川場のお薦め/揚げ物番長/サーフ&スケート

アロハ

フロム

川場村です。

今日は、川場村で頂いたお薦めグルメ紹介します。

田園プラザ川場のビールブリューワリー。

川場ビールレストラン武尊内にある、ビールのミニ工房です。



この中で美味しいビールが熟成中かな???



ビール番長お薦めのビールはバイツェン。

ちょっと濁った、

生の酵母が生きている感じがする、肉類に合う最高なお味のビールです。



揚げ物番長のお薦めのおつまみは、夕飯タイム限定のもち豚の串揚げ。

群馬のもちぶた、さらりとした脂のうまみが素晴らしいです。

欧米の豚肉には無い、日本の脂肪低め、うまみはタップリの豚肉です。

道の駅、田園プラザ川場「ビールレストラン武尊」では、

ポークソテーやトンカツもお薦めです。

どうぞお試しください。



明日からは、海生活復帰です。

明日の湘南の波に期待です。

今日のサーフィン写真は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)での、

チータファイブ。

成功の鍵は、後ろ足のつま先を、しっかりと波に入れてダウンザライン。



明日は、久々にサーフ予定です。

楽しみです。



そして、最近発見したスケートボード写真。

まだ、プライベートだったころの、グラビスボールでの一枚。



なぜか、人生初のおばさんパーマネント当ててます。

葉加瀬太郎風フロントサイドグラインドでした。

笑いは人生のスパイスです。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

速報ザ・スノーサーファーズ2/2011/これにて終了

アロハ

フロム

川場スキー場です。

本日は快晴にも恵まれ最高な、コンテスト日和となりました。



モバイルツアー2日目。

コンテストは順調にスケジュールを消化。



海抜0メートルの昨日より、海抜1500メートルの、

川場スキー場に移動してきたコンテストボード。



テント、バナーもモバイル移動。



コンテスト速報。

優勝は、高橋しんご選手。



取り急ぎ速報でした。



真木蔵人氏のスパルタンツアーも本日で終了です。

私は明日まで山に滞在です。

軽くカービングトレーニングしてから帰京します。



本日は、これにて失礼いたします。



今週末は、いろいろと良い経験となりました。

これで、スパルタツアーをプルアウト。

それでは、またあした。

ザ・スノーサーファーズ/Mr.スパルタン・クロード氏/初日無事終了/揚番落款

アロハ

フロム

ザ・スノーサーファーズ@千葉三軒屋海岸です。

今日は、真木蔵人氏のイベントのジャッジお手伝いです



ナキサーフのティームメイト、真木勇人氏ら、

トッププロサーファーとともに一日ジャッジしてきました。



素晴らしい波に恵まれました。



主催者のMr.スパルタン真木蔵人氏。

朝の七時千葉集合、夜の8時に沼田で夜の音楽&スケートイベントスタート。

そして翌日は、川場スキー場にてスノーボードイベントです。

冷たい海水、みじかい移動時間を含めて、過去例の無い、もの凄い、

素晴らしいコンセプトのスパルタイベントです。



2月の千葉東でのサーフイベントということで、

五右衛門風呂も用意される、完璧なホスピタリティー。



スノーボーダー部門ファイナリスト。



サーファー部門ファイナリスト。

このあと、グランドファイナルも無事終了後、選手は川場スキー場に移動開始。

私も明日のジャッジお仕事の為、選手とともにキャノンボールレース形式で移動。

どうにか、私も無事5時間半で、千葉ー川場間を移動を、

メイクしてブログのアップにも成功。

明日は、川場スキー場でイベント開催です。

私もヘッドジャッジでジャッジテントに居ますので、お気軽にお声掛けください。

よろしくお願いいたします。



先日、嬉しいプレゼントをいただきました。



何と隠れた人気コーナー「揚げ物番長」の落款です。

また素晴らしいお料理発見したらアップしますね。



それでは、皆様良い週末をお過ごしください。



今日のサーフ写真は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)での、

チェックストール。

今夜は、私のエンジンもまもなくストール。

それでは、おやすみなさい。

また明日。

CATCH SURF/フロントサイドカットバックその2/ザ・スノーサーファーズ2

アロハ

フロム

南風の

東京です。

昨日アップした、ソフトボードCATCH SURFのライディング画像を、

発見したので、アップしておきます。



こちらのモデルは、CATCH SURF The Swizzle9’0。

今まで市場にあったソフトボードとは、比較にならない高性能です。

CATCH SURFは、アメリカ製のハンドメイド。

ストリンガーと奇才トム・モーリーデザインの奇天烈ひょうたん型アウトライン、

アフターバーナーレール等々、他社のソフトボードの追随を許さない、

圧倒的な高性能を誇ります。

これからの季節に最高なボードなので、一家に一本ぜひどうぞ。



本日のサーフ画像その2は、

昨日に引き続き、フロントサイドカットバックです。

使用ボードは、CANVAS Classic Noserider (The Purchace Classic)。

先週の湘南某所での画像ですが、すでにブーツを履いておりませんね。

それでは、簡単カットバックティップスの始まり始まり。



視線をターンする方向にむけながら、後ろ足スタンスをステップバック。



上体を開きながら、テールに強く加重。

ここでレールに強く加重できるとドライブの効いたターンにまります。



前足にも加重を残すことで、レールに加重することが可能になります。



スタンスの前足加重お忘れなく。



カットバックの基本的動作は、

視線を進行方向に向ける、

上体を開く、

ステップバック、

前足にも加重を残すです。

前足に加重しないとテールのフィンを中心とした、

フラットなピポットターンになるのでご注意ください。

以上2日連続のカットバックティップスでした。

ご参考にして頂ければ幸いです。



一部の自転車ファンの皆様へ、バイク情報。

昨日、トウキョウスケーツ/O-DOG氏が乗って登場した、

クールな24。フルスタム、細かいパーツまで手の込んだ一台。

フレームは、ブルックリンマシンワークス。

リアは油圧ディスクブレーキインストール。

細かい部品がハンドポリッシュしてあったり、ハンドルもオーダーの一点物。



すごい自転車でした。

一部のマニアの皆様いかがでしょうか???



明日の朝から真木蔵人氏のイベント、

ザ・スノーサーファーズ2にジャッジのお手伝いに行ってきます。



詳しくは、下記をクリック。

http://www.colors-magazine.com/cblog/2011/02/snowsurfdicewax-presents-the-snowsurfers-2.html



ジャッジなので、競技には参加しませんが、

車には、CANVAS Mini Noserider (Parachute)とスケートボード、

そしてスノーボードも忍ばせて、休憩時間をエンジョイしてきます。

それでは、これから旅の準備にはいります。

それでは、また現地よりブログアップしますので、どうぞお楽しみに。

それでは、また明日。

そろそろCATCH SURFの季節/ドロップニーカットバック

アロハ

フロム

原宿です。

ナキサーフ原宿ショールームで、今年の夏向けに、

CATCH SURFのニューモデルをチェックしてきました。



Super One4’6。

FCS装着できます。

フィンボックス無しのモデルThe One (Finless surfboard)も在庫あります。



そして、元祖スタンドアップフィンレスボードの、

The Beaterです。長さ4’6です。



こんなに短いボードですが、上手くポジショニングできれば、

私でもスタンドアップ可能です。



こちらが、証拠写真。

楽しそうに乗ってます。

ちなみ、こちらのタイプは小さなシングルフィン付きのタイプ。

フィンレスなら、夏の海水浴場等でも使えるで、

家族で楽しむのに、ぴったりなボードです。

ぜひ、一家に一本、セカンドボードとしていかがでしょうか。



新素材ハイドロフレックス製のコールのテストボードをチェック中。

空気でフレックスを調整できる、最新テクノロジーサーフボードです。



ドックの小波用BWもチェック。

こちらは、日本の波にばっちりとマッチするデザインです。

こんな感じで、いろいろとサーフボードをチェックしてきました。

その後は青山に移動。



新しくオープンした、サーフィンコンセプトの、

インテリアショップ「WTW」のオープニングパーティーに立ち寄り。

湘南の皆様とワイン片手にしばし歓談。

サーフィンコンセプトのインテリアショップがオープンするなんで、

素晴らしい時代になりました。



今日のサーフィン写真は、ショートレンジのドロップニーカットバック。

ドロップニーカットバックでは、ステップバックをしっかりとして、

テールに強く加重することを意識しましょう。



ステップバックしてテールのフィン付近まで後ろ足をしっかりと下げます。



上半身を開きながら、テールに強く加重します。



波のブレイクに合わせて、ここでは小さくカットバック。

以上、ショートレンジのドロップニーカットバックでした。



ドロップニーカットバックは、

エッジの無いクラッシックなタイプのロングボードで特に有効な、

ターンです。

しっかりとテールに加重することを意識しましょう。



それでは、今日はこれで失礼いたします。

それでは、また明日。

クイック5ティップス/CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)

アロハ

今日は久々に天気も回復して気持ちいい一日になりました。

春はもう、すぐそこまできています。

なんだか、ウキウキした気分になるのは私だけでしょうか?



今日は、CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を、

使用したクイックなハング5をお送りします。

特にサーフボードのポジショニングとレールの入り方にご注目ください。



まずは、波のブレイクする一番力のある場所でテイクオフ。

そしてすぐに小さく2歩クロスステップでウォーキング開始。

ボードのレール全体が波に入っているので、ボードの挙動は安定しています。

ウォーキングに入る前には、つま先加重でレールをしっかりと波に入れます。

短い波では、全ての動きを、無駄無く素早く行う事を意識しましょう。



スタンスしている位置が、ボードの中央部のトリムスポット。

ここでも、ひきつづき、

つま先加重でレール全体を波に入れることを意識しましょう。

ボードのポジショニングはダウンザラインして加速している状態。



ここから、クロスステップでノーズまで移動開始。

右足のつま先でレールをコントロールしてウォーキングスタート。



左足のつま先で、レールをコントロールしながら、

最後の一歩を踏み出します。



ここで一気にノーズに足の指をかけます。

左足のつま先に加重している様子がわかります。



掘れるセクションが短いので、後ろ足にしっかりと加重して、

ノーズが刺さることを防ぎます。



波のショルダーでは、揚力を得る事が出来ないので、

素早くノーズに掛かっている足をステップバック。



ここで、2歩ステップバックしてトリムスポットに戻ります。

本日のシークエンスでは、

サーフボードのポジショニングは、波の中腹を常にキープしています。

短い波でノーズライディングを行う際には、常に波の中央部にポジショニング、

することを意識しましょう。

波の上部では、波においていかれることになり、

波の下部のボトムでは揚力を得ることができないで、

刺さって失速を招くこととなります。



短い波では、走りすぎるとすぐに止まってしまいますし、

カールをキープすることは難しくなります。

常に波のカールをキープすることを意識しましょう。

波の速度に合わせてスピードをコントロールすることで、

短い波でも、クイックなハング5を可能となります。

以上、クイック5ティップスでした。

ご参考にしていただければ幸いです。



今日のおまけ

昨日のブログの文中に登場したクルーザーとは、

このようなタイプのスケートボードです。



チョイ乗り移動に最適なタイプのスケートボードです。

私の友達ミッチ・アブシャーのシグネチャーモデルです。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

それでは、また明日。

グラブレールフローターティップス/CANVAS The Purchace Classic

アロハ

今日は、CANVASサーフボード Classic Noserider (The Purchace Classic)を、

使用したグラブレールフローターティップスをお送りします。

グラブレールフローターはノーズの広い、ノーズライダーを使用して、

クローズアウトセクションでフローターする時に、

広いノーズのアウトラインが、リエントリーする際に、

引っかかってワイプアウトを防ぐのに有効なトリックです。



それでは、グラブレールフローターティップスの始まり始まり。



ダウンザラインして加速します。

このとき、レール全体を波に入れることが大切です。



早めにブレイクする波に合わせて、スタンス後ろ足をステップバック。



ブレイクするコンディションに合わせてボトムターンのポジショニングを、

調整します。



ブレイクしてくるリップにをよく見て、ボードのボトムを、

波の上に乗せていきます。



ボードのボトムをしっかりとリップに乗せて、

体の重心もボードの上に乗せるイメージでボードにしっかりと乗せます。

ここで、左手でボードをグラブします。



左手のリードで上体を開きながらボードの先端を岸に向けるイメージで、

リエントリー。

このときテールに強く加重することで、ノーズが刺さるのを防ぎます。



以上、ロングボードでのグラブレールフローターティップスでした。

グラブレールフローターはロングボードでのフローターの際に、

平らなボトムに降りるときや、サイズのある波の時に有効なトリックです。

ワイプアウトを減らすのにも役立つので、

コンペ志向のサーファーも覚えておくと良いトリックだと思います。

次に、ビーチブレイクでサーフする時に、ぜひお試しください。

それでは、次回のロングボードティップスもお楽しみに。







最近、ちょっと膝の痛い不肖池田潤はサーフセッションの際にウォームアップと、

クールダウンを行うように心がけています。

クールダウンの効果はてきめんのようで、膝の痛みの治まり実感中です。



面倒くさがりな私は、ジョギングやストレッチの変わりに、

スケートボードを使用してのウォームアップ/クールダウンをしています。

ちょっと滑ると体も温まり良い感じにテンションも上がります。

またサーフィン後にちょっと体を温めると、筋肉痛の軽減にも繋がるようです。

個人差はありますがスケートボード好きの人は、

(もちろんフル装備で怪我の無いよう)

新しいクルーザーデッキでも組んでぜひお試しくさい。



末永くサーフィンを続ける為に、ウォームアップ、クールダウン、

そして普段からのトレーニングは欠かせないようです。



それぞれの、個々に合った

ウォームアップ、クールダウン、トレーニング方法を、

見つけて実践していきましょう。

それでは、今週も元気にいきましょう。

それでは、今日はこれで失礼いたします。

それでは、また明日。

小波ウィークエンド/ビフォアーアフター

アロハ

皆様、どんな週末をおすごしでしょうか?

私は、本日は天候、コンディション不良の為、

サーフィン撮影はお休みとなりました。

そんな訳でのんびりとした日曜日をすごしております。



下の写真は金曜日の日没寸前のサーフィンの模様。



写真撮影 酒井いちろう氏



CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4でのバックサイドカービングです。

この日乗った波の中でも一番の波「WAVE OF THE DAY」の、

マンライ(満足ライディング©おがまさん)の一本です。

CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4ご覧の通りひきつづきの絶好調です。



昨日の天気予想では、晴れのち曇り予想でしたが、

残念ながら、今日は曇天の寒い日曜日となりました。



ちょっと予定は空回り中。



静かな海。

そんな訳で、ヘアカットしてもらいました。

ビフォアー



サリーちゃんのパパ風??もしくは、アンクルバフ風??ぼさぼさヘアー、

からの・・・



爽やかなアジアンバリカン仕上げ。

太陽族風/クルーカットでさっぱりイケメンとなりました。



楽しい日曜日の夜をお過ごしください。

それでは、また明日。

モンゴル相撲ターン/オーイ中村君/Hava a good weekend!

アロハ

今週末はサーフ&シュートウィークエンドです。

波のサイズはダウン傾向ですが、潮も大きく動くので、

まだまだサーフ可能なでしょう。

明日も、潮の動きに合わせて、

地形のあったスポットを選べば、まだまだ楽しくサーフできそうです。



今日のサーフフォトは、

昨日のセッションより、

CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4使用の、

「MONGOLIAN SUMO CUT BACK 」(モンゴル相撲スタイルカットバック)。

写真撮影 加藤忠雄氏



サイズはありますが、ちょっとスローな波でカットバック。



残った軌道は、いい感じですが、

ちょっと体が立ち気味で、ボードも寝ていないので、

「MONGOLIAN SUMO CUT BACK 」(モンゴル相撲スタイルカットバック)と、

名付けてみました。



昨日の湘南、すばらしい午後の波です。



今日は、ノーズライドの達人、

中村清太郎氏と久々にビデオシュート。



中村君久々に復活中。

週末の海にで一人だけ、全く違うレベルのサーフィンでした。



今日は、久々のビデオ撮影とサーフ等々、忙しい一日となりました。

明日も引き続き、サーフセッション予定です。



近代サーフィンの父、デューク・カハナモク像。

久々に、ビデオカメラの映像をチェックしていると、

メモリーカードに入っていましたのでアップ。



今日も、気温も水温も上がってきました事を実感。

明日も良いサーフィンウィークエンドになりそうな予感です。

それでは、

Hava a good weekend!

良い週末をお過ごしください。

また明日。

Back to the beach/海現場復帰/やっぱり海は最高

アロハ

フロム

相模湾某所です。

昨夜通過した低気圧のおかげで、

波も予想以上のサイズも恵まれました。



今日は、久々にCANVASサーフボードThe Butter Zone5’4でサーフ。

午後の、すばらしい波を小回り効くThe Butter Zoneで、

すいすいと小回りターンに、ドライブの効いたターンも交えて、

楽しんでまいりました。



お天気は大雨のち曇りのち小雨のち曇りのち晴れの変わりやすい天気でしたが、

体感温度は上がってきました。

すでに太陽がでれば、湘南ではヘッドキャップは不要です。

私は、サーファーズイヤーの予防のため愛用しています。

耳を冷やさないことで、サーファーズイヤーの進行を抑え、

快適なサーフィンライフをおくることができます。

(池田潤調べ)



写真撮影 加藤忠雄氏

上げ潮までは、結構海が動いて流れもあり、

難しい波でした。

海を良くみてカレントやセット間隔、ウネリの方向を、

海に入る前に良く見ることが大切です。



写真撮影 加藤忠雄氏

夕方にかけて、コンディションは上向きになり、

なかなか楽しいセッションとなりました。



夕方には最高なサンセットも出現。

久々のサーフセッションは、最高なものとなりました。

明日も引き続きサーフ予定です。

それでは、また明日。

ハブス社の春物の新作デリバリー開始

もうすぐ春です。

長年に渡り、不肖池田潤をサポートしてくれている、
ハブス社より、春物のサーマル、七分袖、スラブ糸のロンスリ、ワークキャップが、
デリバリー開始です。

高品質で、着心地も最高なハブスのクロージングです。

オシュマンズ各店、ジャック各店、全国プロショップ、セレクトショップにてチェックしてみてください。

画像 2776

画像 2775

画像 2774

画像 2778

画像 2777

HD-109-HD-110.jpg

HD-107--HD-108.jpg

HD-103-HD-104.jpg

よろしくお願いいたします。

インタースタイル最終日/ナキクルー/バックサイドフローターtoスウィッチフット

アロハ

フロム

インタースタイル@パシフィコ横浜

最終日です。

今日は、ナキサーフより、ナキサーフ販売部隊精鋭クルーが来場。

ナキサーフ取り扱いの、オルカイプレミアムサンダルとサーフ8ブースにて、

グループショット。

本日にて、インタビュアー仕事は終了です。



ティームナキサーフ。



そして、明日は、久々サーフ予定です。

波も、サーファブルなコンディションが期待できそうです。

楽しみです。



本日のサーフ写真は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を使用した。

バックサイドフローターtoスウィッチフット。



バックサイドでは、右手のリードで、上体を開くことで、

波全体を見ることができます。



ボードを乗せる波のリップをよく見て、ボトムターン。



崩れてくる波にボードのボトムを乗せて、フローター。



ボトムに降りる前にスタンスをスイッチ。



スウィッチフットすることで、つま先でのコントロールとなり、

コントロールが楽になります。



以上、

バックサイドフローターtoスウィッチフットのシークエンス解説でした。

それでは、明日より、海現場復帰です。

本日までの、お仕事は、検索キーワード、「サーフメディア」でチェック可能です。

興味あるかたは、ぜひチェックしてみてください。

それでは、また明日。

インタースタイル2011/day2

アロハ

フロム

インタースタイル2011/day2@パシフィコ横浜です。

今日も、昨日に引き続き、インタビュアー仕事を遂行中。



本日は、レシオフィンを表敬訪問。

フィンシェーパーの本間さんと記念撮影。

本間さんが持っているのは、コールのツインフィン。

そして私が手にしているのは、エフェクトフィンシステムの、

クリスチャン・ワックの試作モデルです。

レシオフィンはナキサーフでも取り扱い中です。

よろしくお願いいたしします。



休憩中のお約束。



休憩中は軽くミニランプにてウォークアウトスケート。

テンション上げて、遊びもしっかり。

そして仕事もしっかりとこなしてきました。



今日のサーフィン写真は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)での、

ブーツ着用の、チータ気味なハングファイブ。



ノーズライディングの際には、

ブーツを履いてもしっかりとノーズに足の指を掛けるように、

意識しましょう。



それでは、明日も引き続き、

インタースタイル2011/day3情報をお送りいたします。

それでは、また明日。

インタースタイル2011/「フォーカラット」ジュン・ジョー/「アストロデッキ」クリスチャン・フレッチー

アロハ

フロム

パシフィコ横浜/インタースタイル2011

です。

今日から、3日間サーフメディアの動画インタビューワーとして、

インタースタイルでお仕事です。

インタースタイルは、世の中の不景気を感じさせない、

素晴らしい活気とバイブレーションに溢れておりました。



それでは、ナキサーフ関連の本日の来場者です。

ナキサーフな人々です。



まずは、フォーカラットサーフボードのジュン・ジョー氏。

ハワイから、秋田トリップ経由で横浜入り。



そしてサンクレメンテより来場の、クリスチャン・フレッチャー氏。

皆様ご存知とは思いますが、エアリアルサーフィンのイノベーターです。

アストロデッキ社所属。



そして、サーフィンには欠かすことのできないフィン。

fcsで好みのフィンもチェックしてきました。



フォーカラットサーフボード、アストロデッキ、fcsは、

ナキサーフの取り扱い商品です。

ナキサーフのウェッブからご購入可能です。

ぜひチエックしてみてください。

明日も終日会場に居るので、お気軽にお声掛けくさいね。



今日のサーフィン写真は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)使用の、

テールストール。



テールストールは急激な減速の為の技です。

チューブに入る時や、ノーズライドに移行する時の、

セットアップ時にも有効な技です。

次回セッションの際は、ぜひお試しください。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

それでは、また明日。

梅は咲いたか桜はまだかいな?/憎い(291)70年代の技・スウィッチローラーコースター

アロハ

今日は、晴れのち雨と早い周期で変わる天候の一日でした。

冬の安定した晴天から、早い周期で変わる天気に、

春に移り変わってきた事を実感。

今日の午前は、一瞬の晴れ間を縫ってクイックサーフセッション。



梅も五分咲きぐらいでしょうか?



そして午後の波の模様です。

海のほうは、昼間は潮がパンパンでしたが、

雨の降り出した3時半頃より、潮も動きだし、

ほぼ無人のブレイクを発見。

もちろん、午後もゲットウェットしてきました。

明日からの3日間は、

パシフィコ横浜で行われる、インタースタイルの、

サーフメディアでお仕事です。

会場では、サーフメディアブース付近でうろうろしていると思いますので、

さがしてくださいね。

よろしくお願いいたします。



ブログの途中ですが、今日のおまけ。

午前のセッションを終えていただいた、街のおそばやさん秀作ランチメニュー。



うなぎどんぶり



ミニたぬきそば



きんぴらごぼう

見た目以上に、お味の方が勝っていました。

これにお新香もついて、950円。

素晴らしいランチでした。



それでは、

本日の目玉です。

今日は、

なかなか憎い70年代の技・スウィッチローラーコースターを、

ご紹介します。



使用ボードは、CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)。







軽くターンしてリップへ向かいます。



ボードのボトムをリップに乗せた瞬間にスイッチスタンスしています。



最近ではほとんど見かけないレアなトリックです。

気分はバテンスかマーク・リデル(ライデル)といった感じ。

ちょっと291技でしょう???



以上

憎い(291)70年代の技・スウィッチローラーコースターでした。

今度海に入ったら、挑戦してみてください。

もちろんショートボードがオリジナルの技なので、

ショートボードでもできますよ。



それでは、明日からは横浜よりブログアップとなります。

それでは、またあした。

4日ぶりのビューティフル湘南ディズ

アロハ

フロム

相模湾某所の、

素晴らしいウィークエンド、

です。



久々に、太陽さんさんの湘南。



ビーチには、連休最終日とあって沢山のサーファーで賑わっていました。



私も、キンチャンズレフトにて、キンちゃん本人&まさるさんとセッション。

最高な週末となりました。

私は、先々週の教訓よりロングボードをチョイス。

ウェストスウェル狙いで、気持ちよくサーフしてきました。



明日も引き続きサーフセッションとフォトシュート予定です。

そして今週は、横浜にてインタースタイルウィークです。

私も会場におりますので、見かけたらお気軽にお声がけください。



今日の画像は、超小波での、クロスフットトリム。

明日も小波が予想されますが、インタースタイルウィーク前のサーフと、

その後の展示会セッションも皆で楽しみましょう。



トリミングの際にも、ちょっとスパイスの効いたトリックとして、

お試しください。

使用ボードは、CANVASサーフボード、

Classic Noserider (The Purchace Classic)。



明日は、ブログ用フォトシュートディです。

春の気まぐれな天候を塗って、

良いセッションになる事を願います。



ストックフォトよりオフザボトム/Mini Noserider (Parachute)



フロントサイドスラッシュ/The Butter Zone

それでは、フォトセッションの様子は、

また明日ご報告いたします。

それでは、また明日。

チータファイブティップス/秘訣は常に波のポケットにポジショニングする事

アロハ

フロム

曇天の、

寒い、

東京です。

波予想はずれました。

すみません。

明日は、上がることに期待です。

止まない雨はなし、荒れない海も無しです。

それでは、元気を出してチータファイブのイメージトレーニングです。

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を用いての、

超小波でのシークエンスを解説していきますね。

それでは、チータファイブティップスの始まり始まり。

今日は、サーフボードのポジションに注目してください。

超小波では、常に波の一番力のある部分をキープする必要があります。



波の崩れるているスープとフェイスの一番力のあるポケットに、

上手くポジションします。

このときのスタンスは、ボードの中央部。

そして左手でスピードを調整。



ここからクロスステップでノーズライディングに移行します。

つま先側のレールを、つま先加重でコントロールする事を、

意識しましょう。



ノーズに足の指を掛けてチータファイブ。

ここでのポジションに注目してください。

波の一番力のある部分をキープしています。



上体を少し閉じて、後ろ足に加重を残して、ラインを上げようとしています。



ノーズが刺さる前に、ノーズの足をテールよりに移動します。



クイックにクロスステップでトリムスポットに戻ります。

小波では、揚力を得る事が難しいので、常に波のポケットの、

一番力のある位置をキープする事を意識しましょう。

波は小さくともパワーのあるポジションをキープすることで、

ボードは揚力を得て、ノーズに乗っても安定したライディングが、

可能になります。

チータファイブ成功の秘訣は常に波のポケットにポジショニングする事です。

次回、サーフィンするときにお試しください。

ご参考にしていただければ、幸いです。

以上、

「チータファイブティップス/秘訣は常に波のポケットにポジショニングする事」

でした。



ロングボードネタが続いているので、The Butter Zoneの画像もアップしておきます。

明日は、適度なサイズで、風もオフショアとなる事に期待です。



天気も回復基調で、明日は天気も良さそうです。

それでは良い週末後半をお過ごしください。

それでは、また明日。

雪の東京/昨日のご報告/クロスステップフローター

アロハ

フロム

雪の、

東京です。

東京では、非常にめずらしい昼間の雪です。



お昼すぎの模様。

景色が、うっすらと白くなってきました。

湘南の、雪の次の日には波が上がる伝説通り、

明日の波は期待できそうです。

ただし、海までたどり着ければの話しですが・・・。

なるべく早めに、降り止んでくれることを願いましょう。

ウエットスーツ外に干しておくと、

明日の朝には確実に凍りそうです。

ご注意くださいね。



昨日夕方の波です。



予想通りの春のロータイドロングボード波でした。

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を、

準備しておいた、おかげで楽しくサーフする事ができました。



今日はロングボードでのクロスフットフローターティップスを、

お送りいたします。

最近、ショートボードでもメイソン・ホーが、ロッキーポイントで、

フローター中にクロスフットしているようです。

ちょっとトリッキーで、玄人っぽい技なので、

ちょっとしたアドリブとして、フィニッシュ技や、セクションフローターで、

取り入れるとクールです。

それでは、クロスフットフローターティップスの始まり始まり。

まずは、CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)のような、

安定感のあるサーフボードをご用意ください。



超小波でクローズアウトする所に、軽くフローターするセットアップ。

この時点ではスタンスはボードのほぼ中央。



軽くボトムターン。

ボードを乗せるスープをスープを確認。



通常のフローター同様、体の重心がボードの上に乗るようにして、

ボードのボトムをスープに乗せます。



フローターしたら、ここでクロスステップでウォーキング。



2歩ステップして、

ボードの前方までスタンスの位置が変わりました。



重心をスタンス後ろ足に残して、ノーズが刺さることを防ぎます。

以上、クロスフットフローターティップスでした。

普通のサーフィンレッスン物では取り上げらることの無い、

カルトトリックの解説でした。

ご参考にしていただければ、幸いです。

サーフィンのトリックに約束事はありません。

自由にいろいろと創造してください。

クリエイティビティーのあるサーフィン好きです。

ご参考にしていただければ、幸いです。



雪は夜まで降り続くようです。

明日は、車庫から車を出す事ができるのでしょうか?

ヘッドキャップ、グローブ、ブーツ、アンダーウエット等々の、

真冬の装備を準備して明日に備えたいと思います。

それでは、また明日。

以上、

CANVASサーフボードThe Butter Zone/フロントサイドアップ&ダウン

アロハ

フロム

連休前の慌ただしい五十日の木曜日、

薄曇りの寒い東京です。

今日も湘南では、小波ですが、

ロングボードなら十分に楽しめそうです。



雑用を済ませてから海へと向かう予定です。

それでは、その前に、

本日のサーフセッションの仮想実況をお送りします。



以下、仮想本日のセッションの模様です。

さて海へと到着。

CANVASサーフボードThe Butter Zoneを持って、やる気まんまんの図。

しかし、サイドフィンを一本つけ忘れています。

道具の準備は万全に行いましょう。

そして、予想される波のほうは、やる気満々に反して、

弱めのロータイドの膝腰波。



そして海に入ると、波は予想通りのフラットでウィークな波。



ターンできるスペースが無ければ、ノーズライドです。

やはり、ロングボードの方がよかったかも???



以上、本日のセッションの妄想です。

私の予想ではこんな感じです。

さて本日の波はどんな波なのでしょうか???

サーフィンは一期一会。

今日も、Classic Noserider (The Purchace Classic)、Hot Tub、The Butter Zoneを

持って万全の体制で、午後の引き潮狙いで、いざ出発。

どんな波であろうとも、サーフィンできる喜びを噛み締めて、

楽しんで乗ってきます。



本日は昨日のバックハンドに引き続き、アップ&ダウンティップスの、

フロントサイド編です。

使用ボードは、CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4です。

それでは、アップ&ダウンティップスの始まり始まり。



進行方向に、上体を向け、骨盤も進行方向に向けます。

このとき、膝の屈伸の伸びを使いアップ。

視線は進行方向の波の状態を見ます。



ダウンザラインする時に加速します。

このとき膝を曲げて、次の動きの小さなボトムターンの、

準備にはいります。



曲げていた、足を伸ばしつま先加重して、アップザライン。

膝の屈伸とライン取りが、アップ&ダウンの基本となります。



そして、膝を曲げて踵加重で波からレールを抜きダウンライン。



アップ&ダウンでは、

連続する、屈伸運動により、波に入れるレールをコントロールし、

ダウンザラインで加速することを理解しておきましょう。

以上、フロントサイドのアップ&ダウンティップスでした。

ご参考にして頂ければ、幸いです。



それでは、もうすぐ連休です。

張り切っていきましょう。

それでは、また明日。

良い連休をお過ごしください。

アップ&ダウン/マジックモーメント

アロハ

フロム

相模湾某所です。

今日は、深夜のみぞれまじりの雪も朝がたには止み、

午後から天気も回復し、3時頃より予想通り、波のサイズがアップしました。

私は夕方の時間帯に運良く、所用で茅ヶ崎にいたので、

迷わずサンセットタイムにゲットウェットしてきました。



ほぼ無人のブレイク。



なんだか、嬉しそうな顔していますね。



夕方のセッションの為、テスト用サーフ8のヘッドキャップ着用。

約2時間の、最高なセッションとなりました。

しかし、サーファーズマーフィーズローで、サーフィン写真は無し。

オオカミ中年ではありませんよ。

今日は、本当に普段よりも良いターンが出来たのです。

サーファーズマーフィーズロー残念です。



普段の生活のマーフィーズローの一例です。

「洗車しはじめると雨が降る。雨が降って欲しくて洗車する場合を除いて。」

マーフィーズローとは、こんな感じのあるある都市伝説です。



人生最高のターン、人生最高なチューブ、人生最高な大波等々、

そんな瞬間を見ていてくれる人、それを撮影してくれるカメラは、

居ないのが、サーフィンにおけるマーフィーの法則なのです。

サーファーズマーフィーズローなサンセットタイムセッションは、

ほぼ無人のマジックモーメントでした。



本日のサーフィンティップスは、

CANVASサーフボードThe Butter Zoneを用いた、

バックサイドのアップ&ダウンです。



それでは、バックサイドのアップ&ダウンティップスのスタートです。



アップ&ダウンで一番重要なのは、

膝の屈伸です。特に伸ばす所を意識しましょう。

そしてバックサイドで一番重要なのは、上体の開きです。

上体を開くことで、骨盤が進行方向に向き、

膝関節を中心とした屈伸運動が可能になります。



波のトップからダウンザライン。

上体は若干閉じています。



右手のリードで上体を開きボトムターンでラインをアップ。



膝を曲げて、ダウンザラインでラインをダウン。

上体は若干閉じています。



膝を伸ばして軽くボトムターン。

バックサイドのアップ&ダウンでした。

上体の開き、閉じ、

そして、

足の屈伸の、屈みと伸びが、

重要な動きとなります。

また、バックサイドは波全体を見渡すことが、

難しいので、上体をしっかりと開き、

進行方向の波の状態を、しっかりと見る事を意識すると良いです。

以上、バックサイドアップ&ダウンティップス、

参考にして頂ければ幸いです。



本日もブログにおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

それではまた明日。

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)/ヘッドディップティップス

アロハ

フロム

引き続き、

千葉某所、

です。

今日は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を使用した、

ヘッドディップティップスです。

ヘッドディップとは、名前の通り、ブレイクする波に頭をつけて、

髪の毛を濡らすテクニックです。

ポジショニングが非常に重要になる技なので、

スピードの調整、ポジショニングを意識しましょう。

波のサイズが上がれば、カバーアップそして、

チューブライディングへと繋がる技なので、

普段から練習しておくと、

いざ波が上がった時に役立つと思います。



それでは、ヘッドディップティップスの始まり始まり。



まずは、波のブレイクに合わせて、波の一番掘れるポジションに、

ポジショニングします。

この場合、テール加重でストールしてブレーキングして、

スピードを調整しています。



波のブレイクする、一番掘れるポジションにボードをセットアップ。

頭を下げて、ヘッドディップに備えます。

このとき、頭を下げることで、

三半規管が水平を保つ事ができなくなるので、

バランスをとる事が、難しくなるので、

スタンスを広めにとり、バランスを保つようにしましょう。



ここで、ブレイクする波に、思い切って頭をつけてみましょう。

これがヘッドディップしている状態です。

ヘッドディップは、ロングボード黄金期の、

60年代の技ですが、2011年まで、

脈々と引き継がれているのは、

たぶん気持ちが良く、見た目もクールだからだと思います。

まだ経験したことの無いかたは、

次回のセッションで、ぜひお試しください。



ここで、頭を通常の位置にもどします。

三半規管は水平に保ったほうが、バランスがとりやすいので、

なるべく早く、頭を水平に戻してあげましょう。



ここからは、上体を開き、

次のセクションにつないでいきましょう。



ヘッドディップは、

サーフィンの技の中でもめずらしい、頭を水平に保たないで、

ライディングする技なのでバランスが取りにくいと思います。

最適なポジショニングと広めのスタンスが、

成功の鍵となるはずです。

ご参考にして頂ければ幸いです。



以上、

ヘッドディップティップスでした。



ちょっと冬型の気圧配置が戻ってきているみたいですね。

また冬に逆戻りのような、気候です。

皆様、風邪、インフルエンザが流行っているようなので、

うがい、手洗い、そして体を冷やさないようにして、

免疫力アップで、乗り切りましょう。

本日はこの辺で失礼いたします。

それでは、また明日。

CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4/短さへの挑戦4’4スタンドアップパイポテスト

アロハ

フロム

暖かな春のような天候のち、

冷たい西風の房総半島某所、

です。

今日は、等圧線が縦縞になる、冬型の気圧配置予想のため、

東ウネリを求めて、房総半島某所にショートリップ中です。



今年は例年に比べて水温が高いようです。



ブーツ要らずの海へ、レッツラゴー。



CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4は、

引き続き絶好調。

軽くゲットウエットしてから、

名付けて、

「短さへの挑戦4’4スタンドアップパイポテスト」

開始。



スタンダードプラス社オリジナルサンブランドの、

4’4スタンドアップパイポボード。

果たして、市場にあるサーフボードで、

私の知る限り最短サーフボードの乗り味はいかに。



本来はこのように、足ひれをつけて乗るものようです。

それでは、ここから短さへの挑戦を開始。



約130センチのサーフボードですが、ポケットに上手くポジショニングすれば、

体重88キロの私でもスタンドアップ可能となりました。



アライアは、近代サーフィンに移行してからの長い間、

誰も乗れる事を、考証することはありませんでした。

ここ5年くらいのあいだに、薄い木のサーフボードが、

実際に乗れる事が証明されました。

パイポボードも、実際にワイキキウオールズで、

スタンドアップで乗っていたことが、最近、

知られるようになりました。

何事も、実際に乗ってみないと分からないものです。

考証は大切です。



今日の実験結果にストーク。



そして、本日の監修、サーフバディーの皆様をご紹介します。

JPSAロングボードチャンプ経験者の松山欣則プロ。



さすがにアライアの達人です。

軽くパドルして1本目から、すいすいとテイクオフ。

流石玉石師範。

あっぱれです。



そして、JPSAロンガーのデイブ・ヤマヤ氏。

流石にハワイアン、短いボードもお上手です。

(こちらのボードはデイブモデルのクアッドモデル)

マウイノカオイ。



松山氏、ヤマヤ氏、

本日はおつきあいありがとうございました。

楽しいサーフセッションとなりました。



これにて本日はおしまい。

それでは、また明日。

ウィークエンドウォーリアー

アロハ

フロム

駒沢公園

です。

本日は、久々に自転車整備、伝票発行等の雑用をこなしてから、

軽く駒沢でスケートボードセッション、その後は、

近所を、自転車でクルーズしながら、止まり木、

(バー/焼き鳥/居酒屋/ホルモン焼きや等々の意)ホッピングしてきました。

途中に銭湯セッションも入れて、素晴らしい日曜日となりました。



まずは、駒沢でがっちりとスケートボードセッション。

その後は、軽く美流セッション(奄美王子表記による、ビールの意)、

そして、自転車での、移動止まり木ホッピングで本日は終了。

全く面白くないので、オッサンの飲んでいる写真はアップ無しです。

楽しい週末を過ごして参りました。



何事も、継続は力なりです。

私が、スケートボードを続けているのにも意味があるのです。

サーフィンばかりしていると、上体が開くようになります。

あえて、上体を閉じた上体で、トリックを行うスケートボードに、

サーフィンの様々なトリックを行うための、ヒントが隠されているのです。

また、脳からの反応で動く、体の動きの、ボケ防止にも役立つようです。

そんな訳でスケートボードで、いろいろな体の動きを研究しています。



本日のシークエンスは、CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4での、

小さいターンの、フロントサイドカットバックです。







バンプスカッシュにより絞られたテールと、ストレートなサイドカーブが、

優れた直進性と、小さいターンと言う、相反する要素を、

バランスよくブレンドしてくれて、気持ちよいサーフィンが実現されます。

現在、キャンバスサーフボードの購入に際して、

様々なキャンペーン実施中です。

ぜひ、ナキサーフホームページチェックしてみてください。



明日は、一時的に冬型が強まりそうです。

それにより、波のほうもちょっと期待が持てそうです。

そんな、波に期待を寄せつつ、今日はこれにて就寝タイムとなりました。

それでは、良い一週間をお過ごしください。

また明日。

ロングボードベーシックス/脳からの指令で体は動きます

アロハ

フロム

南房総

某所です。

今日は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を、

使用したロングボードベーシックムーブ解説です。

以外と知られていない、体の基本的な使い方と、

ボードの動きについて解説してみます。



ロングボードベーシックスその1。

まずは、サーフボードの上に、体を伸ばして立ちます。

このような状態になると、つま先に強く加重されるので、

レールが入り、ラインは、波のトップ方向にあがります。



ソウルアーチはこの動きの応用で、強くつま先に加重するために、

非常に機能的な体の使い方となります。

ロングボードベーシックスその1は、

「体を伸ばすことで、つま先加重となり、ラインは上がる」です。



ロングボードベーシックその2

膝を曲げて、重心を低く保ちます。



重心を低くすると、踵に加重されて、

レールは波から抜けて、ラインは下がります。

この状態がダウンザラインです。

ロングボードベーシックその2は、

「重心を下げると、ラインも下がる」です。



ロングボードベーシックその3。

クロスステップウォーキングは、障害物競争の、

平均台渡りのイメージで、骨盤を進行方向に向けて歩きます。



片足のいずれかの足が、必ずサーフボードの上に残るので、

レールをコントロールしながら、長いロングボードの上を移動するために、

欠かせない技の一つがクロスステップです。

2足歩行で、前に移動するためには、

骨盤を進行方向に真っすぐに向ける必要があります。

ロングボードベーシックその3は、

「クロスステップウォーキングでは、骨盤を進行方向に向けて歩く」

です。



ロングボードベーシックその4

ハングファイブのハングは掛けると言う意味。

しっかりと、5本の指をノーズに掛けましょう。



超小波でも良いポジショニングをキープすれば、

ノーズライドも楽しめます。

ロングボードベーシックその4

「ハング5は、ノーズに足の指をしっかりと掛けることを意識しましょう」



以上、

ロングボードベーシックでした。

ご愛読ありがとうございます。



おまけは、ロングボードベーシック良くない例です。

良く格好つけたロングボーダーがみせる悪い癖です。



砂浜でボードを引きずっています。

これは、悪い例なので、まねしないでください。

確実にボードに傷つきます。

関係者の皆様、失礼いたしました。

以後注意します。



以上、ロングボードベーシック5点でした。

ご参考にして頂ければ幸いです。



久々の、揚げ物番長/南房総編



以前にも紹介したことのある、

「まるよ」の特製天丼を、久々に頂きました。

プローンサイズの大型エビの天婦羅2本と子柱かき揚げの強烈パンチある一品です。

場所は鴨川有料道路から、海に向かっていくと左側にあります。

ケーズ電気の2軒隣なのですぐに発見できるはずです。

海上がりにお薦めです。

サーフィン前に食べると、2時間ぐらいは、サーフィン不可能なほどの、

パンチを持ったボリュームです。

天丼好きにお薦めの一品でした。



今週末は、全体的に小波のポイントが多いようです。

最高なロングボードウィークエンドです。

南房総は水温も上がっているようなので、

裸足でも全く問題ありませんでした。

やっぱりクラッシックロングボードはブーツより素足のほうが調子も良いです。

それでは、皆様よい週末をお過ごしください。

それでは、また明日。

スローな小波の楽しみ方/チータファイブの薦め

アロハ

フロム

ちょっと、

ごまかしながら、

ノーズです。

今日は、スローな小波での楽しみ方、

チータファイブ編です。

今週末は、小波が予想せれているようなので、

ぜひ、波に乗ったらお試しください。



チータとは、英語でcheatとは、騙すとか、裏切るという意味。

ハングファイブが、足をノーズにしっかりと5本の、

指を掛けたノーズライディングにあるのに対して、

チータファイブは、ちょっとごまかした、ノーズライディングとなります。



こちらの写真は、CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4を用いた、

チータファイブ。しっかりとノーズに足は掛かっていますが、

体重が後ろ足に乗っています。

ショートボードでもできますので、ぜひお試しください。



掘れたポジションでチータファイブすると、

普段よりもスピード感を感じることができるのでお薦めです。



そしてこちらは、ロングボードでのチータファイブ。



CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)9’11を使用。

波の崩れる際のパワーのある部分で、ダウンザラインすると、

気持ちよいです。



シングルフィンのクラッシックボードのフィンは、

こんなに後ろにセットアップされています。

このおかげで、ノーズに乗ってもテールが、

安定して、ノーズでのボードコントロールが可能になるのです。



以上、

スローな小波の楽しみ方/チータファイブの薦めでした。



明日も天気は良さそうなので、海は楽しそうです。

小波でも、大きめのボードがあれば楽しいですよ。

明日は、ぜひチータファイブに挑戦してみてください。

私もどこかで、チータファイブして楽しんできます。

それでは、また明日。

CANVASサーフボードThe Butter Zone最新情報/「NAKISURF 立春カスタムオーダーキャンペーン」開催中

アロハ

今日は、CANVASサーフボードThe Butter Zoneの最新情報です。

現在、ナキサーフホームページ内で、

「NAKISURF 立春カスタムオーダーキャンペーン」開催中です。

詳しくは下記をクリック。

http://www.nakisurf.com/blog/staff/archives/13806

今がチャンスです。

ぜひ、チェックしてみてください。

もちろん、CANVASサーフボードThe Butter Zoneもオーダー可能です。



それでは、今日のサーフィン画像です。

先日のサーフセッションより、

CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4での、

フロントサイドカットバックです。

波は小波ですが、このように小回りの効くターンができるのです。

素晴らしいターン性能です。



今日は4枚シークエンスです。









本日は、私の駄文キャプション無しです。

キャプション無しでも、写真を見ていただければ、

サーフボードの性能の良さを、ご理解頂けたはずです。



昨年の春より、CANVASサーフボードを愛用しておりますが、

このボードがきてから、サーフィンが確実に変わった感じがします。

CANVASサーフボードThe Butter Zoneは、本当に秀作デザインな、

サーフボードなのです。



CANVASサーフボードThe Butter Zoneは、

テイクオフが早く、スピードのノリが良く、

なおかつルースな、摩訶不思議な、今までに無いサーフボードなのです。

本当に最高なサーフボードです。



現在、ナキサーフでは、

「NAKISURF 立春カスタムオーダーキャンペーン」開催中です。
まだ、数のほうにも、若干の余裕があるようです。
詳しくは下記をクリックしてみてください。

http://www.nakisurf.com/blog/staff/archives/13806

よろしくお願いいたします。

それでは、今日はこれにて失礼いたします。

また明日。

東京クルーズ/CANVASサーフボード情報

アロハ

フロム

渋谷、

です。

本日は、ミーティングとカメラ修理等の雑用で、

東京クルージング中です。

午前中に恵比寿にて一件ミーティングミッション完了。

その後、原宿へ移動中の模様。



寒い東京でしたが、なんだか楽しそうです。



そしてナキサーフ原宿ショールームに到着。

ズボンが巻くってあるのは、

ピストの自転車のチェーンに裾が絡まると、

大事故につながる為です。



ここで、東京クルーズはちょっと休憩。

先日のセッションからノーズライディングショットを一枚。



CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)9’11での、

ハングファイブです。



昨日のサンセットタイムの湘南某所の波。

パワーのある素晴らしいハイタイド波でした。



そして、ちょっと前の千葉でのセッションの模様。

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12での、

バックサイドターン。



掘れ掘れの速い波でしたが、Mini Noserider (Parachute)調子良く、

走ってくれました。



それでは、そろそろ本題の東京クルーズに、戻りますね。

CANVASサーフボード Mini Noserider (Parachute)最新情報をゲットです。

突然ですが、ナキサーフショールームに、6’12Mini Noserider (Parachute)が、

一本在庫あります。

先着一名様、ご購入可能です。

詳しくは、ナキサーフショールームにお問い合わせください。

写真もポストしておきます。

ご参考にしていただければ、幸いです。

これ一本あれば、今日アップした、写真のような、

ノーズライドも、バックサイドターンも、

簡単にメイクできるはずです。



現在ナキサーフでは、いろいろなキャンペーンを開催中です。

お得な情報満載です。

ぜひホームページチェックしてみてください。

よろしくお願いいたします。

それでは、また明日。



以下、

本日午後のナキサーフショールームの様子です。

このボード、私が乗りたいくらいの素晴らしいボードですよ。

間違いありません。



フロントサイドクロスフットボトムターン冬編



アロハ

フロム

素晴らしいサンセットタイムの湘南です。

今日も素晴らしい一日でした。



それでは、今日のお題は、

フロントサイドクロスフットボトムターン冬編です。

ボードのテールを沈めて、レールを傾けて、

両手を広げて、それなりのスタイルを保つことを意識してください。

超難解トリックの解説です。

それでは、始まり、始まり。

まずは、CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)の、

ような、クラッシックスタイルのロングボードをご用意ください。



テイクオフ。

これが通常のトリムスポットです。



ステップバック開始。

通常のスタンス前足を大きくクロスステップしてステップバック。

このときステップバックした、足がフィンの真上ぐらいに、

くるように大きな歩幅でステップバックします。



私の場合、左手を支点として、ターンしながら、

テールを強く水の中に沈めます。



波の状態に合わせて、ボードの沈め方、傾け方は調整します。

視線は常に進行方向を向きます。



ここで通常のトリムスポットの位置にもどりました。

以上が、フロントサイドクロスステップボトムターンのコツです。

ご参考にしていただければ、幸いです。



そして、本日のナイスなサンセットタイム。

今日も、マンライ(©オガマさん)でした。



ロングボードネタが続きましたので、

ロングボードにあまり興味ない皆様に、

軽くThe Butter Zone5’4のスラッシュバックもポストしておきます。



こちらも、マンライ(©オガマさん)でした。



ロングボードにはロングボードの楽しみ方があり、

トランクボードにはトランクボードの楽しみ方があります。

コンディションに合わせて、サーフボードも換えると、

サーフィンはよりいっそう楽しいもとなるはずです。

一番楽しんで、一番スマイルしている人が、その日のチャンピオンです。

サーフィン最高です。



東京地方は暖かな日がつづく予報です。

それでは、また明日。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。