最新仕様のキャッチサーフfcs版日本初見参

レジェンドサーファーのトム・モーリーデザインのサーフボード、「キャッチサーフ」のハンス・ヘーガンクワッドの6フィート、fcs仕様が日本到着。ストリンガーが入った最新デザインのスポンジボードです。
安全安心素材です。

原宿のナキサーフにピックアップに行ってきました。

P1010975.jpg
裏原宿にあるナキショールムアンドソル。
目印は看板代わりの日替わりサーフボード。
今日はこの良き日の私を迎えるためにキャッチサーフのクワッドです。

P1010978.jpg
本日の担当は大西にしにしさん
長さ6フィート。
軽くスティンガーがはいったアウトライン。
つるつるのデッキとボトム。
通常のサーフボードのようにワックスを塗って使います。
だからスポンジボードとは違い、擦れません。

P1010979.jpg
アメリカ製。
そしてfcsのボックス仕様。
とても、アジアンスポンジボードにはまねのできない超高級仕様のスポンジボードです。

P1010981.jpg
フラットなテールロッカープラス、アフターバーナーレールでスムーズな水の流れがつくられます。
ボディーボードやアライア等のフラットなボードでも使われるボトム側からダブルエッジになっています。


P1010982.jpg
普段乗っているボードとは全く違うコンセプトが素敵です。
フィンレスでのコントロール性が期待持てますね。

P1010983.jpg
フラットなテールロッカー=速いテイクオフです。

P1010984.jpg
スティンガーで回転性

P1010985.jpg
なんといっても、トム・モーリーデザインです。
レジェンドです。

P1010987.jpg
そしてステッカーチューンは大西君にお任せしました。
デッキパッチステッカー張りのレジェンドらしいです。

ナキサーフの皆様、ありがとうございました。

インプレッションは来週予定です。

どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント