スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラブレールフローターティップス/CANVAS The Purchace Classic

アロハ

今日は、CANVASサーフボード Classic Noserider (The Purchace Classic)を、

使用したグラブレールフローターティップスをお送りします。

グラブレールフローターはノーズの広い、ノーズライダーを使用して、

クローズアウトセクションでフローターする時に、

広いノーズのアウトラインが、リエントリーする際に、

引っかかってワイプアウトを防ぐのに有効なトリックです。



それでは、グラブレールフローターティップスの始まり始まり。



ダウンザラインして加速します。

このとき、レール全体を波に入れることが大切です。



早めにブレイクする波に合わせて、スタンス後ろ足をステップバック。



ブレイクするコンディションに合わせてボトムターンのポジショニングを、

調整します。



ブレイクしてくるリップにをよく見て、ボードのボトムを、

波の上に乗せていきます。



ボードのボトムをしっかりとリップに乗せて、

体の重心もボードの上に乗せるイメージでボードにしっかりと乗せます。

ここで、左手でボードをグラブします。



左手のリードで上体を開きながらボードの先端を岸に向けるイメージで、

リエントリー。

このときテールに強く加重することで、ノーズが刺さるのを防ぎます。



以上、ロングボードでのグラブレールフローターティップスでした。

グラブレールフローターはロングボードでのフローターの際に、

平らなボトムに降りるときや、サイズのある波の時に有効なトリックです。

ワイプアウトを減らすのにも役立つので、

コンペ志向のサーファーも覚えておくと良いトリックだと思います。

次に、ビーチブレイクでサーフする時に、ぜひお試しください。

それでは、次回のロングボードティップスもお楽しみに。







最近、ちょっと膝の痛い不肖池田潤はサーフセッションの際にウォームアップと、

クールダウンを行うように心がけています。

クールダウンの効果はてきめんのようで、膝の痛みの治まり実感中です。



面倒くさがりな私は、ジョギングやストレッチの変わりに、

スケートボードを使用してのウォームアップ/クールダウンをしています。

ちょっと滑ると体も温まり良い感じにテンションも上がります。

またサーフィン後にちょっと体を温めると、筋肉痛の軽減にも繋がるようです。

個人差はありますがスケートボード好きの人は、

(もちろんフル装備で怪我の無いよう)

新しいクルーザーデッキでも組んでぜひお試しくさい。



末永くサーフィンを続ける為に、ウォームアップ、クールダウン、

そして普段からのトレーニングは欠かせないようです。



それぞれの、個々に合った

ウォームアップ、クールダウン、トレーニング方法を、

見つけて実践していきましょう。

それでは、今週も元気にいきましょう。

それでは、今日はこれで失礼いたします。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。