スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チータファイブティップス/秘訣は常に波のポケットにポジショニングする事

アロハ

フロム

曇天の、

寒い、

東京です。

波予想はずれました。

すみません。

明日は、上がることに期待です。

止まない雨はなし、荒れない海も無しです。

それでは、元気を出してチータファイブのイメージトレーニングです。

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を用いての、

超小波でのシークエンスを解説していきますね。

それでは、チータファイブティップスの始まり始まり。

今日は、サーフボードのポジションに注目してください。

超小波では、常に波の一番力のある部分をキープする必要があります。



波の崩れるているスープとフェイスの一番力のあるポケットに、

上手くポジションします。

このときのスタンスは、ボードの中央部。

そして左手でスピードを調整。



ここからクロスステップでノーズライディングに移行します。

つま先側のレールを、つま先加重でコントロールする事を、

意識しましょう。



ノーズに足の指を掛けてチータファイブ。

ここでのポジションに注目してください。

波の一番力のある部分をキープしています。



上体を少し閉じて、後ろ足に加重を残して、ラインを上げようとしています。



ノーズが刺さる前に、ノーズの足をテールよりに移動します。



クイックにクロスステップでトリムスポットに戻ります。

小波では、揚力を得る事が難しいので、常に波のポケットの、

一番力のある位置をキープする事を意識しましょう。

波は小さくともパワーのあるポジションをキープすることで、

ボードは揚力を得て、ノーズに乗っても安定したライディングが、

可能になります。

チータファイブ成功の秘訣は常に波のポケットにポジショニングする事です。

次回、サーフィンするときにお試しください。

ご参考にしていただければ、幸いです。

以上、

「チータファイブティップス/秘訣は常に波のポケットにポジショニングする事」

でした。



ロングボードネタが続いているので、The Butter Zoneの画像もアップしておきます。

明日は、適度なサイズで、風もオフショアとなる事に期待です。



天気も回復基調で、明日は天気も良さそうです。

それでは良い週末後半をお過ごしください。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。