スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激走300キロ/4時間45分/一人旅/福島県北泉海岸到着/レシオフィンテスト

昨日は、本日より始まるムラサキプロの実況コメンテーター仕事の為に、

福島県北泉海岸への移動日でした。

昨日のブログの動画アップロードに、思いのほか時間がとられて出発が遅れましたが、

ブログアップ後、準備を整え,東京を正午に出発。

新しくできた、池袋、板橋方面に向かう地下首都高速から、

三郷経由で常磐自動車道路経由、

国道6号線をひた走り福島北泉海岸に5時前に無事到着。

約5時間のドライブミッション無事成功となりました。

P1030279

移動ミッションは無事終了。

一人旅にはちょっと辛い300キロでした。

P1030285

会場にはミー石井画伯による、今年のティームライダーが描かれたコンテストボードも、

すでに完成設置済みです。

P1030286

大会に参加の選手達もウォーミングアップに余念がありません。

残念ながら波は膝腰の小振りな波です。

関係者の皆様にご挨拶をすませてから、

お約束のゲットウェット。

私は、CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)6’12にレシオフィンの、

ネジ不要のワンプッシュシステム/エフェクトシステムのテストをしてきました。

海の中でもフィンの場所が簡単に動かせる画期的なシステムです。




P1030287

普通のフィンを装着するように、フィンボックスに入れるだけでフィンが、

固定されてしまう、超便利なフィンです。

P1030288

まずはセンターにセットアップ。

このぐらいが標準的なセットアップです。

P1030289

フィンをボックスの一番まえにセットアップすると、回転性重視になります。

P1030291

フィンボックスの一番後ろにセットアップすると、直進性とドライブ重視の、

セットアップになります。

海の中で、フィンの位置が返られるのはすごい便利ですね。

ボードとフィンの特性を深く理解することもできるし、調子良いです。

テスト初日の本日は全く違和感無く、ターンすることができました。

フィンがラインナップで動かせるのって画期的なことです。

また今日もコメンテーター仕事終了後、フィンのテストを続行していきたいと思います。

また報告しますね。

ムラサキプロはa.s.p.japanのホームページからライブが生中継されます。

選手への応援コメントも随時ライブから募集します。

私もロングボードを中心にコメンテーターやらせていただきますので、

ぜひチェックして、コメントどしどしとお寄せください。

よろしくお願いいたします。

それではまた明日。

今日のオマケ

DSC01596

昨日のサーフィン写真はないので先週のセッションから軽くターンしているところを、

一枚借用。

今日から、早朝と夕方は、時間が許す限りサーフィンする予定です。

会場にお越しの皆様、夕方セッションしましょうね。

会場でお待ちしておりますよ。

今日から、日曜日まで会場にいますので見かけたら、お気軽にお声かけください。

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。