スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイクオフティップス/シークエンスと動画で解説/by池田潤

アロハ

フロム

東京の

デスク

です。

今日はビデオの編集作業を、こなしつつ、過去の映像も整理中。

今日はサーフィンで一番難しいテイクオフティップスのサンプルビデオを、

発見したのでアップしておきます。



それでは動画の前に、シークエンスでも解説しておきます。

使用ボードは、CANVASサーフボードHot Tubです。

シークエンス写真は5’10のショートボードです。

ビデオのほうはロングボードでの解説となりますが、

ベーシックは同じなので、確実にできるように、

メカニクスを理解しましょう。

それでは、テイクオフティップスの始まり始まり。



まずは、テイクオフの速いボードをご用意ください。



進行方向を見て、波になるべく真っすぐに入ります。

ウネリを感じたら強くこぎましょう。



サーフボードが走り出したら、レールに左右の手をついて、

上体を持ち上げます。



この上体を上げる事が、立つ為に非常に重要な動きとなります。



視線を進行方向に向けて、

両手の間に、スタンス前足を滑り込ませて立ち上がります。

確実に立ち上がれるようになるまでは、

何度も陸上でもイメージトレーニングしてみてください。

脳からの指令で体は動きます。

正しい動きを陸上で理解しておきましょう。



頭を水平に保つ事で、バランスがとりやすくなります。



以上をふまえて、動画の方チェックしてみてください。

それでは池田潤製作による動画です。



いかがだったでしょうか?

テイクオフでは、偶然や運で立ち上がるのではなく、

百発百中、確実に立てるように練習してみましょう。

テイクオフの上手いサーファーは、

サーフィンの上手いサーファーで間違いありません。



それではまた明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。