スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KItaizumi day 3/MC JUNBUG/ GET WET/SASHIMI AND SAKE/がに股と内股

コンテスト開催2日目。

さて昨日は、朝の7時より夕方の4時30分までMC仕事をしてきました。

朝、6時30分のファーストコール、そして7時よりヒートがスタート。

WQSのラウンドオブ16まで終了。

そしてLQSのラウンドオブ32、そしてWLQSのラウンドオブ16までも終了いたしました。

本日はプロジュニア、カデット、そしてガールズのヒートが行われます。



選手の皆様のご健闘をご祈年しております。

私も、MCとして助っ人で参加しているので、引き続き、ウェブサイトのほう、

チェックよろしくお願いいたします。

P1030341

昨日ののMCブースの様子です。

MC遠藤fromムラサキスポーツ、ニック・三田、そして池田潤の3人で実況中継おこなってきました。

沢山のコメント、メッセージありがとうございました。

今日も楽しくて、分かりやすい解説をしていきたいと、思う所存でございます。

皆様よろしくお願いいたします。


P1030342

大会会場左側の様子です。

P1030345

そして大会会場正面はこんな感じ。

P1030351

大会は滞り無く無事終了。

夕方のサーフィンバディは細川哲夫氏。

ボディーグローブティームのティームマネージャーです。

楽しい時間どうもありがとうございました。

その後、宿舎にもどり、お風呂に入って、夕食です。

P1030356

ビールを軽くやってから、地酒の冷酒。

P1030363

つまみは福島がほこる、海の幸。

ビジネスホテルのレストランでこのクオリティー。


白身2品、戻り鰹、サーモン、ホッキ貝、ホタテ、ボタンエビのラインナップ。

これに、小鉢2点、お新香、食べ放題のご飯とみそ汁がついて、1780円。

価格対品質のバリューは、お値段以上の価値あるディナーでした。

今日のおまけ

初心者向け、ティップスです。

トップターンとボトムターンの秘密です。

DSC01640

夏ものこり少し。

サーフィンTシャツの出番もあとわずか。

まずは、キャンバスサーフボードのパラシュート5’12をご用意ください。

DSC01594

今日は先週のサーフセッションからボトムターン&トップターンの、

解説をしていきたいと思います。

DSC01596

テイクオフしたら進行方向に上体を向けながら、ボトムターン開始。

DSC01597

ショルダーが短くなってきたら、軽くリップ方向に上がりながら、トップターン。

DSC01598

上体の開きを利用して、掘れないスローなセクションにトップターン。

この時、なるべくカールから離れないように心がけましょう。

DSC01599

波のスピードに合わせて軽くトップターン。

DSC01600

一番力のあるポケットをキープしつつ、次のセクションにそなえます。

DSC01601

小さなボトムターンで、ポジションを整えてます。

DSC01602

小さなカットバックターンの前に、ボードトリミング。

DSC01603

軽くスウィンギングカットバック。

DSC01604

以上で本日の初心者向けティップスは終了。

本日もご愛読ありがとうございました。

DSC01629

今日も一日、北泉海岸でMCの予定です。予定では日曜まで滞在です。

本日はプロジュニアとカディット、ガールズなので、出番は少ないかもしませんが、

昨日に引き続きウェブチェックしてみてください。


明日のブログもどうぞお楽しみに。

それではまた明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。