スローな小波の楽しみ方/チータファイブの薦め

アロハ

フロム

ちょっと、

ごまかしながら、

ノーズです。

今日は、スローな小波での楽しみ方、

チータファイブ編です。

今週末は、小波が予想せれているようなので、

ぜひ、波に乗ったらお試しください。



チータとは、英語でcheatとは、騙すとか、裏切るという意味。

ハングファイブが、足をノーズにしっかりと5本の、

指を掛けたノーズライディングにあるのに対して、

チータファイブは、ちょっとごまかした、ノーズライディングとなります。



こちらの写真は、CANVASサーフボードThe Butter Zone5’4を用いた、

チータファイブ。しっかりとノーズに足は掛かっていますが、

体重が後ろ足に乗っています。

ショートボードでもできますので、ぜひお試しください。



掘れたポジションでチータファイブすると、

普段よりもスピード感を感じることができるのでお薦めです。



そしてこちらは、ロングボードでのチータファイブ。



CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)9’11を使用。

波の崩れる際のパワーのある部分で、ダウンザラインすると、

気持ちよいです。



シングルフィンのクラッシックボードのフィンは、

こんなに後ろにセットアップされています。

このおかげで、ノーズに乗ってもテールが、

安定して、ノーズでのボードコントロールが可能になるのです。



以上、

スローな小波の楽しみ方/チータファイブの薦めでした。



明日も天気は良さそうなので、海は楽しそうです。

小波でも、大きめのボードがあれば楽しいですよ。

明日は、ぜひチータファイブに挑戦してみてください。

私もどこかで、チータファイブして楽しんできます。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント