湘南サーフセッション/フィンテスト続行中/ダイアナファクトリー見学

アロハ

今日は快晴のした、湘南某所にて友人達とサーフセッションしてきました。

もちろんCANVASサーフボード、Mini Noserider (Parachute)用の、

フィンセットアップテストも色々と試してきました。

本日は写真がメインです。

それではキャプションでお楽しみください。

P1000370

頂上に少しだけ雪化粧をした富士山。

江ノ島から富士山が奇麗に見えるときには、西風が強く吹く前のサインです。

今日も午後からは強めの西風が入ってきました。

P1000367

午前中の某所の波。

オンショアの風波の、残りの波ですが、久々にサイズのある波でした。

P1000375

偶然ミー石井画伯と遭遇。

ミー石井画伯書き下ろし、キャプテンフィン社製、池田潤モデルとともに。

P1000380

そしてサーフバディーの沖津サーフボード主宰、沖津くんとも久々にセッション。

P1000382

偶然お揃いのRANEのサングラスでしたので、記念撮影。撮影 石井光重氏

P1000372

そして昨日よりテスト中のレシオフィン社製、ボンザーフィンの本格テスト。

間違いなく、シングルフィンよりドライブ感があり、

普通のスタビライザーよりも、抵抗は少ないようです。

ターンにパンチが欲しい場合は、普通のショートボード用のサイドフィン。

ルースさとドライブが必要な場合は、インサイドフォイルのサイドフィン。

シンプルなスタイルのサーフィンならシングルフィン。

シングルフィンとトライフィンの間ぐらいが、お好みならボンザーがお薦めです。

P1000385

そしてCANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12には、

超小型センターフィンをテスト装着してみました。

サイドフィンはフラットフォイルのG5ぐらいのグラスファイバーフィン。

このセットアップでも、フィンが抜けることはありませんでした。

テールに十分にカーブがあり、スワローテールと相まって、非常に良い感触を、

得る事ができました。

ルースでスピードも出るし、ドライブ感も十分な感じでした。

フィンの合計面積では、少しルースでドライブ感が損なうかと予想されましたが、

予想以上に機能して驚きのテスト結果となりました。

P1000387

ボードの全体から見るとこのようなセットアップです。

P1000390

そして引き続きテスト中の6’12。

ドライブ感も十分にありますこれで良いと思いますが、前足加重で、

しっかりとターンする人なら、センターフィンをもう0、5インチから1インチ、

大きくしても良いと思います。

P1000388

センターフィンが極端に後ろにセットアップされているのは、

ドライブを意識したセットアップの為です。

サーフィンの模様は、運が良ければ撮っていただけているので、

後ほどアップ予定です。少々お待ちください。

そして楽しいサーフセッションのあとは、

ミー石井画伯と沖津君の仕事場でもある、ダイアナサーフボードに、

工場見学に行ってきました。

P1000392

ラミネートルームの床はピグメントやティントカラーで、

アートが完成していました。

P1000393

サーフボードファクトリーではいろいろな種類、

カラーのサーフボードが作られています。

P1000399

沖津君@ワーク。

ミー石井画伯のボードを修理中。

なんで修理する経緯となったかは、下記をクリック。

http://sweetee.sakura.ne.jp/mieishii/blog/

ミー石井画伯の桃尻タイフーンの巻、必読です。

そして、工場の外で、ダイアナ社長の田中五郎氏が、

フィッシング用のスタンドアップパドルサーフボードをチューニング中。

P1000406

トローリング用のマウント製作中。

P1000407

次のプロジェクトのブランクスも見せていただきました。

幅34インチのモンスターブランクスです。

希望の厚さに仕上げるだけで、プレーナーが煙を噴きそうな大物です。

これにてダイアナサーフボードの工場見学は終了。

工場の皆様お騒がせしました。

その後は、高橋接骨院に立ち寄り、帰宅。

P1000408

接骨院のカーテンレールの上に、AVISO社製、タンカーチェイサーが鎮座中。

先生のご友人のサーフボードをデリバリーして本日の任務完了。

明日は国民の休日で、風も弱く多くのサーフスポットで楽しくサーフィンできそうです。

皆様良い、休日をお過ごしください。

それではまた明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント