ビーチブレイク/スペイン・サンセバスチャンバール巡り

ボンジュール

今日でフランス生活も最終日です。

これより、国内線を乗り継ぎ、日本まで約20時間の長旅です。

それでは、フランスより最後のアップです。

スウェルのほうは、落ち着きをみせて、

ここ数日は、オーバーヘッドサイズの日が続いています。

タイドに合わせて、ビーチブレイク、ポイントブレイクといろいろな波が、

楽しめるのもフランスの特徴です。

昨日は、今回の旅で初めてのビーチブレイク体験してきました。

P1040740

波は頭くらいの良い波。風もほぼ無風。

P1040744

河口の隣のポイントなので、ボトムは細かい玉石。

P1040742

昨日のサーフバディーは、

フランスのレジェンド/チャンピオンサーファーのフィックス氏。

92年の世界選手権からの、古い知り合いです。

96年以来、久々の再会。

P1040746

フィックス氏はフランスロングボードシーンを牽引したグッドサーファーであり、

歯科医師、カヌーステアーズマンもこなす、オールラウンダーです。

ビーチブレイクを堪能したあとは、

スペイン、サンセバスチャンに移動して、今回の旅、最後の晩餐。

IMAG0558

古いスペインの町並み。

その中に、バール、タベルナ、レストラン等の様々な飲食店が沢山あります。

ミシュランの星付き評価レストランが、土地の広さに対して、

世界で一番多い街です。

クオリティーの高い高級グルメから、お気軽に楽しめるバールまで、ご予算に合わせて、

沢山のチョイスのなかから選ぶことができます。

IMAG0566

歴史を感じさせる古い建造物も沢山あり、クルージングしているだけでも楽しめます。

IMAG0561

そして、お目当てのバールを数件バールホッピング。

素晴らしいつまみとサングリア、ワインをいただき、超ストーク。

これにて今回のバスクの旅は終了。

これより、ビアリッツ、パリ経由東京で帰国の途につきます。

今週末は、静波のシングルフィンオールスターズに参加予定です。

それでは静波でお会いしましょう。

それではまた明日。

チャオ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント