チェックストール/クイックテン/つぶやき長編ティップスです

アロハ


フロム


湘南海岸公園


A.K.A.片瀬西浜。


本日で、ロングボードティップスのシリーズ1エピソード1の、


最終章です。


今日は、ストールとクイックテンの解説です。


どうぞ、おつきあいください。


使用ボードは、CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)です。


それでは、サーフィンティップスの始まり始まり。


(今日は、写真が多いので、キャプション一行で、決めて行きたいと思います)


DSC05693


テイクオフしたら、進行方向の波の状態を良く見ます。


DSC05694


最初の2歩をクロスステップでウォーキング。


DSC05695


膝を波側に入れてつま先加重で、ダウンザライン。


DSC05696


このスタンスの位置が、ボードの上における、トリムスポットです。


DSC05697


波の崩れている際の、一番力のある、スポットをキープ。


DSC05698


波のショルダーにいる人をよける為にスピードを調整。


DSC05699


テールに強く加重して、ストール状態を作りだし、減速。


DSC05700


再びトリミングターンしてノーズライドするのに最適なポジションを目指します。


DSC05701


ここでも、軽いストールで減速中。


DSC05702


ノーズライディングに移行できる、ほれたポジションからステップ開始。


DSC05703


ここでは、ラインを上げてノーズライドに移行。


DSC05704


波のブレイクする、一番力のあるポジションでハングファイブ。


DSC05705


ボードのポジショニングに注目。この部分が、一番力があるポジション。


DSC05706


ノーズが沈まない程度に、軽くハングテン。


DSC05707


失速する前に、クイックにウォークバック。


DSC05709


以上で、ストールからのクイックテンのティップスは終了です。


次のシリーズもお楽しみに。


今日も、ご愛読ありがとうございました。


それではまた明日。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント