フィンボックス用フィン/ビンテージコレクション/ハワイの思い出

昨夜無事に帰国しました。

本日はビデオの取り込み作業、その他雑用に追われています。

今日は、久々にハードグッズの情報、フィンボックス用のフィンについてです。

サーフボードを買うと、基本的はフィンが付属します。

その付属するフィンが、基本となるフィンです。

まずは、フィンをフィンボックスの前側にセットアップしてみましょう。

フィンを前側にセットアップすると、回転性が良くなります。

次に、フィンをフィンボックスの後ろにセットアップしてみましょう。

フィンを後ろにセットアップすると、直進性が増し、ドライブの効いたターンが、

可能になります。

フィンのサイズの基本的な概念としては、

フィンを小さくすると、ルースになります。(回転性が良くなる)

フィンを大きくすると、スティッフになります。(直進性が良くなる)

これらの基本を踏まえて、フィンのセットアップを、

いろいろと、試してみると良いでしょう。

それでは、比較的簡単に手に入る、リプレスメント用のフィンのご紹介です。

ボードはCANVASサーフボードのミニノーズライダーです。

P1040485

基本的な、センターボックス用のグラスファイバーフィン。

サイズは5、5インチの小さいタイプです。

このようなフィンをボックスの後ろにセットアップして、

大きめのサイドフィンをつけると、トライフィンと同じような乗り味になります。

P1040488

fcsから発売中のフィンアダプター。

ちょっとこれも便利な商品です。

P1040490

そしてナキ氏絶賛中のプロテックのジェリーフィン。

柔らかくて、安全なフィンです。

このフィンはディノ・ミランダが好んで使っているフィンで、ウィップを利用して、

テールスリーシックスティーターンをやるのにも適しています。

私はキャッチサーフで主に使用しています。

フィンを変えるだけで、サーフボードの特性は大きく変わるので、

自分なりの、セットアップで、自由に楽しんでいただければ幸いです。

明日からは連休でいろいろなイベントあると思います。

皆さん、事故の無いようにお楽しみください。

今日のおまけはハワイの思い出です。

P1040416

60年代製、サーフボードハワイのレーシングパドルボード。

今のボードと比べてもそれほど遜色ない完成度です。

素晴らしいです。

P1040417

左がバルサのガンと右はシモンズでしょうか?

これらのボードはアラモアナセンターの、

レインスプーナーにさりげなく展示されています。

P1040410

ランチはカネオヘズボストンスタイルピザ。

P1040415

これで一人前を半分ずつシェアした量です。

ハワイの食べ物は、基本的になんでも、巨大です。

P1040421

ミドルサイズのサウススウェルの入ったワイキキクヒオビーチ。

P1040428

夕方のサーフセッション後は、ビールを持ってホテルのジャクジーで、

クールダウン。

さて、秋の連休スタートです。

皆様、事故の無いよう思いっきり秋の行楽をお楽しみください。

それでは、良い週末を。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント