ハングファイブのコツでお悩み解消です

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)ウィーク3日目です。

今日の東京は夏らしい快晴、そして南風です。

P1030058

日陰に入れば南風が吹いているの快適ですが、直射日光を浴びると焦げそうな強い日差しです。

今日は、ロングボードのハングファイブティップスをお送りします。

あと一歩でノーズまでいけない方、少しノーズが余ってしまう方のお悩み解消です。

DSC00379

まず用意していただくのは、安定感のあるロングボード。

私はもちろんCANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を使用。

このボードを選ぶことが、ノーズライド上達の一番の早道です。

DSC00223

これがサーフボードの中央のトリムポジション。

ここから、2歩でノーズにいきます。

DSC00224

右足のつま先でレールを入れる事を意識しながら、左足を前にステップ開始。

ラインは波の中央より少し上。

両手を開き上半身を進行方向へ、向けることを意識します。

骨盤が進行方向を向くとスムースにクロスステップで歩くことができます。

DSC00225

次に左足でレールをコントロールしながら、右足をステップ。

この時左足に加重をしっかりと残すことを意識しましょう。

ラインは波の中央より上。

DSC00226

左足に重心を残し、右足はノーズに掛けます。

これがハングファイブです。

DSC00227

ハングファイブしたら、ラインを下げてダウンザライン。

ラインが徐々に下がっています。

DSC00228

波のショルダー、そしてポジションも下がって、揚力が得られなくなる前に、

クロスステップでステップバック。

クロスステップの利点は、必ず片方のつま先でレールをコントロールできる点にあります。

DSC00229

常に進行方向に上体を向けておく事が、クロスステップするときの一番重要なコツです。

またノーズに足を掛ける時には、スタンス後ろ足に加重を残すことを意識してみましょう。

DSC00340

安定感のある良いボード選びが、ノーズライド成功の一番の早道です。

以上がキャンバス ザパーチェス ハングファイブティップス を使用した、

ノーズに指を掛けるコツ/ハングファイブティップスでした。

そして最後に今日のハブスティーシャツ。

ハブスワークス×デビット・ハンソングラフィックのブラックティーシャツです。

P1030060

バンのグラフィックがロングボーダー心をくすぐりますね。

それでは、今日も暑いですが、良い一日をお過ごしください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント