FC2ブログ

7月21日発売決定

池田潤製作のdvd最新作、スムースンカジュアルスモールサーフ2の発売が7月21日に決定。昨日、映像のほうスタジオに持って行き映像チェック行いました。ほぼ問題なし。
今日は夕方にカバージャケットのデザインをお願いに石井画伯の事務所に行く予定。

7月21日金曜日には試写会を原宿で行うこともほぼ決定しました。
詳しいインフォメーションは正式なプレスリリースができたらこのブログで発表します。
皆さん予定をあけておいてください。
よろしく。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

コスタリカから

JUNBUG殿、
コスタリカ登場選手のレベルはやばかったです。
いきなりTOP16と地域ベストランク以外はラウンド1からスタート自分は1ヒートを一位勝ち出来たのですが新規世界チャンプと若手ダスティンフランクとハワイのカノアにあたり4位負けしちゃいました(^^;やはり6~7点台を出すのが(今後出場し続けるのであれば)課題です。
今回の様な(USオープンに比べ)ショートボードのトッププロ達が居ない環境ではでかいショートボード的なライディングが相変わらず好評。テールとスピードが今回のジャッジ受け。次回WLTにはWQSのショート部門がメインだったらジャッジ達も評価の仕方を代えそうですね。
ボカバランカ迄での日本勢では宮崎の藤井氏が3ヒートUPし大健闘!オールドスクールのシングルフィン装備のデビットも僕と同じラウンド2落ち、重役出勤の鍋島選手も一こけでラウンドアップならず。二人共ライディングは良い感じでしたが残念。今回は地方組がトッププレーシングでした。
波はサイズダウンし会場はJACOビーチ近辺のハーモサビーチへ移動。選手の意見重視なASPは本当に偉いです。胸頭位のビーチブレークでみんなゴーイングオフするなか僕自身最も待望だった南アのマット“マウス”モイヤーもセミで落ち、でも彼のサーフィンはベスト。テイラー、ジョエル等のカリフォルニア勢も波をまとめられず敗退。いつもながらハイレベルのジョエルは完璧にジャッジングにヤラレてました。相変わらずブラジルマジックで2位で勝ち上がったアマロ選手にはハイスコア過ぎ...パワーとスピードを誇るブラジリアンは安定していたけれど会場移動と共にカリフォルニア、ハワイとオージーのプログレッシブなライディングに敗北。ハワイ勢もデュエインとボンガも頑張るが最後にばん回...ネッドスノーは相変わらずMRナンバー2の名声をKEEP。決勝では全然本来の力を出せず、可愛そうでした...来年こそマットモイヤーとネッドスノーの決勝?!テール専門家ジョッシュコンスタブル優勝に同豪GT、ジャイ、ハーレー選手達は喜んで良いかどうかコンフューズドな感じでした(^^;
勝者用の肩車がやけに短く感じたのは自分だけ?
御陰さまでボードは鍋島選手経由で届き最高でした。
南ア/モイヤー選手の板もかなり良さそうなのでオーダー入れました。
とりあえず終了まじかなレポートでした。
編集ぐちゃぐちゃなクイックレポートでごめんなさい(^^;
琢治(^^)

速報

タクジさんレポートありがとうございました。
最高。最高。多分、世界いち早い速報です。

最高レポート

タクジお疲れ様!!体調は戻った?また連絡してくれ~ Dr.T