5'12と6'12、あなたならどちら???/CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)のお勧めサイジング

アロハ

フロム

南西風の

湘南海岸。

今日は朝イチで葉山方面でクイックサーフ。

南西の強風の風波が上がってきています。

明後日ぐらいには、風も落ち着くようなので、

久々の湘南のグッドウェーブ、楽しみです。

有給休暇が取れる方は、明日の午後または、、明後日の朝は狙い目かもしれません。

こちらの、情報はあくまでも個人的なので、

波情報等の正確な情報でチェックしてみてください。

それでは、本日はCANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)の、

お勧めサイジング編です。



今年の春からテストを重ねている、

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)モデル。

ナキサーフでは、多くの時間をかけ、

サーフボードのテストライディングを繰り返し行い、

日本のコンディションに、最適なサイジングを、

ご提案しています。

市場にある、多くのファンボードやミニノーズライダーモデルは、

6フィートのショートボードや、9フィートのロングボード等と比べると、

テストや開発に十分な時間がかけらているとはいえません。

ナキサーフでは、サンクレメンテのクリスチャン・ワック氏、

ノースハワイのナキ氏、そして日本では、私、池田潤が、

繰り返しテストをし、情報を共有することで、

日本の波に、最適な、長さ、幅、厚みでのストックボードの、

サイズを割り出しています。



基本的なサイズは、5'12と6'12の2サイズがストックボード用として、

ラインナップしています。

私のお勧めするサイズですが、

日常的にサーフするコンディション、またメインボードとして、

現在使用中のサーフボードの種類によって変わっていきます。

普段、ロングボードでサーフィンを楽しんでいる方なら、

6’12をお勧めします。

6’12は、幅が22インチあるので、ロングボードからの、

乗り換えでも、違和感無くパドルすることができるはずです。



普段、ショートボードでサーフィンしている方なら、5’12をお勧めします。

5’12の基本幅は21インチ。

ショートボードと比べると、十分に広く安定感もあるので、

ショートボードでは、楽しむことの難しいような小波でも、

楽々テイクオフすることができるはずです。

また、体格の大きい方には、長さはそのままで、

幅を21 1/2ぐらいに設定すると、

安定感が増して、安定したノーズライドや、素早いテイクオフが、

できるでしょう。

私が、半年以上の時間をかけて、メインボードとしてテストしてきたので、

ボード選びのご参考にしていただければ、幸いです。

それでは、関東地方の風は、夕方まで強そうですが、

良い週末をおすごしください。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント