぐんぐん進むし、

乗りたい波に、簡単に入ることができるので、全くストレス無く、

楽しむことができております。

特徴的なデザインのコンケーブデッキと、テーパーレールの絶妙な、

コンビネーションが、素早いテイクオフとルースなターンを生み出すようです。



それでは、シークエンスをご覧ください。



波のポケットに入れば、テイクオフは楽々です。

ボードが極端に短いですが、テイクオフは速いです。



ターン性能も、ニュートラルで良好です。



広めのテールが、ボードの短さを補ってくれているようで、

カットバックに入る時にも、安心してパワーを入れられます。



こうやってみると、ボードの小ささが際立ちますね。

小さいけれど、乗りやすい、今までに無い、

不思議なデザインのニューカテゴライズサーフボードです。

このボードが到着してから、

幅の狭い、短いボードに、乗る事ができる幸せをかみしめております。



これは、ショートボードとロングボードの垣根を取っ払ってくれる、

新しいサーフボードカテゴリーの誕生ですね。



CANVASサーフボードThe Butter Zone、最高です。



本日は、オフィスにて雑用仕事予定です。

それでは、また明日。

サーフ/ナキサーフショールーム2周年パーティー/本物のドノバン?/サーフアゲイン

アロハ

フロム

東京原宿です。



昨日は、軽く某所にてサーフしてから、夜はナキサーフ原宿ショールームの、

2周年記念パーティーのお手伝いに行ってきました。



まだまだお正月気分な竹下通り。



パーティー前に、原宿「あふり」で軽く今年初ラーメンで腹ごしらえ。

そして午後6時より、パーティーに突入。



ナキさんの乾杯のご発声により、パーティースタート。



サプライズゲストに本物のドノバン・フランケンレイター登場。

素晴らしい生ライブに、会場の皆さんもうっとり。

最高なパフォーマンスでした。

ドノバンさん、ありがとうございました。

ちなみに、ドノバン氏はナキサーフのチームライダーであられます。



そして、パーティーは無事終了となるかと思うと、

そうは問屋が卸さないのが、ナキサーフのパーティーです。

ぞくぞくと、パーティー終了宣言後にサプライズゲストが登場。

フリースタイルの即興ミュージックで盛り上がりました。

写真は、パーカッション/ドドゲ先輩、ウクレレ/不肖池田潤、

そしてギター/松風王子ユースキーの即席バンド。

皆様、最高な時間をありがとうございました。



そして日付は変わって、本日の湘南某所。

予想通り波はカミングアップ。



ちょっとウネリとタイドと風の影響か、前半は流れがきつく、

スパルタパドリングスクール。

夕方の潮の満ち込みと共に、少しクリーンナップされて、

最終的には、なかなか良いサーフィンができました。



そして今日のお供は、引き続き、

CANVASサーフボードHot Tub&The Butter Zone。

サーフィン写真も巨匠加藤忠男氏に、

撮っていだだきましたので、届き次第アップ予定です。



今日は、一日中風も弱く、湘南全体でサーフィンが楽しめたようです。

今年に入って、コンスタントに波もあり、今年は良い年になりそうな予感です。

今夜は、この冬最高の冷え込みが予想されているようです。

皆様、風邪などひかぬよう、温かくしてお休みください。

それでは、また明日。

ルースで速いCANVASサーフボードThe Butter Zone/今夜はナキサーフ原宿へGO!

アロハ

フロム

軽い西風の、

湘南某所です。

沖で吹く西風の作り出すうねりが、海岸まで届き始めました。

これから数日は西風がらみですが、しばらくは楽しめそうな感じです。



今年の元旦以来の、なかなか良いコンディションとなりました。



私は、3ミリジャージフルスーツで、

CANVASサーフボードThe Butter Zoneとともに、

クイックサーフ。



今日のセッションまで、CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4×20インチの、

真骨頂を知る事ができました。

スースさと速さの、

素晴らしいトータルバランスを実感する事となりました。



テイクオフの時の胸の位置さえ整えば、

ストレス無く素早く波に入ることができるようです。

そして、信頼感抜群のツインフィンスタビライザーセットアップにより、

ルースで早いターンも可能になる事を再認識。



今年一番のサーフセッションを終えて、これから原宿に向かいます。

今夜6時より、ナキサーフ原宿ショールームにて、

開店2周年パーティーのスタートです。

それでは、ショールームでお会いしましょう。



明日も、波は楽しめそうな予想です。

それではまた明日。

ビューティフルサニーディ/ムッシームッシー亀よ亀さんよ!

アロハ

フロム

南房総某所

ビューティフルサニーディの

「ムッシームッシーブレイク」です。



今日も、CANVASサーフボードHot Tubでクイックサーフ。



サンドバーとタイドがばっちり合えば、ブレイクは、

なかなか、よさそうな感じでした。



南房総、昼間のクイックサーフなら、まだまだ、ノーブーツで平気です。



東うねりの残りで、セットの波はこれぐらいのサイズ。

水がきれいなブルーで、天気もよい気持ちよい一日でした。



しかし、冬の午後らしく、潮がちょっと多いようで、

ムッシーで、おいねー(南房総弁で乗りにくいとの意)な波となりました。



ブレイクしない波で、亀さんスピードの無理矢理ターン。



本日のお題どおり、「ムッシームッシー亀よ亀さんよ!」といった感じでした。

たまにはこんな日もあるのが、サーフィンです。

それでも、最高に綺麗なサンセットタイムの、

ゴールデンライトの中、サーフィンできたので、

良かったです。



明日の夜は、いよいよ、ナキサーフ原宿ショールームの新春イベント開催です。

それでは明日の夜、原宿でお会いいたしましょう。

それでは、また明日。

獅子舞ミッション終了/明日は海に復帰予定

アロハ

フロム

東京

世田谷

です。

今日は、予定通り、近所の獅子舞のお手伝いで一日終了。



寒い一日でしたが、無事ミッションは終了。



打ち上げにも参加して楽しい一日は終了。



明日、明後日はサーフ予定です。



CANVASサーフボードHot Tubのバックサイドシークエンスです。



千葉の東うねりも少し、収まってきたようなので様子を見て、

足を伸ばしたいと思っています。



5日夕刻には、ナキサーフショールームで新春イベントありです。

もちろん私も参加しますので、皆様もぜひご参加ください。



本日はクイック投稿となりました。

失礼いたします。



それでは、また明日。

元旦のナキサーフ原宿ショールーム/2011初サーフは湘南鵠沼

アロハ

フロム

原宿経由

湘南藤沢。

昨夜は、ナキサーフ原宿ショールームの初売りにお邪魔してきました。

お餅焼きバーベーキュー番長を襲名。

販売応援では無く、お餅焼き仕事が今年の初仕事となりました。

無事任務を果たして、軽く打ち上げで気持ちよい時間を過ごしてきました。



元旦から大賑わいのナキサーフ原宿ショールーム。



左の箱が今年のナキサーフ福袋です。

絶対お薦めの、満足間違い無しの素晴らしい内容となっています。

ご贈答用にも最高ですよ。新年のご挨拶にもぴったりです。



ちょっと時系列が、前後しますが、

元旦は波は良かったようですがサーフィンはお休み。

家族に挨拶をすませてから、おせち料理を頂き、

新年を祝ってきました。



なます。



そして、椎茸、葉もの、角餅、ウズラ、澄まし汁仕立ての、

関東風のお雑煮もいただきました。



そして、本日2日の朝は、カウアイローステリーのコーヒーでスタート。

噂のkrcバタードラムフレーバーコーヒーを初体験。

芳醇な香りの素晴らしいお味でした。



海に行く前には、必ず自分でコーヒーを入れてから出かけます。

私はフレンチプレスを使って抽出。濃いめが好きです。

それを小さめのポット2個に入れてから出発します。

美味しいコーヒーがある生活最高ですね。



そして本日のサーフセッションは、マイスウィートホームブレイク、

湘南藤沢鵠沼海岸で、2011年のサーフセッションスタートしました。



今日の相棒はCANVASサーフボードHot Tub5’10。幅20、5インチ、

厚さ2 5/8、コンケーブデッキが特徴的な、サーフボードです。

驚くほどテイクオフが早くて最高に気に入ってます。

今日はバックフィンを少し大きくしてセットアップ。

ターンの時のドライブ感が増して、良い感じになってきました。



今日は、風もなく穏やかな一日となりました。

小さいながら、久々のビーチブレイクを堪能。

楽しいセッションとなりました。



明日は、地元の獅子舞のお手伝い予定です。

それではまた明日。