お仕事あとのフリーセッション/コンテスト無事終了/激走5時間で無事帰宅の巻

昨日まで福島県南相馬市北泉海岸で行われた、

ムラサキプロキタイズミとザサンズロングボードクラッシックも無事終了いたしました。

インターネットのライブ中継に沢山のコメントありがとうございました。

そして選手、スタッフ、スポンサー、地元サーファー、観客の皆様、

どうもありがとうございました。

プロロングボードコンテストでの解説、実況、MC等の経験はありましたが、

こんかいは、WQS、プロジュニア、LQSと全てのディビジョンのMCのお手伝いを、

経験させていただきました。どうもありがとうございました。

また機会があれば、MCもやらせていただきたいとおもいます。

よろしくお願いいたします。

さて昨日に引き続き、吉川竜二フォトグラフィーよりフリーセッションの模様を、

ご紹介していきたいと思います。

DSC02842

こちらが、水曜日の試合後のクールダウンセッションの模様です。

ライダーは私のサーフバディーの沼尻プロ。

余裕のチューブライディング。スキルが半端ではありません。

DSC02845

私もチームナキサーフのシグネチャームーブのレイバック。

使用ボードはCANVASサーフボード、Mini Noserider (Parachute)6’12です。

ノーズライディングだけでなくテールサーフィンでも高性能な、万能ボードです。

DSC02847

沼尻プロのセクションフローター。

サーフィンを理解していない画家か漫画家の書いたサーフィンの絵のような構図に、

なっていいます。

メイクしたかは、定かではありませんが、このままフラットに、

ランディングしたらものすごい衝撃でしょうね。

恐ろしい、人工物の背景を含め、ものすごい写真になっていますね。

DSC02865

WQSイベントウィナーとなったワイキキのカイ・サラスのフロントサイドエアー。

今回の滞在期間中何度も披露してくれた世界レベルのサーフィンです。

アーリーウープもフロントサイドエアーも軽くノーハンドで飛んで、

奇麗にスープにランディングします。驚きのロングボーディングです。

これが、現在世界ランキング2位の実力です。

DSC02896

そして美しいバレル波と私池田潤。

この波は残念ながら、クローズアウトでしたが、何本かセットも乗らせてもらい、

ストークできた、最高のセッションでした。

ローカルサーファー、そして一緒にサーフしたプロサーファーの皆様、

そして撮影の担当してくれた、吉川竜二プロ、どうもありがとうございました。

以下は昨日のコンテストの速報です。

P1030458

WQSのウィナーは辻裕次郎。

P1030461

LQSイベント優勝はカイ・サラス

P1030463

WLQS優勝は吉川広夏ちゃん。

高校生にしてプロイベント初制覇。

ちなみに、お父さんの吉川竜二氏が、フリーセッションの模様を撮影してくれた、

フォトグラフィー/サーフボードシェイパー/プロサーファーです。

P1030467

写真は、WLQSのファイナルメンバーの4名のサーファーです。

これにてイベントのほうは、全て終了。

イベント終了後は、サーファー用語、「まんらい」(満足ライディング)の生みの親、

小川昌男氏とともに2人だけで、クールダウンセッション。

夏休みの最高の思い出セッションとともに全てのミッションは終了。

その後はシャワーを浴びて、300キロ5時間のドライブで帰京してきました。

夏休みの日曜日ではありましたが、サーフィンして少し出発が遅れたため、

渋滞無し、約5時間弱でヒートアイランド東京に無事生還。

先に出発していた細川哲夫氏の情報をもとに、時間をずらしたことでスムーズに、

帰還することができました。哲君ありがとう。

火曜日から始まった福島シリーズですが、

今回のラストミールは、メヒカリの唐揚げ。

常磐道上り最初のパーキング四倉でいただきました。

P1030499

見た目はただの小魚のからあげですが、これが素晴らしいお味です。

他にもホッキ貝や刺身定食、かき揚げ天丼などもおいしそうでした。

揚げ物番長おすすめのパーキングエリアに認定です。

長いブログとなりましたが、おつきあいありがとうございました。

今週も、撮影、各種イベントと忙しい一週間となりそうです。

皆様、まだまだ暑い日がつづきそうですのでお体ご自愛ください。

それではまた明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント