スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANVASサーフボード2010/坊主も走る忙しさ

アロハ

フロム

片瀬西浜 a.k.a. ウェストサイドパーキングです。

今日も軽い南西風で少し海はうねっています。

気温も高く天気も最高です。



写真は晩秋の珍しい沖からの海に入っていくショットです。

ボードは、CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)6’12です。

私の今年のメインボードとなった一本です。

CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)、

今年は皆様より、予想を大幅に超える大好評を頂き、

本当にありがとうございました。

これからも、色々とインプレッションや、ティップスなど紹介していくので、

どうぞお楽しみ。



そして、CANVASサーフボードMini Noserider (Parachute)5’12と、

The Butter Zone。

私も現在「CANVASサーフボードThe Butter Zone」をオーダー中で、

到着するのを、短い首を長くしてまっているところです。



カスタムメイドサーフボードの、ストックボードとの違いは、

注文してから、到着するまでのあいだの時間であります。

このワクワクする時間が、カスタムサーフボードの醍醐味であり、

誰もがワクワクする時間なのです。

この時間も大切な時間なのです。

会えるまでの、会えない時間が愛を育てるのです。



そして到着して、パッキングを開けてサーフボードとご対面。

ボード全体をなで回したり。

ちょっと遠くから眺めてみたり。

酒を飲みながら、ニヤニヤしてみたり。

楽しみ方は自由です。

そしてワックスアップして、パドルアウト。

パドルすると大体の感じがつかめるはず。

そして、数本良い波をつかめば、そのボードの良さや、癖、

特徴などがだんだんとつかめてくるはずです。



私は、今までのサーフィンライフのなかで、

沢山のサーフボードをオーダーしてきました。

でも、新しいサーフボードの到着するのを待つ気持ちは、

一本目のサーフボードをオーダーした、高校生の時と一緒です。

早く来ないかな?

俺のThe Butter Zone。

気持ちはみんなと一緒です。



2010年度、CANVASサーフボードのご愛顧、本当にありがとうございました。

それでは、残り少ない2010年の波に乗っていきましょう。

Get wet!

それでは、また明日。

池田潤
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。