CATCH SURF/フロントサイドカットバックその2/ザ・スノーサーファーズ2

アロハ

フロム

南風の

東京です。

昨日アップした、ソフトボードCATCH SURFのライディング画像を、

発見したので、アップしておきます。



こちらのモデルは、CATCH SURF The Swizzle9’0。

今まで市場にあったソフトボードとは、比較にならない高性能です。

CATCH SURFは、アメリカ製のハンドメイド。

ストリンガーと奇才トム・モーリーデザインの奇天烈ひょうたん型アウトライン、

アフターバーナーレール等々、他社のソフトボードの追随を許さない、

圧倒的な高性能を誇ります。

これからの季節に最高なボードなので、一家に一本ぜひどうぞ。



本日のサーフ画像その2は、

昨日に引き続き、フロントサイドカットバックです。

使用ボードは、CANVAS Classic Noserider (The Purchace Classic)。

先週の湘南某所での画像ですが、すでにブーツを履いておりませんね。

それでは、簡単カットバックティップスの始まり始まり。



視線をターンする方向にむけながら、後ろ足スタンスをステップバック。



上体を開きながら、テールに強く加重。

ここでレールに強く加重できるとドライブの効いたターンにまります。



前足にも加重を残すことで、レールに加重することが可能になります。



スタンスの前足加重お忘れなく。



カットバックの基本的動作は、

視線を進行方向に向ける、

上体を開く、

ステップバック、

前足にも加重を残すです。

前足に加重しないとテールのフィンを中心とした、

フラットなピポットターンになるのでご注意ください。

以上2日連続のカットバックティップスでした。

ご参考にして頂ければ幸いです。



一部の自転車ファンの皆様へ、バイク情報。

昨日、トウキョウスケーツ/O-DOG氏が乗って登場した、

クールな24。フルスタム、細かいパーツまで手の込んだ一台。

フレームは、ブルックリンマシンワークス。

リアは油圧ディスクブレーキインストール。

細かい部品がハンドポリッシュしてあったり、ハンドルもオーダーの一点物。



すごい自転車でした。

一部のマニアの皆様いかがでしょうか???



明日の朝から真木蔵人氏のイベント、

ザ・スノーサーファーズ2にジャッジのお手伝いに行ってきます。



詳しくは、下記をクリック。

http://www.colors-magazine.com/cblog/2011/02/snowsurfdicewax-presents-the-snowsurfers-2.html



ジャッジなので、競技には参加しませんが、

車には、CANVAS Mini Noserider (Parachute)とスケートボード、

そしてスノーボードも忍ばせて、休憩時間をエンジョイしてきます。

それでは、これから旅の準備にはいります。

それでは、また現地よりブログアップしますので、どうぞお楽しみに。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント