小波ビーチブレイク/熱中症/カデット、wqs、ガールズ

昨日からフォトセッションで某所に滞在中ですが、残念ながら全国的に波不足。

昨夜はサーフィン後に軽い熱中症となった為、ブログアップできませんでした。

すでに回復していますので、ご心配なく。

今日もサーフィン撮影予定です。

昨日のサーフセッションの模様です。

波が小さい時におすすめのサーフボード、CATCH SURF Y-Quadで軽くゲットウェット。

気持ち良い冷たい水と、今年を象徴するような熱波の中サーフしてきました。

DSC01845

Y-Quadの6’0は小波でも素早いテイクオフが可能です。

軽くボードをトリム。

DSC01847

アフターバーナーレールとクワッドフィンでポケットでも安定感抜群です。

次のセクションに備え、膝を曲げて、姿勢を低くしています。

DSC01848

曲げていた膝を伸ばし、レールの反発を使い、本当に軽い感じのオフザトップ。

DSC01849

ポリエスターのサーフボードと比べると安定感があります。

CATCH SURF Y-Quadでのアクションは、ポリエスターのボードのように、

一気に強くレールに加重するのでなく、ジェントルにレールワークして、

優雅なアクションを楽しみましょう。

今年の夏のラストモーメントエンジョイ中です。

サーフィンをしている時には、ぜんぜん気がつきませんでしたが、

夜になり軽い熱中症を発症。

熱が上がり、のどがいたくなり、寒気がしてダウン。

水を飲んで、梅干し食べて、スポーツドリンク飲んで、リンパ腺に氷を当てて、

休憩。どうにか復活。

熱中症の症状は、汗がでなくなり、熱が出て、風邪のような症状になります。

まずは予防が大切です。

水分をこまめにとり、暑い所での活動では注意しましょう。

本日のオマケです。

P1030475

ムラサキプロキタイズミのカデットクラスウィナー。

アンダー16クラスですが、優勝した大原洋人選手は中学1年生です。

大人っぽいラインの太い本格派サーファーです。

P1030493

WQSウィナーの辻裕次郎選手。

ヒート中にエアリバースやパッションボップ等の技を入れてくる、

最新コンペサーフィンでWQS初優勝です。

ちなみパッションポップは、フロントサイドのエアリアルからボードを180°ショビット、

着地して、スイッチする間に、何かもう一つか2つ技が入るトリックらしいです。

ジャッジの方々も大変な時代になってきました。

以上 本日のオマケでした。

今日もこれから北関東某所にて撮影してきます。

波はどうでしょうか???

今日も暑いですが、お互いに熱中症に注意して活動しましょう。

それでは良い一日を。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント