スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナキ氏スライドショーとフロントサイドクロスフットボトムターン2の巻

昨日はナキ氏のスライドショーが開催されたので、原宿に行ってきました。

まずはナキショールームで展示サーフボードをチェック。

ミニグライダー展示中です。

来週の月曜日には、ミニグライダー動画もアップ予定です。

凄いんですよこのサーフボード。

5’12のノーズライダーです。
(6フィートしかないのに本当にノーズライド出来るんですよ。)

P1030063

こちらのタイプはボランクロスにフィンオンの本格派。

P1030086

そしてビームスカルチャートには、ナキ氏の写真入りの果実ボードが展示中です。

P1030066

こちらはボックス仕様で置き場所を選ばず、持ち運びにも便利です。

シェイプはもちろん本格派のミニグライダー仕様です。

特徴はエッジ無しのナイフィーレール、ノーズコンケーブボトムですね。

P1030111

そしてナキサーフアンドビームスカルチャートチームのグループショットです。

P1030072

スライドショーはナキ氏の解説付きで、写真を撮った状況や動機等を説明していただき、

非常にためになりました。

P1030074

会場は盛況でした。

皆様暑い中ありがとうございました。

今日のおまけです。

それでは恒例のサーフィンティップスです。

早くも、8月、2回目の週末です。

今日はフロントサイドクロスフットボトムターンのティップスの第2回目です。

DSC00856

まずは、CATCH SURFのThe Swizzleをご用意ください。

DSC00835

トリムポジションでボードをトリムしながら、フェイドターン

DSC00836

フェイドターンで、ボードは、本来の進行方向とは反対側を向いています。

DSC00837

ここでテールに強く加重してターン開始

DSC00839

波がスローので無理せず軽めにターンを調整しています

DSC00840

スタンスをトリムスポットにもどしてトリミング

DSC00843

通常のフロントサイドボトムターン/気分は闘牛士風スタイル入り

体を反らすことでもつま先への強い加重が可能になります。

DSC00844

サーフボードをコントロールするためには、前後左右の加重が重要なのです

DSC00853

夏の海ではワイプアウトして水に浸かるほうが、より一層サーフが楽しくなりますね。

最高です。

今日はこれから撮影を兼ねてサーフィンにいく予定です。

どこが波いいのかな???

渋滞終了を見計らって出発予定です。

それではまた明日。

良い週末をお過ごしください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。