南房総クイックサーフ/Cheeter five tips

アロハ

フロム

房総半島

南部某所。

昨日は、引き続き波のある南房総某所にて、クイックサーフ。

偶然発見したほぼ無人ブレイク。

ハワイのケワロスか、湘南のバンカーレフトのような、

素晴らしいレフトハンダーでしたが、ちょっとスローなブレイクなので、

こちは、パスして次のブレイクに移動。



良い波です。



そしてこちらのブレイクでクイックサーフ。

数本セットの良い波に乗れてストークですが、

残念ながら、サーフィン証拠写真はナシ。

半端じゃないほどの、リッパーぶりを発揮しましたが、

サーファーズマーフィーズローにより、おなじみの写真なしです。

あしからず。

そして、サーフセッション後のお楽しみは、

鴨川の回転寿司にてランチセッション。



地魚お試しセット。630円也。

こちらに、あら汁と巻物でクイックランチ完了。

素晴らしい、お味でした。

ごちそうさま。



そして昨日の素晴らしい夕焼け。

昨日まで、約2週間続いている、房総半島の波は、まだまだ続きそうです。

毎日、海が大きく動いているので、いろいろな所にサンドバーが、

移動しているようです。

いろいろな場所をチェックすれば、貴方だけのシークレットスポットが。

発見できるかもしれません。

それでは、引き続き、チータファイブのティップをお送りします。

DSC06053

今年は、例年よりも早めの降雪により、すでに雪景色をした富士山ですが、

撮影した晩秋は、まだ黒い雪のない富士山でした。

まさしく、光陰矢の如しです。

お待たせしました。

それでは、チータファイブティップスの始まり始まり。

使用ボードは、CANVASサーフボードModern Classic Noserider (The Purchase)です。

ノーズライディングに適した、スローな波でお試し下さい。

DSC06123

まずは、ボード中央部のトリムスポットでボードをトリミング。

DSC06125

上体、骨盤を進行方向に向けて、

クロスフットウォーキングでノーズに移動開始。

DSC06126

クロスステップ4歩でノーズまで移動。

DSC06127

ここで、ノーズに足をしっかりとかけて、チータファイブ。

DSC06128

走っているポジショニングに注目ください。

波がブレイクしている所と、フェイスの際が一番力のある部分です。

DSC06129

スタンス後ろ足のつま先で、レールをコントロールして、

波の中央部をキープしてライディングします。

波のトップでは、波においていかれ、

ボトムでは、揚力が得られずに失速します。

つねに、波の中央部を意識してライディングしましょう。

DSC06130

このとき、つま先に加重するとラインが上がり、

かかとに加重してレールを抜くとラインが下がることを意識しましょう。

DSC06131

ここでは、上体を波側に閉じて、ラインを上げています。

レールコントロールは上体の開き、

閉じでもコントロールする事が可能です。

DSC06132

ラインも下がり、

セクションがクローズアウトするまえに、

クロスステップで、ステップバック。

DSC06134

トリムスポットのもどり、膝を曲げてトリムの準備に入ります。

DSC06135

曲げていた膝を、伸ばしてレールを波に入れて次のセクションに備えます。

ターンやトリムの時には膝の屈伸、

特に伸びを意識するとよいでしょう。

以上、チータファイブのティップでした。

ご参考にして頂ければ幸いです。

本日もおつきあいありがとうございました。

それでは良い週末をお過ごしください。

それではまた明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです