週末の出来事/小さいうねりは続く湘南/チータファイブティップス

アロハ

週末は湘南でも小振りながらなんとかサーフできたスポットが多かったようです。

私も週末は、ビーチブレイクでロングボードでサーフしたり、

スタンドアップパドルでお散歩したり、

もちろんキャンバスのミニノーズライダーに乗ったり、

いろいろなスタイルのサーフィンを楽しんでおりました。

GOPR0249

土曜日は晴天の下、スタンドアップパドルボードでクルージング。

P1000274

私のサーフセッションに欠かせない三種の神器。

CANVASサーフボード

Classic Noserider (The Purchace Classic)とMini Noserider (Parachute)。

P1000290

こちらは、湘南某所の今日の波。

以下は週末のサーフセッションの模様です。

今日は湘南某所ビーチブレイクでの、

チータファイブのシークエンスをアップします。

池田式メソッド、チータファイブ解説です。

DSC05662

波の一番掘れているポジションで、フェイスにレール全体を入れてトリミング

DSC05663

ここから小さいトリミングターンでラインを上げていきます。

DSC05664

サーフボードがスライトリーなボトムターンをしてラインが上がっています。

DSC05665

ラインが波の上部まで上がったら、クロスステップでノーズに移動。

DSC05666

波の上部から中部にかけてダウンザライン中。

DSC05667

チータファイブでは、体重は後ろ足に、しっかりと残します。

DSC05668

波の速度にあわせてレールをコントロールしてスピードを調整。

DSC05669

波が小さく、揚力を得る事ができなくなり失速しそうです。

DSC05670

ここで後ろ足にしっかりと加重を残してリカバリー

DSC05671

どうにかラインをアップして失速を防ぎました。

DSC05672

少し安定感を取り戻しました。

DSC05673

波は小さいですが、パワーポケットに戻る事に成功。

DSC05674

軽くクイックテン風。

DSC05676

そして完全に失速する前に、クイックなステップバック。

以上、チーターファイブティップスでした。

ご参考にして頂ければ幸いです。

簡単にノーズライドをメイクするには、ノーズライドに適したサーフボードを、

選ぶことが、重要な鍵となります。

私のお薦めは、CANVASサーフボードのClassic Noserider (The Purchace Classic)です。

本当に最高なロングボードなんですよ。

ノーズライディングでお悩みの方は、ぜひお試しください。

間違いなくノーズライディングが変わるはずです。

以上が池田式メソッド、チータファイブの巻でした。

今日のおまけ

週末に頂いた定食。

P1000288

サバの野菜あんかけ定食。

そして

今日のおまけその2。

P1000284

小型のアワビの焼き物。

日本酒との相性抜群です。

アワビ食べると、元気になるような気がするのは私だけでしょうか?

それでは、アワビパワーで、今週も頑張って行きましょう。

今週も、当ブログにて動画アップ予定です。

どうぞお楽しみに。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント